2015年10月19日 (月)

記念すべき第1回

皆様こんにちは!
精道三川台中高の教頭です。

新たにブログを立ち上げ、
精道三川台中高生の日常 をお知らせしていきたいと思っています。

独自の視点で(勝手気ままにという人もいますが・・・) 

みなさまの

『学校生活ってどないなってるの?』
『そういえばあの試合結果ってどないやったん?』

などの関心にお応えできればと考えています。

タイトル自体、長崎の学校でありながら関西弁で書かせてもらっているので、
どれだけ『独自の視点』かということが推察いただけるかと思います。(笑)


さて、記念すべき1回目ですが、
今日は生徒たちの清掃活動についての記事を書きたいと思います。

私がこの精道三川台に来て一番最初に思ったことは

「男子校にしては(←ここ大事です)
    
校舎がきれい!
でした。

Img_2111_2

Img_2110_2

日頃の掃除の賜物でしょう!
本校では4時間目終了後、昼食の前に掃除をしていますが、
昼ごはんを控えたこの時間は

「あと少しでごはんだ!」と、

モチベーションがアップしているに違いありません!

さて、掃除の仕方もなかなか頑張っていますよ!


Img_2096

お食事時にこのブログをご覧になっていらっしゃる方、申し訳ありません。

(食事しながら見ている方はいないか・・・)

このあと、間違いなくしっかりと手を洗ったことを補足しておきます。

Img_2098

Img_2103

『精道三川台はきっちり掃除して、校舎がきれい!』


この伝統をずっと継承していくようにがんばります!

2015年10月22日 (木)

ブログ3日目 早くも・・・?

今日は中学生は引き続き研修合宿です。

今日は校長が研修合宿に向かい、私は学校でした。

急いで業務を終え、慌てて出ていく校長に

「校長!ブログのための写真を撮って、メールしてください!」

などと頼むことはできず、研修合宿の様子はお伝えできません。

Seido Boys Blog の方で中学部の先生方がアップしているので、そちらをご覧ください。


さて、学校の方はというと、高校生たちは大変平凡な・・・・・・
もとい、非常に穏やかな1日で、特別なことはありませんでした。

えっ!? 3日目にして早くもネタ切れの様相が・・・?


いえいえ、そんなことはありません。学校というのはお伝えすべき情報にあふれ、困ることはありません。

そういうわけで(どういうわけだ?)、今日はこれをお伝えしましょう。
Img_2132

Img_2133

これは何でしょう?


はい、これは各教員割り当ての「提出棚」です。
それぞれの先生全員分あります。
使い方はさまざまですが、
まあ、名前の通り毎日の宿題・課題を提出するのが一番多いです。

朝、教科係の生徒が集め、この棚に提出すると、教員がチェックし、この棚に戻します。
係生徒は授業前や帰りの会・SHRの前に取りにきてそれぞれの生徒に返却。

その他には自主勉を見てもらう先生に提出したりもします。

自主勉ですが、何もすべて授業担当の先生が見ているというわけではありません。それぞれの生徒が好きな先生に出していることも多いです。
中には体育の先生が数学や英語をチェックしているケースもありますので、生徒のみんな、好きな先生にどんどん自主勉を出しましょう!!


棚の話に戻りますが、中にはお勧めの本を棚に置いて生徒に貸し出している先生もいます。先ほどの自主勉のテキストを提供している先生もいます。

さまざまな活用がされているこの「提出棚」。今日も大活躍でした!



その横にはこれ!
Img_2134

そう、学習するための机があります。
休み時間、放課後などに先生たちに質問に来て、ここで教えてもらったりしています。
(中には宿題を忘れ、ここでさせられて、課題を果たしてから部活動に上がる生徒もいるとかいないとか・・・・・・・。)


質問に来ている生徒の様子を見るのは喜ばしい限り!
「ちょっとでもわからないことを解消しよう!」
「少しでも分かるように向上しよう!」と
やる気にあふれている姿は感動的でもあります。

今、これを書いている20時過ぎにも学習会に出ている一人の生徒が英語の質問にやってきました。記事を書くのを少し中断して質問対応した次第です。
(すみません。私に質問に来て、対応したのでその様子の写真を撮り忘れました)


あっ、そのうち夜の学習会の様子もお伝えしなければいけませんね。

では、今日はこの辺で失礼します。



2015年10月28日 (水)

