② 中学校

2017年7月 6日 (木)

水泳教室

期末考査が終わった後は行事、イベントが目白押し。

今日は中学生の水泳教室。
市民プールでレベルに合わせてグループ分け。
「水に慣れる」からのグループもあれば、
「正しいクロール泳法」からのグループも。

入念に準備体操


水中手つなぎ鬼

楽しそう!

バタ足の練習



という私は見学者と一緒に観客席で見守ってます。
いいんですどね、ともかく暑い!

『公認プール』としての決まりでは
「室温は28℃±3℃、水温以上」
となっていますが‥‥

この市民プールは公認プールではありますが、通常は文字通り市民のプール。
一般施設の場合、多くは
「水温30℃、室温32℃」
で保っているようです。

そして、湿度は‥‥
はい、お察しのとおり。

そうです、低温サウナですよ、低温サウナ。
活動してる人より、見学者の方が辛い、
見学者の方が熱中症になりやすい、
そんな活動です。

今日、そんな苦行に臨んでいるのがこの2人。


怪我の子はしょうがないですが、体調不良で見学している方の生徒は大丈夫かなぁ?
余計体調不良にならないか心配です。
しっかり水分摂ろう。


以前、県立高校にいた頃は水泳部の顧問をしていました。
この市民プールは毎年高総体でお世話になっていた懐かしの施設ではありますが、2日間丸々ここで過ごすと数kg体重が落ちていたのを思い出します。
最近少し体重落ちたので、これ以上体重落ちるとヤバい!
『骨皮筋衛門』になってしまいます。

‥‥懐かしすぎる表現ですみません。
はるか昔の死語ですね。
でも、辞書にも載っているんですよ!


話を戻しましょう。



今日は他校さんも数校入っているようで、市民プール大盛況。


『芋洗い』とまでは言いませんが、
(これも死語?)
窮屈そうです。
でも、みんな楽しそう。


私はともかく、見学者と協力して熱中症にならないようにしたいと思います。

2017年3月15日 (水)

中学校卒業式

3月14日、中学生たちの卒業式。


全員が学校を離れていく高校の卒業式とは違い、多くが精道三川台高等学校に進学する中学校の卒業式は少し雰囲気も異なります。

「あんなにちっちゃくてかわいかったあの子がここまで成長するなんて!」

という別の意味の感動が……。

また、日本の義務教育を修了したという節目での式典という意味でも意義のある式だと考えます。


さて、本番の前に前日に予行を行いました。

その予行が終了した後に表彰式。
例によって3年間皆勤、小学校からの9年間皆勤を表彰しました。
Img_5267

卒業式最中の写真は学校ブログの方でご覧ください。


卒業式終了後は駐車場の聖母像の前に集合し、記念撮影。

たくさん撮ったのですが、逆光なのか暗い写真ばかり。
明度がいいのが1枚だけあったので載せます。
Img_5277

そして、例年しないようですが、保護者も入っての集合写真。
Img_5286

私は目立ちたがり屋ではないので、撮る方に専念しました。
どの口が言っている!とのツッコミが入りそうですね……



さて、教室に入り、学年主任からのお話。
Img_5288

「感謝」というテーマで話しました。

続いて担任からの話をし、中3クラスとしては終了!

で、余韻に浸る間もなくお母様方に準備していただいた茶話会に突入。

Img_5289

Img_5290

Img_5293

ご飯に入る前にかなり盛り上がってました。
1時間ほど?生徒たちは空腹を忘れて盛り上がっていたようです。

お食事、スイーツ、飲み物、そして楽しい団欒。
時間はあっという間に過ぎていき、お開きの時間を迎えました。


ここで私は高校生の授業があったので授業に行き、帰ってくるとグラウンドの方がにぎやか。そう、中3たちがグラウンドで遊んでいるようです。
このあたり、まだまだかわいらしい中3ですね。


会の中のスピーチでも述べたのですが、
この子たちが5年後、10年後、20年後、30年後、40年後も集まり、昔話に花咲かせながら交流し続けていくことを祈っています。


本当に卒業おめでとう!!









