2018年10月21日 (日)

高校、秋の新人戦 ③ そして…

バスケ3回戦の結果です。

対 佐世保工業
32 - 115

で敗退しました。
うーん、やはり強豪。

しかし、よく頑張りました!
キャプテンを怪我で欠く中、
よく2回戦勝ち抜きました。

お疲れさま!



ソフトテニス。


精道三川台
西陵
長崎工業
佐世保工業

による総当たりのリーグ戦。

1戦目は対 西陵。
昨年から西陵には要所要所で勝ち切っているので、苦手意識を植え付けられているかな
と思っていましたが……

2 - ④
1 - ④
0 - ④

完敗です。
さすが伝統校。
ベスト4決めの試合で日大に苦戦していましたが、逆転で勝ち抜いた勢いでしょうか。
完璧にやられていまいました。


2戦目、
対 長崎工業

ん?
オーダー変えたようですね。

1試合目
木原・大久保ペア
相手の怪我の治療もあり、長引きます。

その間、同時進行の2試合目
田中・田川そペア
調子が出ません!
高校生のメンタル、本当にわからないものです。
1 - ④

で取られてしまいました。

しかし、長引いていた1試合目。
1ゲーム取られましたが、そのあと挽回。
逆転!
④ - 2
で勝利!

そして、3試合目
古賀・田川たペア
勢いが出てきました!
④ - 1
で奪取!

2 - 1で、勝利!

九州大会に首の皮一枚繋がった⁉︎



そしてそしてそして、
佐世保工業戦

1試合目
田中・田川そペア
調子を取り戻しました。
④ - 1
で奪取!

続いて2試合目
古賀・田川たペア
ポンポンと2ゲーム取られてしまいますが、
そこから挽回。
3 - 3になってのファイナル。
6ポイントで並んでデュース。
お互いに粘ります。
もうポイント数わかりません。
11 - 13?12 - 14?
散々粘りましたが、負け。
3 - ④

3試合目
木原・大久保ペア
うーん……
粘れません。
0 - ④
あっさり敗退。

これでリーグ戦
1勝2敗。


2位までの九州大会を逃したかぁと
残念に思っていたら、

なんと!西陵の3勝に続いて、
残り3校が1勝2敗で並んでいるではないですか!!!

九州大会に進出する1校を決めないといけません。
獲得ゲーム数をカウントするようです。

………


なんと!それも3校同数のよう。
そうなったら、

獲得ポイント数を数え、3校の優劣をつけるようです。

………


精道三川台 +1
佐世保工業 ±0
長崎工業 -1


おおーっ!!!
なんと!獲得ポイント数で精道三川台が1ポイント差で九州大会進出!!!

こんなことがあるでしょうか⁉️

正に、1ポイント差で天地の差。


いや〜っ!
興奮しました!

一度ダメかもーと落ちてから上がったので、
ますます感慨深い。


ワクワクが九州大会まで続きました!
みなさま、応援ありがとうございます。

高校、秋の新人戦 ②

ソフトテニス準々決勝。
対 島原高校。






落ち着いた中に闘志が漲っているのがわかる雰囲気で試合に臨む選手たち。



そして、始まりました。

田中た・田川そペア。


1つ取られはしましたが、危なげない戦いで
④ - 1 で勝利。



2面展開で同時進行していた
古賀・田川たペア。

実は、すこーし調子に乗れていないところがあったようですが、この試合では調子が上がってきたよう。


接戦接戦を競り勝ち、結果
④ - 1 で勝利!

トータル 2 - 0 で勝ち抜け!
ベスト4進出!!






他に、
佐世保工業、
西陵、
そして、現在進行中、
長崎工業 vs 島原工業の勝者と

決勝リーグを戦います。

ここで2位に入れば九州大会進出濃厚のようですが……

もちろん目指すは優勝です!


頑張れ!!

現在進行中のバスケ3回戦もものすごく気になっているのですが……

身体が2つ欲しい!

高校、秋の新人戦 ①

この季節がやってきました。

秋の大会です。

まずは空手。
個人、形の部に参加した生徒がおりました。

1回戦 vs 青雲高校。

見事勝利!
形の部は審査員による判定。

2回戦 vs 佐世保北の生徒。

残念ながら敗退しました。

しかし、個人で練習し、戦いに挑む気持ちは素晴らしい!
お疲れさま。


続いてバスケ。

土曜日、鶴洋高校を会場に、
ウィンターカップ地区予選が実施されました。
初戦の相手は壱岐高校。


身体能力の高い島の子たち相手。





試合の入り方、とてもよかった!
きっちりディフェンスをし、リバンウドで競り勝ち、
第1ピリオド 22-4 でリード。







その後はお互いに最後のフィニッシュで向上が望まれますが、
②42-23
③64-32
④83-44
と、快勝!