第11回長崎県私学振興大会

今日は午前中3時間授業した後、すぐに私学振興大会が開催されるブリックホールに向かいましたので、生徒たちのネタ・・・・もとい、情報がありません。

ということで、今日は素直に第11回長崎県私学振興大会について報告させていただきます。

この大会は私学教育のより良い環境を求めて開催されています。
今年は以下の決議をし、長崎県知事に提出いたしました。

一、教育費の公・私間の格差の是正と保護者負担の軽減
一、経常費助成費補助金の拡充と私立学校の振興策の充実
一、子ども・子育て支援制度の円滑運用への配慮

Img_2162

今年は大盛況で、ブリックホール2000席がなんと!満席になりました。

その理由はというと、この方のおかげ以外なにものでもありません。

そう!記念講演をしていただいた 石田純一さん です。
Img_2163_3
(肖像権の関係もあるでしょうから、ご本人が映らないように撮らせていただきました。
本当はこのフレームの下にご本人がいらっしゃるんです!)


決議採択が終わり、記念講演前の休憩時間、席へ戻られるお母様方の足取りがスキップしているように軽やかに見えたのは私だけでしょうか?


演題は
希望は未来、夢は原動力
です。

ご自身の体験談を交えながら、

・食事の大切さ
・笑顔の大切さ
・若さとは
・人の魅力とは
・夢を持つこと
・『母親』の偉大さ

などなどなどなどなどなど、
(話の内容忘れた?ってツッコむのはやめてくださいね)
多岐にわたりお話しいただきました。

さまざまな例えや例、書物からの言葉なども引用されて、造詣の深さに畏敬の念を抱いた次第です。



熱気あふれる公演が終わり、保護者の皆様をお送りして、私も少し離れた場所の駐車場に向かったのですが、たくさんのお母様グループの間をぬって歩きました。

その際、
こっちのお母様のグループから

「石田純一さんて、なんかいいよねー」

と聞こえ、そっちの二人組のお母様は

「すごくいいお話だったよね」

と話されており、あっちのグループからは

「石田純一さんは何であんなに素敵なの?」
「ほんと、格好よかったね!」 (もはや話の内容は関係なさそう)
「『生』純一!『生』!」 (えっと、ビールじゃないですよね?)
(呼び捨てすみません。言葉をそのまま引用させていただきました)


と、興奮冷めやらぬ様子。
お母様方の若さが弾けていました。
喜んで帰っていただいているようで、よかったです。


ご本人のお話によれば、ハウステンボスや長崎のゴルフ場など、長崎にいらっしゃる機会はたくさんあるみたいです。いつか、長崎県内ですれ違ったり、直におはなしする機会ができるかもしれませんね。



とにもかくにも、私学振興大会は無事成功裏に終えることができました。

ご参加いただいた保護者のみなさま、
本当にありがとうございました。


今日は生徒の様子をお届けできず、申し訳ありません。




2015年10月30日 (金)

研修

今日は研修に参加してきました。

今日私が参加したのは、



この長崎県英語教育研究大会は私が長崎県に来てから欠かさず参加している研究会です。
離島も含めて県下中から小中高の教員・ALT 200〜300人が集います。
中学、高校のモデル授業や英語教育で名を馳せている方の基調講演、分科会での発表など、盛りだくさん。




私も、これまで参加するだけじゃなく、分科会での発表をこれの上位大会である九州地区英語教育研究大会も含めて3回(あれっ?4回だったかなぁ?)、モデル授業を九州地区英語教育研究大会で1回、経験してきました。

さすがに、九州地区大会は九州中から600人ほどが集う大会ですので、そこでの授業はミイラになるんじゃないかというくらい変な汗をかいたのを覚えています。

このような大会に顔を出していくと、顔見知りも増えていくもので、一時は30〜40人位知っている先生がいたのですが、私も私立に移り、知っている先生たちの年齢が上がって研究大会に参加しない割合も増えてきたのか、今日は20人弱程しかいませんでした。

「やあやあ、お元気そうで!」、
「どうも!ご無沙汰ですねー!」、
「こんにちはー!お噂はかねがね」、
「あれっ?教頭先生になられたからですかね?貫禄出ましたねー!」
(ストレートに「太った?」って言ってください。チクチク痛いです・・・)

