« 社会科見学 | トップページ | 馬小屋前で祈る子どもたち »

2014年12月 4日 (木)

お話会

高学年対象のお話会を行いました。

今回で今年2回目です。

高学年の子どもたちでも、「静かに・真剣に」

そのお話の一つ一つを聞いていました。

Img_7476

Img_7489

Img_7494

突然ですが、皆さんはクシュラの奇跡をご存知ですか?

クシュラは、ニュージーランドに生まれた女の子です。

生まれつき複雑な障害をもっていました。

複数の医師から精神的にも身体的にも遅れていると言われました。

3歳になるまで物も握れず、自分の指先より遠いものは

よく見えませんでした。

しかし、成語4ヶ月から両親が一日に14冊の本を読み聞かせたことで、

5歳になる頃には彼女は知性は平均よりはるかに高く、本が読めるように

なったというお話です。

もちろん、読み聞かせだけでこのような成果が出たわけではありません。

しかし、読み聞かせは聞いている子どもの大脳辺縁系が活発に

働いていることがわかっています。

大脳辺縁系は喜怒哀楽を生み出し、その感情に基づいて基本的な行動を

決めている大切な部分です。

これからも定期的にこのような活動を取り入れていこうと思います。

« 社会科見学 | トップページ | 馬小屋前で祈る子どもたち »

高学年」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お話会:

« 社会科見学 | トップページ | 馬小屋前で祈る子どもたち »

2018年10月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31