2016年10月19日 (水)

中学校研修合宿

さて、なんとか間に合いました。

えっ?何にかって?

飯盒炊さんです。

中学校研修合宿が本日始まったのですが、
学校での授業や業務を果たしていたら思いのほか遅くなり、ヒヤヒヤしました。

いや、カレーを食べたいからというわけでなく、私が見ることができるのは今日の飯盒炊さんとそのあとの活動だけだからです。

明日、明後日と県の教頭会で合宿の方には顔を出せないんです。

なんとか間に合ったかな?
と思いきや、生徒たちは大部分片付け作業に入っていました。



幾つかの班はまだ食べていたのでその様子をパシャり。





班担当の先生に「食べてください!美味しいですから!」と猛アピール。



あれっ?、ルーだけ?


と、横から別の班の生徒が

「見てください、これ。やっちゃいました。
あっ、是非先生の『どないなん』に載せてくださいね。」

んっ?うわっ!真っ黒やん!
いや、それよりも、そのおこげだらけのご飯を載せるの?
まぁ、望むならいいけど、何故?
ということで、そのおこげ作品がこれ、



見事です‥‥‥。


さらに別の班に「美味しかった?」と問いかけると、
「いやー、スープカレーみたいでした!」

‥‥‥それはどう捉えたらいいのかな?


まぁ、それでもみんな楽しそうに食べていました。

『焼きバナナ』にチャレンジしている生徒もいたし‥‥。



味のほどは聞きませんでした。



先生方が作ってくれたカレーをいただきました。



はい、間違いありません!



さて、このあとは班の一致を深める活動です。
どれだけ協力できるかな?

と、導入としてビーイング活動の続き。
各班の目標に対してこれまでの活動を振り返ってこのあとどう取り組むか話し合い。


















さて、今度こそ一致を深める活動。

1つ目は『魔法の指』という活動。



無言で背中に書いた文字を伝達していくというもの。
1回目は8班中の1班しか伝わらず。
おお〜っ!
2回目は8班中の5班が伝わりました!

という感じで、幾つかの活動を通して班員の一致を深めます。



と、閉じようと思ったのですが、
奮闘している班があったので、つい載せたくなってしまいました。

『魔法の絨毯』という活動。
広げたブルーシートの上に全員が乗り、全員がブルーシートから落ちることなくブルーシートを裏返しにするという活動。


8人ほどの生徒たちがぎゅうぎゅうとおしくらまんじゅう状態で裏返そうと奮闘。

「暑い暑い」との声が。
ええ、そりゃそうでしょう。
中学生男子がおしくらまんじゅう状態でいるのですから‥‥。

作戦会議を活動の前にとったのですが、その甲斐があった班、なかった班。
さぁ、次はどうなるかな?

2016年10月16日 (日)

中学校オープンスクール

本日、本校中学校オープンスクールがありました。
教員も生徒たちも精一杯のおもてなしをしました。

部活動体験から学校・入試説明会、そして、お食事会。



今年は
オーストラリアの姉妹校にちなみ、
○ラム肉(羊肉)のソーセージ、
○カンガルー肉のパテ、
そして、
定番になりつつある
○ワニの肉
が添えられたカレー。


えっ?どうしました?

美味しそうでしょ?
実際、美味しいですよー!
鶏肉のようです。

先入観? 邪魔です。
固定観念? 必要なし!

しかも、単なる肉に留まらず‥‥‥

おっと、ここで止めておきます。
画像もあるのですが‥‥‥


来週末、また高校のオープンスクールがあるので、その時にお目見えします。

気になる人は是非ご来場ください!