などなど。まるで同窓会のようですね。


さて、私の話はこの辺で。
実は、私だけじゃなく、本校の先生たちは色々と研修に参加しています。

長崎県教育センターの各種教職員研修には、本校から毎年のべ10〜15人参加していますし、今年は予備校などで実施されている教科研修会に5教科の先生たちの2/3が参加しました。

他に県教育委員会が主催するカウンセリング、イジメ、生徒指導、進路指導、校内研修のあり方などなど、書ききれない位あります。
今年になり主権者教育、そして、アクティブラーニングなどが盛んに行われるようになり、もちろん参加しました。

また、今年は国語科の研修会が本校の施設を使って実施されますし、11月には長崎県私学の教育研修会数学部会が本校を会場として行われ、本校教員が研究授業を担当します。現在、数学の先生方はそれに向けて熱心に準備しています。







先生たちも、日々、教える一方で、自らの勉強・研修など、自己研鑽に励んでいます。

新しい情報など知ったり、知人が頑張っている姿を拝見したり聞いたりすると

『よし、自分も頑張ろう!』
『負けてられない!』
『早速自分の授業で活用しよう』

などというヤル気が漲ってきますよね。


そんな、活力溢れる先生たちがいる精道三川台です。

生徒たちも先生たちに負けないように活力溢れる精道三川台生になってください。

2015年11月 2日 (月)

校舎内飾り付け A棟編

今日は校舎内を紹介したいと思います。


中高は2つの建物を主に使用しています。
A棟B棟と呼んでいますが、A棟は2003年に建てられ、B棟は高校設立時の2009年に建てられました。
(『建立』と書きそうになりましたがやめました。建立「こんりゅう」と言うと、神社仏閣に使用される語、同じ字で「けんりつ」と読ませると国家に使用されるそうです。・・・・・おおごとになりますね。)

校舎というと、鉄筋コンクリートにクリーム色や白色と相場は決まっているように感じます。
本校校舎も類にもれず、鉄筋コンクリートにクリーム色です。
この組み合わせはきれいで清潔感がありますが、同時に殺風景な感じがしますよね。
丁寧に掃除をすればきれいさや清潔感は保つことができますが、殺風景な感じは何かしら対応が必要です。

そこで活躍するのが各種飾り付け
本校でも頑張って絵などを飾り、少しでも殺風景さをなくす心がけをしています。
目標は

    「家庭のような安らぎ」 

・・・・・・・・うーん、鉄筋コンクリートでねー・・・・・・・・・

いやいや、諦めませんとも!



さて、3階、校長室前。
Img_2166
オーストラリアのRed Field校、フィリピンのSouth Ridge校、香港のTak Sun校からいただいたペナントなどを飾っています。

3階でもうひとつ。
Img_2169_2
下足前のホールには生徒たちがいつでも目を通すことができるように日々の新聞や英書を置いています。英書はここには100冊ほどしか置いていませんが、蔵書はもっとありますよ。 (これは飾り付けではありませんね・・・)



2階と3階の間の階段踊り場には生徒の美術作品や、香港の姉妹校の関係者からいただいた絵が飾ってあります。
Img_2170
校長に訪ねてみました。
『あの馬の絵はどなたの作品なのですか?』
「・・・・えーと、あれはロバです。・・・・」
『えっ!?あっ、・・・すみません」
(おっと、絵心ないのがもろバレです・・・・)

ロバという存在はカトリックでは大きな意味を持っているそうですが、長くなるので(?)また別の機会に紹介できたらと思います。
(今、馬とロバを取り違えた私に紹介する資格はありませんね・・・・・)


2階、理科室前
Img_2172
理科室前らしく鳥の絵などが飾られています。


客室
Img_2174

Img_2175

きました!!もっとも家庭らしさをかもし出すことができる部屋。(もしかしたら唯一?)
外部からのお客様や保護者の皆様との面談、そして時には生徒との面談に使用しています。
家庭らしくと言っても、ポスターやグラビアなどは飾っていません。ご安心を!
(って書いたらまるで私の部屋にポスターやグラビアが飾ってあるかのように聞こえますね。そんなことはないです。むしろ殺風景です。唯一飾ってあるものと言えば、ガン○ムのプラモデルくらいです。・・・・・・・はい、すみません)




