2015年10月21日 (水)

中学研修合宿1日目

さてさて、中学全学年が参加する研修合宿です。

今年は千々石の自然の家での研修。
毎年千々石と諫早交互にお世話になっています。

入所式の前に千々石海岸周辺でスケッチ大会をしました。
私は残念ながらそこには間に合わなかったのですが(写真がなくてすみません)、素晴らしい天候に恵まれ、良い大会になったようです。

毎年、学校に戻ってから審査し、賞を決めています。
楽しみですね!

入所式のあとは係会議。
これから2泊3日の自然の家での生活の約束事や役割分担を確認しました。



夕べの集いをはさんで夕食。

今夜はハンバーグ、魚のフライ、シュウマイ、
ハトシのようなもの、
牛丼の上にのせる感じのおかず、
(段々と表現が雑になってますね)
マカロニポテトサラダ、みかん、お吸い物、ごはん
と、なかなかバラエティーに富んでいました!

夕食のあとはプロジェクトアドベンチャーという活動です。これは、活動を通して、協調、協力、仲間意識などを培うプログラムですが、今回はアシッドリバー、ローエレクトリックフェンス、パイプラインという3つの活動を設定しました。



正攻法にたどり着く班もあれば、我々が思いもしなかったような手段でクリアしたりする班もあったりします。
大いに盛り上がりました!

現在20時過ぎ、この後は入浴して、就寝です。

テレビもゲームも漫画もない2泊3日、いい経験になるでしょう!

正攻法のブログでした!!


《追記》

「あっ、しまった!
この記事は前からあったSeido Boysブログの方に載せればよかった!」

と、少し後悔しながら帰途に着いたところ、自然の家を出て20秒ほど車で走り出したら、
突然目の前に飛び出すものが!!

外灯も街灯もない山道。
『人が飛び出すわけもなく、もしかしてゆう◯い?   ぬおおーっ!』
などと0コンマ数秒の間に頭に浮かんだ瞬間に認識しました。


イノシシいのしし! です。

安心してください。ひいてませんよ!


あと数メートルのところでひかずにすみました。
人生2度目の体験です。

残念ながら写真は撮らなかったのですが、(当たり前です。運転中ですから)
記事には載せたくなりました。


はい、
中学生たちはこのような『野趣溢れる』環境で研修してます!

2015年10月23日 (金)

中学生、研修合宿終了

中学生たちが研修合宿から帰ってきました。
給食を食べてから終わりの会をしているところに乗り込んでみました。

「研修合宿楽しかった?」  唐突に聞いてみたら
「楽しかったですー!」  と元気の良い返事が。

表情の写真を撮ろうかとカメラを構えると、

「えっ?なにをとるんですか?」「何で写真?」

とざわつくので、

「教頭ブログを書いているので、その写真をね」

「あー!」「あーね」「へーぇ」

などとおもいおもいの反応。

カメラを構えながら

「研修合宿楽しかった人?」

と尋ねたら

『しーん・・・・・・・・』

「えっ?楽しくなかったの?もう1回、研修合宿楽しかった人?」
Img_2138_2
こんな感じでパラパラと手が上がります。

びっくりして、カメラを下にさげて聞きなおしました。

「ええーーーっ!?マジで!さっきあんなに楽しかったって言ってたのに。みんな、楽しくなかったんやぁ」

「いえ、楽しかったですよ!」

「んっ?そうなん?えっ、じゃ、もう1回、楽しかった人?」

ばばーっと全員勢いよく手が上がり、生徒たちはにこにこ笑っています。

カメラを向けられると手までもが引っ込み思案になったのか、
それとも、
生徒たちにからかわれたのか。

いずれにしても、楽しかったというのは伝わってきました。


このあと、担任の先生から、
「では、みなさんにこれを差し上げます。何でしょう!そう、振り返りシートです。週末書いて月曜日に提出すること。」
と連絡がありました。

その時の表情がこちら。
Img_2140

「やっぱりーぃ。」「だよねー」

と、素直な反応。


週末、しっかり休んで、しっかり振り返りシートと課題・宿題を果たして、月曜日に会いましょう!