2016年7月11日 (月)

中学校水泳教室

今日は中学生が水泳教室です。






松山にある市民プールでの実施。最近はプールを持つ学校もほとんどなくなりましたね。
県内でもプールを持つ高校、中学校はあと何校でしょうか?
維持費がかかりますものねー。

以前勤めていた県立の学校も昔はプールがありましたが、取り壊されてテニスコートになりました。

実は、懐かしの市民プールなのです。
県立に勤めていたとき、3年ほど水泳部の顧問をしていました。

えっ?いえ、水泳の経験はないですよ。
そのようなことは普通にあります。

長崎県に来ていきなりついたのはバレーボールの顧問。はい、未経験です。
次に異動して就いたのが空手部の顧問。
もちろん経験ありません。
でも、たまたま実力者がいたので、九州大会に引率ということになりました。

顧問になるたびにルールを覚え、スタッフや審判ができるように勉強です。

そして、次に就いたのが水泳部。
学校のプールはなくなっていたのですが、幸い、近くにスイミングクラブがあったので、そこに毎日引率、練習をしていました。

選手たちは実力者が多く、素人顧問ですが、九州大会、そしてインターハイの引率を経験させてもらいました。
幸せな経験ですよね。


はじめはルールも知らない素人顧問を置くなんてと、イライラしたものでしたが、ルールを勉強し、その競技を観たら面白いんですよね。スポーツ観戦が面白いんです。
視野が広がりました。その後、様々なスポーツのルールを少し勉強し、今ではスポーツ観戦が大好きです。


えっと、何の話でしたっけ‥‥。

そう、水泳教室でした。

今日は幸い見学者もいません。

‥‥ということで、広い観客席でボッチです。

室内プールの観客席、想像できますか?
外の蒸し暑い梅雨の気候が爽やかに感じられるほどの環境、それが室内プールの観客席なのです。
汗ダラダラ流しながら独りぼっち。
ダラダラボッチ‥‥。

‥‥巨人妖怪に「だいだらぼっち」というのがいましたねー。

すみません。
蒸し暑くて気が遠くなっているようです。


生徒たちのスキルが少しでも向上するように祈りながら、水の中で気持ち良さそうに活動する生徒たちを見守っています。






2016年4月29日 (金)

中学校バスケ部

先週末なので、もう一週間前の話になりますが、中学校バスケ部が新聞社杯に出場しました。


会場は付属中学校。
そして、対戦相手は
なんと、
付属中学校‥‥。


完全アウェーの雰囲気の中、挑みました。
顧問、コーチ陣がささやかな緊張感に包まれながら始まった試合でした。

第1ピリオド。
相手にエンジンがかからない中、
本校選手たちは練習してきたことを
キレイに発揮でき、瞬く間に15点ほどのリード。

バスケ初心者の私ですが、なんか、
プレーに貫禄があるように感じました。

その後は相手もリズムを取り戻し、
流れは行ったり来たり。

体格が上回る相手に本校選手たちは体を張り、最後の最後まで諦めずに走りきりました。
そして、試合終了。

50対33!

見事勝利です!

応援に来られていた保護者の方々も感慨ひとしおのようでした。

完全アウェーの中勝つのは
嬉しさ噛み締めますねー。



翌日曜日は淵中学校が相手でした。

体格はそう大きくはないですが、チームとしてまとまっている相手。

始まって早々、相手のリズムか?
リバウンドがなかなか取れない。
本校選手たちも食らいつきますが、
10点ほどのリードを奪われました。

しかし、精道も負けていません。
その後はがっぷり四つ。

終わってみれば
47対53。
惜敗!

悔しい!悔しい!

実は負けず嫌いの私。
生徒たちの前では見せていませんが
(と思ってるのは私だけ?バレバレ?)
ものすごく悔しい!

中総体ではもう一度対戦させてくれ!と思っています。
次あたれば勝ちます!


一週間近く経つ今でも悔しいなぁ。




2016年4月23日 (土)

中学校遠足

今日は中学校歓迎遠足を実施しました。
新入生を歓迎する意味合いの遠足です。


学校を出てから浦上天主堂、平和公園、長崎駅前を経由して金比羅山に登ります。









曇っていましたが、むしろ絶好の遠足日和。暑すぎない環境での遠足は快適です。

でも、私は汗だくになってましたが‥‥
体に脂肪を蓄えすぎてるってことですね。


生徒と会話してたら、
ファイナルファタジーやドラゴンクエスト、ジョジョの奇妙な冒険などの知識が増えました。

うーん、難しかったーっ!