気を取り直して、玄関です。
Img_2178
もうひとつ
Img_2177
優勝旗!!!!
高校ソフトテニス部が夏の島原大会で優勝した際のものです。
現在1本。

『優勝旗、ひとりで寂しそうですね、Lonely、Lonely

と、ソフトテニス部顧問には伝えておきました。


さらに!
Img_2179
ここ数年でトロフィーも増えてきました。
伝統あるディベート部のトロフィー・盾。
そして、創部3年目の演劇部の躍進!今年は長崎南部地区大会で最優秀賞、県大会へ進出しました。

11月21日諫早文化会館、みなさま、ぜひ足をお運びください!



と、まあ、このような感じです。

まだまだ飾り付けの向上の余地がありますね。

どなたか、よい知恵を授けていただければ幸いです!
















2015年11月 4日 (水)

放送@セイドータイム

今日はセイドータイム(2時間目と3時間目の間の20分間の中休み)に放送がありました。
本来は月木金に文化委員が実施している放送ですが、今日は例外的にありました。

文化委員チョイスで曲をかけますが、はじめにかかったのは

マツケン・サンバ』!!

・・・・・・・今の子たちは知っているのだろうか?
いや、むしろ、中1の文化委員が担当なので、その生徒たちが知っていることに驚き。
そして、なぜ、この曲を選んだのだろうか?

そして、次にかかったのが

マツケン・マンボ

・・・・・・・・・



放送室に赴いてみました。

Img_2208

私 :「素朴な質問!なんでこの曲を選んだの?」
生徒:「そうですね、今までかかったことがない曲で、楽しそうなのを選んでみました。僕、好きなんですよ。」

不覚にも言葉を続けることができず、
私 :「そ、そうかあ。うん、ありがとうね」

と言うのが精一杯。引き上げてきました。
Img_2207



次に教室に行ってみました。
放送がなっている中、

私 :「この曲懐かしいよね。みんな知ってる?」
生徒A:「あー、知ってますよ。何となくですけど。楽しそうですよね。」
私 :「そうだね。BGMとしてどう?」
生徒B:「いいんじゃないですか?ノリがいいですね。」
生徒C:「えっ?曲なってる?あっ、鳴ってますね。」
・・・・・いやいや、結構な音量で鳴ってますから。
私 :「おいおい、聞こえてなかったの?」
生徒C:「はい、次の教頭先生の授業での単語テストの勉強に集中していたんですよー!」
(うまい!『お世辞・場の取り繕い』がうまくなってきた!)



とにもかくにも、楽しいセイドータイムになっているようです。


次はどんな曲がかかるか、楽しみです。(いや、本当に)



2015年11月 7日 (土)

総合的な学習の時間

本日は土曜日。

3時間目、4時間目は各学年『総合的な学習の時間』です。(略して『総学』。)

この時間は教科の学習にとらわれることなく「生きる力」を養う時間です。


文部科学省の言葉を引用すれば、


「総合的な学習の時間は、変化の激しい社会に対応して、自ら課題を見付け、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、よりよく問題を解決する資質や能力を育てることなどをねらいとすることから、思考力・判断力・表現力等が求められる「知識基盤社会」の時代においてますます重要な役割を果たすものである。」


という授業です。各学校独自に工夫して取り組んでいますが、本校でもキャリア教育の一部として活用しています。


本校のキャリア教育は6カ年を通した学習で『社会人』として活躍していくための資質を養うよう計画しています。

中1 
目標:自分と他者との関係を見つめ、よりよい自己を形成することへつなげる
内容:社長さんインタビュー、職業調べ、職場訪問など

中2
目標:他者との関わりを通して自己理解を深める
内容:職業体験、学部学科調べなど

中3
目標:他者の中の自己を分析・評価し、より広い世界へすすむ気持ちを醸成する
内容:大学調べ、大学オープンスクール参加、特別支援学校交流、保育実習など

高1
目標:職業理解と進路選択を通して自己に立ち返り、自己を表現する
内容:インターンシップ、大学調べ、大学オープンキャンパス参加、小論文演習、哲学など

高2
目標:社会の中での自己の役割を考え、目標設定をして行動する
内容:哲学、大学研究室訪問、小論文演習、志望理由書作成など

高3
目標:社会進出の意欲と資質を高め、志望実現を果たす
内容:進路研究、哲学、道徳講習、グループ討議など


これらの学年別の取り組み以外に、各学年宗教の授業、ミサに与る、朝の説教などを通して『全人格的な成長』を図っています。
(なんとまあ、今日は堅い堅い内容ですね)