2回戦、私は所用で帰ったのですが、
報告を待っていたところ、

対 諫早商業

88 - 68

と競り勝ったようです。

素晴らしい!

2回戦突破は久々⁉️


3回戦は会場を瓊浦高校に移して、

対 佐世保工業 戦。

期待してます!



さて、ソフトテニスです。

土曜日、本校初戦となる2回戦の相手は
佐世保南高校。

2 - 1 で勝利。

はじめ報告を受けた時は
ん!?
と思いましたが、
まあまあ、
ともかく勝利だったのでよかった!
相手は2戦目、こちらは初戦と、
初戦というのは難しいものですが、勝ち切ったのでよかった!

日曜日のひとつ目は
対 壱岐商業

3 - 0

で快勝!


そして、たった今準々決勝の相手が決まりました。

島原高校。

対馬高校との接戦の末勝ち上がってきました。
勢いあるでしょうが、本校チームが圧倒することを祈って試合開始を待っています。

2018年9月16日 (日)

ソフトテニス新人戦 長崎地区大会

爽やかな秋晴れの今日、
ここに赴きました。


ソフトテニス新人戦の長崎地区大会。
地区戦といいながら、とても大事な大会のようです。

というのも、ここでベスト32に入ると県大会に出場出来るようなのですが、逆にそれを逃すと、春まで個人戦がないらしい。

県大会に向けても、ポイント的にも、
ここで上位に入ることが必須。

本校からは2年生3ペア、1年生3ペアが出場。
1年生ペアたちは残念ながらベスト32に入れませんでしたが、2年生3ペアは揃ってベスト16に。
そのうちの1ペアはあと1ポイントでベスト8というところで逆転敗退!

うーん、残念!!


そして、話がグーンと飛んで

決勝戦。

ユニホームは違いますが、
どちらも本校ペア!


そうです!
地区大会とはいえ、
本校史上初の公式戦決勝戦同校対決!!

いやー!興奮します!


試合前に顧問の前に全員集合。


同校決勝ということで、顧問はベンチに入りません。
勝った方が『一番手』の称号を手に入れます。

部員たちは二手に分かれて応援に。


そして、私はここから。



田中・田川そペア、古賀・田川たペア

どちらも全力を出しきり、ぶつかります。


練習試合ではない、ガチンコ勝負。
彼らにとってもこのような貴重な機会はあまりないことでしょう。

教頭という立場としてはとても安心な観戦。
でも、一方で、
息を飲むような、手に汗を握る観戦。


いやー、素晴らしい試合を見ることができました!


勝ったのはこのペア。



ここでは名前は控えます。


負けた方は当然、悔し涙。
勝った方は一瞬喜んだあと、

「いやいや、気を緩めたらダメだ。次に向けて気を引き締めよう!」

と、ペア同士で言っていました。

背中越しにそれを聞いたとき、私は本当に嬉しく思いました。
恥ずかしながら、目頭が熱くなったのはここだけの秘密です。

この一戦で、
どちらのペアも大きく成長したことを目の当たりにして、
教師冥利につきると言っても過言ではありません。



選手の皆さん、
保護者の皆様、

本当にお疲れ様でした!
素敵なひとときをありがとうございます!

2018年8月 4日 (土)

全国中学校ディベート選手権大会

全国中学校ディベート選手権大会にが本日から月曜日にかけて、東京で実施されます。

本校中学校ディベート部も見事九州大会を勝ち抜いて全国大会へ出場。



引率している先生から報告が入りました。


本校の組み合わせ


なんと!『あの』灘中学校と同組‥‥

本日はもう一校の名古屋市立浄心中学校と、
否定側の立場で対戦。

リーグ戦は2校が勝ち上がり。
ですので、今日勝つこと必至です。

朗報を待ってます!





2018年6月25日 (月)

全国大会

週明け火曜日からは高校の1学期末考査、
木曜からは中学校も1学期末考査を控えた
23日(土)、24日(日)、

本校ディベート部が九州大会に挑みました。

土曜日、熊本マリスト高校などと対戦した高校生たちですが、奮闘・善戦するも、2戦2敗してしまい、日曜日の試合に進出できませんでした。

うーん、残念!


中学校、土曜日は1勝1敗ながら、翌日へと進み、日曜日。
苦戦をしいられながらも、なんとか全国大会への切符を手中に収めました‼️


手書きではありますが、れっきとした正式な認定証です!



いやー、凄い!