約3時間の徒歩のあと、
金比羅山の多目的広場に到着。

1年生の自己紹介をしました。



そのあとは待ちに待った昼食。
トンビの襲撃を恐れながらなんとか昼食を食べ終えました。
(さすがにトンビの写真はありません)

昼食を食べたあとはレクリエーション。

ケイドロ。
学年縦割りの班ごとに順番に警察になり、一定時間後の捕まえた人数で順番をつけました。

ケイドロで盛り上がるのかぁ?って思ってましたが、さすが中学生。
ものすごく盛り上がってました。

むしろ、明日試合を控えてるバスケ部はそんなに必死にならなくていいよーって言いたいくらいでした。




結果発表!
1位の班は2班でましたが、景品の関係でジャンケンでトップを決めることに。

決まりました!
そして、景品。


1人一本ずつもらった1位の班は余裕な表情で飲んでます。


1人一本ない二位からの班は
「口をつけるな!」
と四苦八苦。
昔は回し飲みとかしてましたが、今の子たちはしないのかぁと、ビックリしました。

でも、なんで水筒の蓋をつかわないんだろう?‥‥‥


まぁ、ともかく、遠足再開。
日本初の金星観測地を回って長崎駅前まで行き、解散。
本来は金比羅山登って学校側に降りて学校まで行くのですが、地震の余震がまだ予断を許さない上に昨日の大雨が予想されたので、予定を変更、アスファルトやコンクリートの道路中心のルートに変更しました。


おかげさまで、大きな事故や怪我なく無事終えることができました。
ありがとうございました。


学年の枠を超えて仲が深まった遠足になったのではないでしょうか。

2016年3月16日 (水)

中2 他文化理解

今日は中2学年の家庭科の授業で他文化理解の授業でした。

先週に引き続き、イギリスからの国際交流員の方に来ていただきました。
先週は『衣・住』についてでしたが、
今日は『食』。


ということで、調理実習です。

作るのはこれ。



『アップルとチキンのクリームソース煮』

この時点で生徒たちは?マークが付いているよう。

リンゴのクリームソース煮⁉️
温かいリンゴ煮⁉️

でも、それがまさに他文化理解。

国際交流員の方がおっしゃいます。
「わたしは日本に来た時にはお刺身は全く食べられなかったのですが、今は大好きです。このお料理も皆さんの味覚には合わないかもしれませんが、こういうのもあるんです。」

そうですね。
刺身、つまり生魚。
西洋の方からすれば魚を生で食するってありえないでしょうねー。
さらに、それがタコ(西洋では悪魔の使いだったり怪物だったりします)なら、もう想像を絶するものでしょう。
交流員の方はまさに日本の文化に触れ、その体験を生徒たちに身をもって伝えてくださいます。




さて、使う材料は
リンゴ
鶏肉
玉ねぎ
リンゴジュース(大人ならワインがいいそうです)
ニンニク
パセリ
タイム
レモン汁
砂糖
塩コショウ
生クリーム

とシンプル(?)。

担当の授業があったので1度退室し、授業を終えて再度訪れたらもう出来上がっており、試食中。



生徒たち、思いっきり微妙な表情です。
聞かなくても表情で分かりましたが、聞いてみました。
「味はどう?」

「ダメです!」(はい、その意見は多いようですね)
「だ、大丈夫ですよ」(気を遣ってくれたね。ありがとう)


私も食してみました。

うん、私は好きな味です。
ビールやワインには絶妙に合うだろうなぁというのが正直な感想。

リンゴのスライスにクリームソースを絡めて口に運ぶと、
まずニンニクの芳醇な芳香が鼻をくすぐります。
と、すぐにパセリとタイムのパンチの効いた香りが。
リンゴという先入観を打ち破る柔らかなテクスチャーを噛みしめてみると、リンゴの柔らかな甘みと、リンゴジュースの強い甘い香りにおそわれます。
と思いきや、またニンニクとパセリのコラボレーション。

ということで、生徒たちにはあまりにも新しい味だったでしょう。
私は学生の頃、合計90日ほどイギリスでホームステイをした経験があるのに加え、『大人の味覚』になっているので好きな味でした。

さらに、イギリスの風景、イギリスの農業事情、食生活などなど、様々頭に浮かぶので、味に対する抵抗はありません。

生徒たちはまだ中2。
人生経験も少ないし、イギリスの事情が頭に浮かぶ生徒もいないでしょう。


そう、それがこの他文化理解の趣旨です。

日本で生まれ育った生徒たち。
「常識」と思っているものはあくまでも「『我がの』常識」。
それを基準に判断したり、発言したりするのは単なる
『我がまま』
だということに気付いてほしいなぁ。

一つ二つ視野を広げる機会になったかな?