さてさて、本日の総学ですが、各学年充実した取り組みになっていたようです。


中1
『自分の会社をつくろう』という内容で自分の夢の事業計画」をプレゼンしました。

Img_2221

Img_2220



中2
それぞれが志望する(または気になる)学部学科を2つ調べ、深く知るとともに、比較して違いを認識することに取り組みました。

Img_2213



中3
間もなく実施する保育実習に向けて事前学習をしました。

Img_2217

Img_2218



高1
哲学講座です。哲学と言いながら、内容は倫理学
難民受け入れについて講義を受けた後、受け入れ拡大派と制限・拒否派に別れてディスカッションしました。

Img_2216



高2
12月の小論模試や3月の志望理由所に向けて小論文演習。小論文を書く力というのはますます必要度が高まりますよね。

Img_2214

Img_2215



高3
この時期です。
自分の進路志望の追求をしています。
つまりは・・・・学習ですね・・・



今日は生徒にインタビューしませんでしたが、
おそらく生徒たちも楽しんでいることでしょう。
いや、きっと楽しんでいます。
いやいや、間違いなく楽しんでいます!
(たぶん・・・・・)










2015年11月10日 (火)

昼休み

今日は数日ぶりにきれいに晴れ渡りました!

Img_2237

昨日まで数日間は雨模様。

そういえば、昨日小学校に行く用事があり、階段を上がっていき、グラウンドに出たところ、小学1年生たちがグラウンドの水溜りのところにしゃがんで何かやっているのを見かけました。
革靴を汚すのは嫌だったので、淵から見てみると、小学校低学年と思われる子たちが数名、水溜りにしゃがんで水交じりの土を両手ですくい上げています。直後、
「よいしょ」
といい、土を水の中に落とし、
ぺたぺた
と言いながら土をペタペタというよりか、『ベチャベチャ』やっています。
それをひたすら、真剣な眼差しで繰り返す子供たち。
なんの使命をおびて、やっていたのでしょう?

『子どもたちは逞しいなあ』
と思いながらも、子供たちが帰ってきたときのお母さん方の表情が目に浮かび、少しドキドキしてしまいました。


さて、今日は晴れ上がったので昼休み、中学生たちもグラウンドに上がって遊ぶかな?と思って行ってみました。
中1たちが野球をして遊んでいます。
楽しそうです。
聞いてみると、結構、毎日しているようです。



高校生の教室をのぞいてみました。

高3
Img_2247
リラックスして友人たちと歓談している姿半分、必死に学習している姿半分。
まあ、いいんじゃないでしょうか。


高2
Img_2248

あれ?教室に残っている生徒たちほとんど勉強しています。
感心感心!

・・・・いやいや、小テストの勉強をしている人はいいとして、
そのテキスト、・・・・授業の予習?まさか、宿題?

「いやー、違いますよ!!明日の授業の予習をしているんですよー!」

・・・・なるほどー・・・・。(そういうことにしておきましょう)



職員室前には小論文の添削を受けている3年生の姿が。
Img_2246

いよいよ3年生は受験モードですね。



再びグラウンドへ。
5時間目の始業時間も迫ってきています。
Img_2241
悠々と降りてくる中学3年生。


Img_2245
Img_2242
急いで降りていく中学1年生。


と思いきや、
Img_2244

Uターンして必死に駆け上がってくる1年生。
『どうしたん?』

上履き忘れましたーっ!」
シューーーズーー!
うわー!教頭先生が写真を撮ってる!!俺らが走ってる姿を写真に撮ってるーっ!

