2019年4月23日 (火)

ポルトガル研修 part10

研修6日目です。

 

移動日を除くと、活動最終日です。

 

午前中、前日までに大会で敗退したチームが参加する8人制サッカーの地中海カップに急遽参加することになりました!

Ec6cfe3d972c44f18ab3c4f60b3d9c6c 08f27bb585c54daa8c75b4fd9fb2819f

精道から2チーム出場してそれぞれ予選リーグを21分で通過して、なんと精道三川台同士の決勝戦になりました!

1ab1a733c442408db04b167f8da8ff99

そして優勝したチームには立派なトロフィーが贈られました!

3b6940e073cb4ebf9bc23eef8e55975d

最終日に有終の美を飾ることが出来て良かったです。

 

選手も嬉しそうにしていました!

 

午後からは、前日まで参加していた大会の決勝戦を観戦。

 

その後ホテルに戻り、打ち上げパーティーに参加しました。

 

短期間の間に友達になったスペインの姉妹校の生徒と別れの挨拶を交わします。

528bbb15a32b416a869878484289dafa

Eb3f5bade44245bbb7b0c80b2b455294

5e2bcffd206545eeb7d5662890fa9453

温かく迎え入れてくれた姉妹校の先生と生徒達には本当に感謝の思いで一杯です。

 

一生の思い出となる素敵な経験をさせて頂きました。

 

関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

 

これにてポルトガル研修ブログを終わらせていただきます。

 

ご覧頂きありがとうございました!

2019年4月20日 (土)

ポルトガル研修part9

研修5日目です。

 

サッカーの大会は昨日で敗退してしまったので、今日は午前中からコインブラという街にバスで出掛けました!

 

コインブラはリスボン、ポルトに次ぐ重要な地域で1290年にコインブラ大学が設立されました。ヨーロッパで最も古い大学の一つで世界遺産に登録されています。

0d307257badf4396ab82316b6db3ddd1

54af81aaae2a4a44b0bc605a54924e6b

ヨーロッパらしい綺麗な街並みが楽しめます!

E1c923f3ff1b434c89ffa2612e44ba8c

7fbfc97b1c784353ab3a6f094a6ee60e

帰国まで残りわずかとなってきましたが、最後まで有意義な時間を過ごしたいと思います!

2019年4月19日 (金)

ポルトガル研修part8

研修3日目の夜です。

 

夕食後、誕生日の生徒のためにささやかな誕生日パーティーを開きました!!

 

チームメイトが日本語でバースデーソングを歌うと、隣のスペインの子達もスペイン語で歌をプレゼントしてくれました。

0b4d4fba38e34d7d8d72e6a79e5358fb

忘れられない誕生日になったと思います。

 

そして、研修4日目。

 

今日から決勝トーナメントが始まります。

Da550698964b4d1387fceddb519a4b58

相手はCMEというチーム。

69f0176a2b0e4e1dad2d0cafb7fffccb

やはり、予選を勝ち抜いたチームなだけあってフィジカルの強さに加え、足元の技術もある手強い相手です。

 

前半戦、拮抗した試合展開が続きますが相手に得点を許してしまいます。

 

そして01で前半終了。

 

逆転のためにもまず1点を取りに行くことを確認して後半戦に向かいます。

 

必死にボールや屈強な相手に食らいつき、ゴールを目指しますが相手チームのコーナーキックからヘディングゴールを決められます。

 

その後も粘り強く戦いますがさらに2点を許し、04で万事休す。

 

初めての国際大会はベスト16で幕を閉じました。

1dc3ca1b7c61411f8fa4b2bee45efd23

2019年4月18日 (木)

ポルトガル研修part7

研修3日目を迎えました。

 

朝から雨がしとしとと降っています。

Cf2606e7be9a499887b6847836dceeee

そのため朝の散歩を取りやめて室内でストレッチをします。

E5d561ffb7614443a6af48c1c68c7f12

朝から身体を動かして朝食をしっかりと食べることが試合に向けての良い準備となります。

Acb7a5dec8be4122a7a00f84b9429d75

今日の午前中の活動は病院を訪問してのボランティア活動です!

182e514fd2a0480d91b7cb0187293d79 9d24411f13414f6c88db36bfcda237c4

入院している子供達のプライバシーがあるので写真は撮れませんでしたが、車椅子の子ども達と院内を散歩するボランティアが出来ました!