本校の先生方は本当に凄い指導力のある人たちばかりです。


「先生たち、半端ないって!
あの人たち半端ないって!
子供たちの未来メッチャ広がるもん
そんなんできひんやん、普通」


‥‥‥ついブームに乗っちゃいました‥‥

もう1つ

「精道三川台のディベート部半端ないって!
あいつら半端ないって!
全国大会進出メッチャするもん
12回目の全国大会って
そんなんできひんやん、普通!
そんなん出来る?
言っといてーや、出来るんやったら‥‥」

私 : あれは全国大会ベスト4入るなぁ‥‥
生徒: 入りますねー‥‥
私 : 凄い!オレ、握手してもらったぞ‥‥

‥‥‥‥


すみません、畳み掛けてしまいました。



兎にも角にも、中学生たち、全国大会進出、
素晴らしい!

高校生たちも、全国大会まではあと一歩!
惜しかった!また来年に期待ですね!


全国大会は8/4〜、東京で行われます。
応援、よろしくお願いします!

2018年6月11日 (月)

長崎市中総体 3日目

中総体3日目、ソフトテニス競技


朝からの雨と霧で待機状態が続いていましたが、10:45分から始まったようです。

本校は
山崎・渡邊ペア、
堺・栗野ペア
が勝ち残っています。


山崎・渡邊ー大久保・松田(桜馬場)4コート4試合目

堺・栗野ー山下・平方(東長崎)13コート4試合目





そして、結果が届きました!

山崎・渡邊0ー④大久保・松田(桜馬場)

堺・栗野④ー2山下・平方(東長崎)

おおーっ!
堺・栗野ペア、やりましたね!
これでベスト16!

この後ベスト8をかけて闘います。
堺・栗野ー木本・米倉(日見)

相手は8本シードの中の1つ。
当然強いですが、
がんばれ‼️




そして、結果が届きました。

堺・栗野1ー④木本・米倉(日見)

敗退です。残念!

でも、健闘しました。
よく頑張りました!



負けはいつも悔しいですが、
その悔しさをまた次に繋げてほしいと思います。

2018年6月10日 (日)

長崎市中総体 2日目 ②

2回戦 対 三重中








1試合は栗原・福崎ペア

1ゲーム目
良いショットを打つ相手ペアですが、くらいつきます。デュースまで持ち込みますが、取られてしまいます。0-1

2ゲーム目、3ゲーム目
やはり強い。頑張りますが、取られます。
0-3

4ゲーム目
押し切られ、0-4で落としました。


続くは堺・栗野ペア。
取るぞ!


‥‥硬さが取れないのか、調子が上がらず。
ミスも重なり、3ゲーム連取されてしまいます。

しかーし!ここから驚異の粘り、そして追い上げ。
2ゲーム奪取!
そして、デュースから粘って押し切って、
ファイナルへ!
応援団も大盛り上がり。
声援もひときわ大きくなります。




ファイナル!
応援団の声援を背中に、
7-3でとりました!④-3

これで 1 対1 のイーブン。

勝敗は3ペア目の山崎・渡邊ペアに託されます!

いやー、盛り上がってます!


山崎・渡邊ペア。
1ゲーム目は取られますが、
2ゲーム目は奪取。
力が拮抗するペアの対戦。
2-2から先取し、3-2に!

リードした時のメンタル。
ソフトテニスは本当にメンタルのスポーツだと思います。
続くゲーム目は硬さが出てしまい、
あっさりと取られてしまいました。

嫌な流れのままファイナルへ。
ここで流れを変えられる精神力やテクニックが欲しいところですが、ままならず。
ファイナル1-7で取られてしまい、
3-④で敗退しました。

うーん、残念!
勝てる試合だったですが、落としてしまいました。
勝てばベスト8でしたが、叶わず。




悔しい敗戦です。

この悔しさは明日の個人戦でぶつけてください!
ベスト32に2ペア残っています。

頑張れっ!


私は高校の授業があるので、応援に来れませんが‥‥
中学生は全校応援となります。
私の気持ちは引率の先生方と校長に託したいと思います。



長崎市中総体 2日目 ①

中総体、ソフトテニス団体戦始まりました。



初戦は江平中。

相手は2ペアしかいないので、
すでに本校1勝という扱い。

残る2ペアのうち1勝すれば勝ち上がり。





1試合目は
堺・栗野ペア。

前衛栗野のハマったショットや後衛・堺の見事なカットサーブで1ゲーム目取ります。



2ゲーム目
アウトになるショットが散見され、デュースになりますが、相手のミスにも助けられ、連取。2 - 0

3ゲーム目
順調にポイントを重ね、3 - 0



4ゲーム目
流れを掴んだようです。
危なげなく取り、勝利!