2015年10月25日 (日)

10/25 中学校オープンスクール

本日は中学校オープンスクールを開催しました。

先生たちがオープンスクールに携わるだけでなく、本校生徒たちも未来のSeido Boys たちを歓迎しようと精一杯おもてなしをしました。
まずは受付。
「おはようございます!どうぞこちらへ。」
『知的で爽やかでかっこいい』Seido Boys 本領発揮です。
(オープンスクールの統括と『今日は記録係を設定しており、写真撮影は完璧』という思いがあり、私は写真を撮りそびれてしまいました。すみません。)
続いて授業体験・部活動体験。
本日はソフトテニス、総合科学、ディベートへの参加者がいました。
ここでもSeido Boys がおもてなし。
Img_2154

Img_2155

Img_2156
授業は英語の授業体験です。小学校の英語体験活動とはひと味違う中学校の授業を体験してもらいました。
Img_2157

そして説明会。
まずは中学校生徒会執行部の2人が挨拶。
精道三川台小学校出身の生徒と他の小学校出身の生徒が入学してからの感想などを述べました。
「入学してから友達ができるか心配でしたが、まずは3人くらいと仲良くなり、今ではクラス全員と仲良くなれて非常によかったです。」
説明会が始まって5分、司会の先生から参加者にお知らせです。
「ここで生徒たちは退室し、食事の準備をします。」
そして、続けて私が立って発言。
「すみません、私もここで食事の準備のために退室いたします。」
ヒヤヒヤしながら伝えたところ、
笑いが起きたので『当初の目標』は達成
(笑いが起きなかったらどうしようかと思いました。)
さあ、食事の準備。
ご飯セクション。ここは全く持って問題なし。
だって、炊飯器でもう炊きあがってますから。
続いてカレーセクション。水の量とスープ、カレールーの絶妙のバランスが大事ですが、カレー担当はコツをつかんだようで、GOOD。ご飯時の配膳を手伝う生徒たちも昼食をかねて味見を終えており、問題なし!
そしてそして、バーベキューセクション。
炭をおこしてお肉を焼くだけなので問題なし!
と思っていましたが、バーベキューセクションに行ってみると、
すぐに
「先生、問題が・・・」
『えっ?何が?』
確かに問題発生。大きなバーベキュー台を使用していたので、炭をかさ上げするために置いていた網が熱のために柔らかくなり、炭の重みで折れ曲がり、炭から焼く網までの距離が遠くなっているではありませんか!
はい、でも、ご安心を。そこはとっさのひらめきと対応力で無事解決!
(そんな大げさなことではないんですがね・・・)
各セクションを確認し、説明会会場に戻ります。
小学生たちは一足早く食事会場に案内し、飲み物でのどを潤わしてもらう一方、保護者の皆様は小グループに分かれていただき、ざっくばらんな質疑応答。
やはり、保護者の皆様と同じテーブルに座って6〜8人の小グループだと質問が出やすいです。無事に様々な疑問やご質問に答えることができたと思います。
そして、昼食。本校生もしっかり役割を果たしています。
Dsc_2149
そして、バーベキューですが、実はワニカンガルーの肉を焼いています。
『なぜ????』
と聞かれますが、本校はオーストラリアにある姉妹校にホームステイ研修に行っています。そのオーストラリアではスーパーに普通にカンガルーやワニの肉が販売されています。
私も今年、引率で行ってきましたが、ワニもカンガルーも堪能してきました。
というわけで、ワニ肉。
その中でも美味なのがよく動く筋肉がたっぷりある『手』。
見た目はなかなかのものですが、味は素晴らしい!
近影写真は控えさせていただき、その『ワニの手』を焼く周りに集まっている小学生たちの姿をどうぞ。
Dsc_2144
参加していただいた小学生、保護者の皆様に楽しんでいただけたようでよかったです。ご参加ありがとうございました!。
また、おもてなしをしていた『知的で爽やかでかっこいい』本校生徒たちも楽しんでいたようで、なおさらよかったです。おつかれさまでした!!

2015年11月25日 (水)

高円宮杯 全日本中学生英語弁論大会

今日は東京に来てます。

本校中学生が高円宮杯英語弁論大会で長崎県大会入賞を果たし、東京で行われる中央大会に出場です。




東京は急に気温が低くなり、あいにくの雨模様ですが、生徒の体調は良さそう。
全力を出し切ってくれることを期待!


本人は飄々としてますが、朝からの練習では4分50秒のスピーチが4分35秒に。
少し緊張してるのかな?



この後1600頃に出番です!
平常心で力を出しきれ!