 

このようなボランティアは初めての生徒もいて貴重な体験になりました!

 

そしてホテルに帰る途中でスーパーマーケットに寄って沢山のお土産を調達しました!

写真が無くてすみません。

 

その後、昼食をとりサッカーの試合に向かいます!

 

予選リーグ最終戦で、1位突破が掛かった重要な一戦です。

 

雨の中のゲームでしたが、幸先よく先取点を奪います。

 

その後も立て続けに点数を加え、60で勝利!

3b5907393f604f97b4a7e5d2a438a72d

おそらく予選1位で決勝トーナメントに進めると思います!

 

2019年4月17日 (水)

ポルトガル研修part6

ファティマでの活動2日目が始まりました。

 

昨日と同じく散歩して、

F72c9a955bf74b4c9327df0089025b05

朝食を頂きます。

 

朝食後は、講話の時間です。

C8eaa8e6c8ac42b9b611b7c32a3d2388

実はこのファティマの引率スタッフとして、昨年まで精道の職員で現在はイタリアの大学院で勉強中の篠崎さんがイタリアから駆けつけてくれてチームのサポートをしてくれています。

 

講話の話者は篠崎さんでテーマは「人間とは」。

 

普段の学校生活ではなかなか考えることのない、しかしとても重要なことを話してくださいました。

 

講話の後は、研修に出かけます。

 

そもそ私達が滞在しているファティマという街は、聖母マリアの出現をローマ教皇庁が認めた土地でカトリック信者にとっては、聖地とされている場所です。

 

マリア様の出現を目撃した3人の子どもがいるのですが、その子どもたちが生まれ育った村を見学に行きました。

299412ce418641d5ab9d6add4ff25ab6 03f53ae9b82949ab9cda978db3028641 145981911c2747b4b767f29fbf83e344

ヨーロッパの文化を学ぶ、とても良い機会でした。

 

ホテルに戻り、昼食を食べるとサッカーの試合に向かいます。

 

昨日の初戦が、ドローだったので予選グループを首位で突破するには重要な2試合目を迎えます。

 

精道のチームはしっかりとウォーミングアップをして試合に向かいますが、スペインのチームはあっさりとウォーミングアップを終わります。文化の違いでしょうか笑

E1c1d79c11b24c908c0a258119c8a8df

試合前のセレモニーを終え、前半戦キックオフ!

569c622d3a4d42649f0258e095b30420 A9af04cde9c74ef9aef5bda32cefb5bd

一進一退の攻防が続きますが、両チームスコアレスドローで前半戦終了。

 

後半戦スタート、チャンスを何度も作りますが相手チームのGKの活躍もありなかなか得点が入りません。

5f106e3c5a3041feb8391c6adc6c3c55

それでも身体の大きな相手選手に臆せず戦い待望の先制点を奪いました。

 

負ける訳にいかない相手の攻撃を身体を張って守り、さらに終了間際に追加点を奪い20で、大会初勝利をあげました!!

試合終了後は、姉妹校のチームの選手たちが「すごいな、日本!」と声を掛けてくれます!

そして選手達は、勝利のご褒美としてアイスクリームを食べました!

1a43c6cd25194f40b2ea6c6dac613bc3

みんなとても充実した表情をしています!

 

2019年4月16日 (火)

高1味噌玉教室

本日、家庭科の授業の一環で川添酢造から久保先生をお招きし、

高校1年生とRedfield校生に味噌玉教室を実施しました。

Img_1538

毎年恒例になっています。

Img_1539

味噌玉とは、味噌とだし、具材などを1食分ずつに取り分けたもの。

それをラップで丸く巾着のように小分けしており、保存や使用がしやすくなっております。

 

まずはお味噌をボウルに入れ、粉にした鰹節を混ぜます。

乾燥わかめと乾燥豆腐を入れ混ぜ合わせます。

2~3cmほどの球形に丸め、基礎が完成。

とても簡単!