なぜ実況中継したのかはよくわかりませんが、
半ばパニックになってるのはよく伝わってきます・・・。

Img_2243


まあ、なんとか5時間目の授業には間に合ったようです。
(じゃなかったら、ここに載せられません)


中学時代、昼休み、汗だくになってサッカーをし、5時間目、息を切らしながら、ジーンズがまとわりついて気持ち悪い思いをして授業を受けていた自分の中学時代を思い出しました。



2015年11月19日 (木)

朝の10分



本校では「朝の会」、「朝のSHR」の前に10分間特別な時間を設けています。
(中学校では「朝の会」、高校では「SHR(Short Home Room)」と呼んでます。中高で呼び方が違うんですよねー)


さまざまな取り組みが盛り込まれています。

●月初めには 『○○月朝礼』     ・・・・ 校長が月のモットーなどで話をします。
●週初めには 『中高朝礼』      ・・・・ 輪番で教員が話
●月に1度 『中学生徒集会』     ・・・・ 生徒主体の朝礼、各委員会の活動報告
●月に1度 『高校朝礼』        ・・・・ 生徒会主導だが、教員が話
●3週間に1回、学年ごとに 『説教』 ・・・・ 御聖堂で神父よりお話
●1~2週間に1回『朝英語』      ・・・・ 英語の音声を聞いたり動画を観たり


説教  
Cimg1234
神父さまの同級生の方の話を例に「仕事について」お話しいただきました。


ミサ(上の説教の写真とほぼ変化なしですね・・・)
Img_2257
今月は『死者のミサ』
亡くなった方を想いながらミサに与りました。


朝英語(この日、この学年は映像でした)
Img_2256
中学生は映像の方が楽しめるようですね。


中高朝礼
Img_2273
「髪の毛を切って、さらに男前になった○○です。」
から話が始まり、笑い(苦笑?)で始まった朝礼でした。



このように、本校生は朝から盛りだくさんの毎日。
決して朝から宿題したり、小テストの勉強をしたりするような時間はないと思われるので、しっかりと家で学習してきましょうね!!



2015年12月 2日 (水)

期末試験終了

長期の出張から帰り、久々の学校勤務、

リズムを取り戻すのに少しパワーが必要です。



中学生は金曜日で、高校生は昨日、期末考査全日程を終えました。

生徒たちは期末考査という『ハードル』を乗り越え、
(なぎ倒したり、下をくぐったりという生徒もいるかもしれませんが・・・)
ホッと一息という生徒も多いでしょう。

しかーし!!

私に授業を受けている生徒はそうもいきません。

私のポリシーとして、

『試験最終日に試験答案を返却』

というのがあるのです。

試験を受けたその感触がなるべく残っているうちに
試験を返却、やり直しをする。
それが一番効果があると考えています。
(別視点では、
開放感でなかなか勉強しないであろうこの日、
他教科が返却しない可能性が高いので、
英語だけ返すと、英語だけ勉強してくれるだろう
という、『抜けがけ』狙いだ という指摘もありますが、
真相はいかに!・・・・)



私の担当クラスの生徒たちは初めのころは

「えーっ!!」
「マジで!?!」
だ・・・」

などと言っていましたが、
今となっては

「・・・やっぱりね」
「想定済み」
「どうせ・・・・」

と、『歓迎ムード』になってきました。

今後も続けていきたいと考えてますので、
どうぞよろしくお願いします!



さて、そんな中、高校3年生だけは別スケジュールで学習しています。

もう考査もなく、ひたすら受験勉強です。
今日はまたぐずついた天気でしたが、昨日は久しぶりのぽかぽか陽気。

本校の中で冬場に一番暖かいのがB棟1-1教室と1-2教室。

A棟教室が東向き(朝日が爽やかです!)
職員室は西向き(ここがまた、夏暑く、冬寒いという過酷な場所なんですよ!)な一方、
B棟のこの教室は南向きの一等地なのです!

私も休み時間なるべく早く移動し、日向ぼっこ・・・
もとい・・・少し陽にあたりながら授業準備をします。

Img_2437

昨日、廊下側に座る一人の生徒が、

「先生、窓際に席移ってもいいですか?」

と聞いてきました。

「ぽかぽか陽気で眠くなるんとちゃうか?」

と返すと、

「寝ませんよ!受験生やし

と言うので、

「OK。ただし、少しでもウトウトしたら、窓を開けるぞ」

という条件で了承。

Img_2436


周りの生徒は窓を開けられるのではないかと少し
ヒヤヒヤしていたようですが、幸いにも窓を開ける事態には
なりませんでした。

受験生たちも毎日を『それなりに』楽しみながら、受験勉強に打ち込んでいるようです。

より以前の記事一覧