2試合目、共に初戦なので、勝敗は決しても試合をします。


山崎・渡邊ペア

1ゲーム目
良いショットとミスが混在しながらも取り、
1 - 0


2ゲーム目、3ゲーム目
調子が上がってきました。
すんなりと取ります。3 - 0


4ゲーム目
途中で流れが一変。
デュースまでもつれますが、相手の流れ。
ミスも重なり、取られてしまいます。
3 - 1


4ゲーム目
ダブルフォルト2連発の後、またもや流れが変わります。4連続で取り、4 - 1で勝利!



3試合目
栗原・福崎ペア

と、ここで雨が降ってきます。
雨合羽を着て応援も頑張ります。


本校3ペア目のため、相手は1ゲーム目のペアがもう一度入ってくれています。

しかし、相手は1試合終わって身体が温まったのか、動けています。

2ゲーム連取されます。0-2

良いショットも見られるようになり、取って取られてで、ファイナルまで。







しかし、押し切り、勝利!


さぁ、次はなんと、三重中。
強豪相手ですが、勝つぞ!

2017年12月11日 (月)

偉業!

かなり寒くなり、冬到来です。
ゆきちゃんは寒さにも負けずにマイペースです。


そして、冬ですが、
鮮やかに実っているものが校内に。





そう、柑橘類です。
はっさくなのか、甘夏なのかははっきり知らないのですが、鮮やか。
それと、レモン。
綺麗に実っています。


そして、この週末、さらに実ったものが!

やりました!
やってくれました!
2つの大きな実り!

まず1つは
英語ボキャブラリーコンテスト。
正式には
「全国高等学校英語ボキャブラリー選手権大会」
といいます。

1チーム3名で、英語で書かれた単語の定義を聞いたり読んだりして、その英単語を答えるのを競うという大会。
まさに英単語の語彙力、そしてリスニング力が問われる大会です。

今年で第10回を迎えるこの大会。

本校は第2回から出場しています。
なぜ第1回からではないのかというと、
本校の高校がまだ開校していませんでした。

第2回から出場し、
第8回大会  準優勝
第9回大会   優勝!

そして、第10回大会の今年。

今年も
久留米附設や佐世保北、活水などの強豪校がひしめく中、予選をなんとか通過したようです。
4校で争われた決勝トーナメント。
準決勝は佐世保北高校。
接戦を制し、勝利!

そして、決勝の相手は福岡から出場した久留米附設高校。
過去に優勝もしている強豪校。

またまた接戦。
延長戦まで及ぶ接戦を制し、
やってくれました!

優勝です!

大会連覇は大会史上初の快挙!


素晴らしい!

参加したうちの2名はまだ高1。
来年に向けてさらに期待が膨らみます!




続いて、もう1つの実り。
高校ソフトテニス部が新人戦の九州大会に出場しました。
県2位でしたので、2位リーグでの参戦ですが、見事2位リーグ1位!

この2位リーグ1位の2チームが1位リーグ3位の2チームと5〜8位決定戦を行います。

そして、全国大会への出場権は6位まで。

そうです。この決定戦で1つ勝てば全国大会に出場です。

決定戦の相手は
文徳(熊本1位)
西陵(長崎1位)
のどちらか。抽選の結果、文徳高校となりました。

詳しくはそのうち上がるであろう学校ブログの方を見ていただけたらと思いますが、
まさに接戦。

本校関係者よりポイントごとにメールで報告をもらったのですが、もうドキドキ。
報告者もメールの中で

「心臓が痛いです…」

とのコメント。

1ペア取られた後の大将ペア。
1-3でリードされた後に逆転勝利!
最後のペアに命運が託されます。
3-2でリードしたもののても追いつかれ、3-3のファイナルゲーム。

ファイナルゲームはさ6-4で先に本校ペアがマッチを握る。が・・・6-6のデュースに追いつかれる・・・。

最後までもつれ込んだ試合はなんと、本校ペアの粘り勝ち!

素晴らしい!

顧問の指導力と選手たちの日頃の努力が勝利をもぎ取ったようです。

本当に素晴らしい!
3月に名古屋で行われる全国大会に出場します。

顧問曰く、
「県内から必ず1チーム出られる夏のインターハイと違い、これは難易度が高い」
そうです。


いやー、ほんと、やってくれました。



月曜日の中高朝礼でボキャブラリーコンテストと併せて表彰。




「本番で強い精道生」

校長もこのように激励してました。

朝礼後、ゆきちゃんも祝福。




本当に素晴らしい本校生たちの活躍。
今後ともみなさまの応援、よろしくお願いしたいいたします!

より以前の記事一覧