Img_1540

Img_1542

そこにお麩やしらす、とろろ昆布など、おもいおもいの具材を加えて

ラップで巻けば完成。

私のおすすめは「チーズ」です。

えっ!? 邪道じゃね?と思われる方、ぜひお試しください。

私はそこにタバスコを加えるのが好きです・・・・。

・・・これは邪道かもしれません・・・。

 

本日は多くのメディアの取材も来ていただきました。

Img_1543

Img_1544

NBCさん 夕方18:15頃のニュース

KTNさん 夕方18:15頃のニュース

長崎ケーブルメディアさん 4/17(水)なんでんカフェ

で放送されるようです。

今回はRedfield校生がいることでも注目されました。

Img_1548

Img_1550

Img_1551

 

みんなで美味しく試食。

給食直前ですが、そこはさすが高校生。

家庭科担当の先生から「給食お残し禁止だからね!」

と言われながらも、おにぎりを3~4つ頬張る子も・・・。

 

ラスト、きちんと後片付けまでが家庭科の授業。

Img_1546

Img_1555

 

そして、講師の久保先生から「食とは」

という内容で講話。

「私達の身体は食べたものによってつくられている。

 私達が社会・日本・世界を作っているのであれば、

 私達が食べるものが社会・日本・世界を作っていると言ってもいい。」

というお話をいただきました。

 

「食」大事ですね・・・

インスタント食品が好きな私、反省しなくては・・・・・。

 

大変貴重なひとときとなりました。

ありがとうございました!

ポルトガル研修part5

ホテルでしっかりと睡眠をとり、活動初日が始まりました。

まずは、チームで散歩とストレッチをして体をしっかりと起こします。

 

写真は、散歩中に撮った写真です!

07beeed14eda4b9f8f8b6d44c56ef710

ファティマでのはじめての試合は午後に行われることがわかったので、ホテルで朝食をとった後、他のチームの試合を見て大会の雰囲気を掴みました!

 

試合観戦後一度、ホテルに戻って昼食をとり、ミーティングをして結束を高めます。

0d05ac94896b452faf39cfad9d2a323d

667fec09be014e7eae07945e0aa3e31f

相手は、codecというチーム。マドリッドに学校があるチームです。

8dbdc309b8ea4398b5f7bd2aa5be1011

 

現地時間1630分にキックオフ!

 

前半戦、集中して試合に入りましたが、慣れない外国での試合に少し身体が重たそうでした。

何度かピンチを迎えますが、身体を張った守備でゴールを守り、00で前半戦を終わります。

 

後半戦キックオフ。

 

相手の運動量が落ちてきて、少しづつ自分たちの攻撃の時間が増えていく中で一瞬の隙をつかれ失点。

 

しかし、相手にリードを許す苦しい流れの中でも自分たちのサッカーを続け後半戦終了10分前に同点に追いつきました。

 

そこからさらに怒涛の攻撃を見せますが、点を奪えずファティマでの初戦は11のドローに終わりました。

2c6fa87284c9424ea490149e5375dcab A475fdd215ff4309b7b4424fa894b176

今からバスでホテルに帰り、疲れを取りつつも夕食、講話を行う予定です。

 

 

 

 

 

 

Cova de iria

2019年4月15日 (月)

ポルトガル研修part4

ポルトガルのファティマに向かうバスに乗り込んで数分、

すぐに笑い声が聞こえました。

さすが、精道の高校生、姉妹校の高校生たちとamigo(友達)になるのに時間はまったくかかりませんでした。英語で話しかけて、英語で返ってきたり、わからないスペイン語で返事があったり笑

それでもなぜか会話は続いていく。

若者の“ノリ”は世界共通なのでしょうか。

 

途中、昼食で寄ったパーキングエリアで撮った写真です。

93f910c38dca4d6c9ef12ba3241dcd5a

 

打ち解けた様子が見てとれるナイスな1枚!後ろにはオリーブ畑が広がっています。

 

ちなみに昼食はスペインのサンドイッチ、「ボカリージョ」!

みんな笑顔で頬張ります。

4b1e4a7cd7f245948a8b11506fa73e4e B5b37126c6a441738960a7ab17a83c5d

スペインのマドリッドからポルトガルのファティマまでは約9時間のバスの旅でした。

車内では陽気なスペインの高校生の歌声が響き渡っていました。

 

ブログでは盛り上がりが伝えられず残念です。

ホテルについてからすぐに夕食を頂きましたが、選手は長時間の移動でクタクタの様子でした。

874deffc003840bd9e883fe16517067c 311365051bdd432388de1901b707e1ed

ゆっくり寝て明日の試合に備えたいと思います。

VAMOS! SEIDO!!