2016年3月14日 (月)

中学卒業式を明日に控えて

3月14日(月)

中学卒業式の前日となりました。


中高一貫の学校ですが、

(小中高一貫でもありますが・・・
小中高一貫の『男子校』となると、日本で3校しかありません。
書くと長くなるので、今日はやめておきますが。)

中学卒業式は実施しています。


高校の卒業式でも書きましたが、先生たちにとってはこの日が一番大きな日。

普段
『ふいごで吹かれた石炭』のような先生も、(たとえが昭和初期?)
『釘を打てるぐらいに凍ったバナナ』のような先生も(これは昭和中期から後期ですね)
この日ばかりは湿っぽくなってしまいます。
(バナナで思い出しました。昔、
『Mr. Brown, Banana is sticking out of your ears. Mr. Brown?』
と、耳からバナナを突き出している人に注意するという英会話学校のコマーシャルがありましたね。
そんな耳からバナナ突き出している人でも湿っぽくなるのが卒業式です・・・
さすがにそんな先生はいませんね・・・)




卒業式を控え、設営作業や予行などを実施しました。

一方で、準備に1日かけるわけでもないので、授業をしたりと通常の日課の部分もあります。


そのひとつは『中学生徒集会』。
月1回、月曜日の朝に実施しています。




中学校には委員会活動というものがありますが、
その各委員会が今月から来月の目標を生徒たちに周知する場、それが『中学生徒集会』です。
●総務委員会
●生活委員会
●文化委員会
●美化委員会
●保体委員会
●生徒会執行部
これらは他校さんでもおなじみの委員会でしょうが、本校にはもう1つあります。

●宗教委員会

この委員会はミサやお祈りなど宗教的行事から人間形成の一端まで幅広く担っている委員会です。

今月は次年度の年間予定表を作るという目標のようですが、
今年度、ロザリオを作成したり、聖ホセマリア・エスクリバー神父や福者ドン・アルバロ神父についてお知らせするようなポスターや展示物を作ったりなどしていました。

これも私学ならではの本校の特色の一つですね。


さて、卒業に話を戻しますが、先週金曜日には
『精道感謝祭』なるものが行われました。
平たく言うと、『予餞会』。
もっとペチャンコに言うと『卒業生を送る会』。

楽しそうにしていたそうです。
おもしろかったようです。
盛り上がったようです。

・・・・・はい、私は教頭会で外勤でしたので見ていないのですよ。


学校の方のブログがあがるのを待っているのですがー。
是非精道感謝祭の様子を見たいなあー。
皆さんお待ちかねですよー。
私も待ってますよー。
あげてねー。


ブログ越しにプレッシャーを与えつつ、
今日は閉めたいと思います。

2016年3月 5日 (土)

中学校修学旅行 最終日 ②

無事予定より少し早くお台場に到着。
1時間強自由時間を取ることができました。





フジテレビ辺りを散策・見学する者、ダイバーシティのガンダムフロントに行く者、思い思いに過ごしたようです。

私はフジテレビの展望台に上がってきました。有料なので、生徒は来ないかな?と思いましたが、来ている生徒がいたのでびっくりしました。





めざましテレビのスタジオも公開しており、面白かったです。



もう一人の引率はガンダムフロントへ。お土産を手に満面の笑み。



ここでしか販売してないガンダムフロント(GFT)限定プラモデルです。
生徒の中にもプラモデルを購入した者がいました。
なかなか素晴らしいチョイス。


さて、予定通り空港に到着。

搭乗手続きも終え、あとは離陸の時間を待つだけです。



フライトもほぼ時間通りの予定です。