2019年2月28日 (木)

第8回高等学校卒業式

本日、高等学校卒業式が挙行されました。

精道三川台としては第30期生の、
高等学校で8回目の卒業式です。

高校からの入学で3年間の生徒、
中学から6年間の生徒、そして、
小中高と12年間精道三川台で過ごした生徒、
様々ですが、
どの生徒も精道ismを胸に卒業していってくれているものと思います。



ところで、昨日は予行を行いました。






本校では1コマ、1回限りの予行・練習です。
高校から入学した高2生が
「予行、45分しかしないんですか?」
と驚いていました。
逆に、
「えっ⁉︎45分で十分じゃない?」
と聞き返したのですが……
本校生徒たちは小学生も含めてその1回で素晴らしい卒業式に仕上げてくれます。
素晴らしい児童・生徒たちです。


予行の後は各種表彰式。
総代、体育連盟表彰や文化連盟表彰、皆勤賞などを表彰しました。




小学生も高校3年生を送り出します。



精道三川台30期生、
精道三川台高等学校8期生の
今後の活躍をお祈りいただければ幸いです。

2019年1月28日 (月)

センター試験その後

大学入試センター試験から1週間が経過しました。

先生たちも高3生たちも現状分析の上、各大学の個別学力検査(二次試験)に向けて全力で取り組んでいるところです。


話は少し戻って、センター試験の翌日、月曜日です。


高3生たちはセンター試験の『自己採点』をしました。
この自己採点というのはとても重要な作業です。

というのも、大学入試センターからは生徒個人個人の点数というのは通知されません。
四月以降に点数開示のシステムがありますが、そこで申請しないと点数を教えてくれないのです。
そして、個別学力検査の願書提出は2月上旬。
そう、正確な点数というのが大学入試センターから教えられる前に願書提出も含めた受験そのものが終わるのです。

問題は、
自分のセンター試験の点数を把握しないと、どの大学の個別学力検査にチャレンジするか決められないということ。
そして、その点数を大学入試センターは教えてくれず、自分で算出しなければいけないということです。

そのため、受験生たちは自分がマークシートに記入した答えを問題用紙に残し、自己採点をすることになります。
この作業がとても大事。
というのも、その点数を元に、
自分が志望する大学の学部学科にチャンスがあるかどうか、
届かないのであれば、ほかにどのような可能性があるか、
ということを考えていきます。

極端なことを述べれば、
900点満点で10〜20点数を違えば、受験する大学が変わってしまうこともあるのです。

ということで、
私語を一切しない張り詰めた空気の中で、
黙々と自己採点。

黙々と進めるその中身は悲喜交々。
これまでの最高点が出た生徒、
一方で、力を十分に発揮できなかった生徒。

様々ありますが、結果は結果として受け止め、個別学力検査に向けて改めて力を注ぎます。



同じ日、高校2年生がこれまた黙々と問題に取り組みました。

それは、
今回実施された大学入試センター試験の
国語・数学・英語の問題を実際に解いてみようという取り組み。




1年後に迫ったセンター試験に、この時期に実際に取り組むことで、現在の学力の把握と同時に、いよいよ受験生であるという意識付けを意図しています。


高2生たちも実際のセンター試験の問題を解き、その自己採点も経験し、少しやる気が出てきているようです。
隣の高3生たちの雰囲気も肌で感じ、
より一層取り組みが深まればと願っています。


その高3生。
いよいよ今週、来週、私立大学の一般試験がやってきます。

奇跡的な点数を、とは言いません。
日頃の努力、本人の実力が十分に発揮できることを祈るばかり。

世間ではインフルエンザが猛威を振るい出しました。受験生たちが体調を崩すことなく、実力を遺憾なく発揮してくれることを祈ります。


ところで、長崎の神社が
『長崎11社巡りスタンプラリー』
という企画をしているようです。

11社巡ると、その11社全社にてご祈祷された御守りを購入できるそう。




私は祈りを込めて11社を巡ってみようかと思っています。(それに加えて諏訪神社も)

カトリックが教育理念の学校の教頭ですが‥‥

もちろんカトリックの神様にも「お祈り」します。
心静かに「神とお話」。

その上で、
『人事を尽くして天命を待つ』
全力を尽くしつつ、最後は神頼み。

『受験生が体調崩しませんように』
『受験生が無事に受験できますように』
『受験生が実力を発揮できますように』

みんなの受験までに全社巡れるかな?


ユキちゃんも気合が入っています!




受験生たち、

Do Your Best‼️

より以前の記事一覧