……………………

そして、結果が出ました。
南部日本ブロック40人の中から7人だけが決勝に進める厳しい大会。本校生徒は残念ながら全国決勝には進めませんでした。

しかし、大変堂々としたスピーチで、力は発揮できたのではないでしょうか。

スマートフォンについての意見や、自分のあだ名の由来、母親に対する愛情、自身の虐められた体験談など、様々な主張、そして、弁論の技術を見ることができ、

本校生徒も

「物凄く勉強になる。高校で次の弁論大会にチャレンジするときには参考にしたい」

と、早くもやる気を漲らせてました。



しかし、何故でしょう?
スピーチしている生徒たちを見ると、全然中学生には見えません。
(あっ、中には見るからに中学生やね!っていう人ももちろんいますよ。しかし、多くの人は弁論している姿が高校生か、中には大学生?って思う生徒も!)

あれだけ意見を英語で流暢に発言できたら、かなりグローバルに活躍できますね!

2016年3月 1日 (火)

中学校修学旅行 1日目 ①

朝7時50分、
無事に集合完了。


修学旅行のスタートにはいきなりの関所が2つ。
そう、
預ける荷物の検査と保安検査。

ここで入れてはいけないものを入れてたり、ピーピー鳴ったりして手間を取るのですが、今回は『ほぼ』つつがなく通ることができました。

カイロや蒸気が出るアイマスクなどもピーピー鳴るので注意が必要です。
(はい、経験済みです。前に、生徒に散々注意を与えて通した後、私が通ったらビーッビーッビーッと、普段聞かない、警戒度の高そうな警告音が・・・警告音、何段階かあるんですかね?
リラックスのためのアイマスクのはずが、逆に緊張をもたらしました・・・)




出発式を終え、保護者の皆さまと旅行者のご担当様に見送られて保安検査場へ。

保安検査場を抜けると、もう搭乗の時間。

スムーズに搭乗できるよう、2列に整列。
座席がA~Eが向かって右側に、
F~Kが向かって左側に、数字の大きい者順に並びます。
こうすると機内での渋滞を緩和することができますよね。
生徒たちは意図・意味を分かって並んだのかなぁ?


本日の機材はこれ。777-200

飛行機に初めて搭乗する生徒はあまりいないのでしょうか。
離陸の際もそれほど大きな歓声が上がることがなかったです。



ワーワーと騒ぐこともなく、他のお客様の迷惑になることもなかったのでGOOD!





でも、日本一の富士山には興奮。




予定通り羽田に到着。
東京は快晴!
いい浅草研修になりそうです。

ただ、新潟は吹雪いているようなので、時間通り着けるかどうか。
無駄を省いた動きが必要ですね。

中学校修学旅行 1日目 ②

空港からピッタリ予定通り浅草に到着。
事前に予約しておいた観光センターの多目的ホールで急いで昼食。





しかし、予約しておいてよかった!
ここまで気温が低いのは予想外ですが、万が一雨天の場合を想定して予約してました。

それでも、各班15分ほどで食べ終わり、早々に散策に向かいました。





中2男子、歴史的建造物よりも食への関心が強いようです。
社会の先生にはこのようなプリントも作っていただき、事前学習をして臨んでいるのですが・・・





浅草で何をしたかと聞くと、食べた話かお土産の話ばかり。
中にはもう既にお土産を袋一杯に買った強者も。

さて、浅草散策を終え、バスで妙高へ向かいます。

約4時間の行程。
途中で各班分担のバスレク(レクリエーション)をします。





1つはなぞなぞ大会。
もう1つはサビ曲当てクイズ。
商品があったり、青汁を飲むバツゲームがあったりで工夫を凝らしてます。
思った以上に盛り上がってました。

窓の外の風景に目をやることをなく、盛り上がってます。



中学校修学旅行 1日目 ③

レクが終わり、妙高に着く直前に
「うわっ!雪!」
と驚いてました。




予定より早く着き、入所式のあと18時から早速夕食。ここはバイキングなので皆お腹いっぱい食べてました。
職員の方にも『腹八分』って言われてたんですけどねー。



食事の後は早めのお風呂。

風呂時間は1時間用意していましたが、半分で切り上げ、後日行われる中3を送る精道感謝祭の出し物の練習に当ててました。
時間を工面して練習に当てるのは素晴らしい!





そのあとはプレイホールでレクリエーション。
「バハバンデーラ」という競技。
9~10人1チームで対戦。
ドッジボールのようなコートで自分の陣地から相手の陣地の後ろに相手にタッチされることなくたどり着き、フープを持ってまた相手にタッチされることなく陣地に戻るとポイントになるというものです。





汗だくになってやってます。
お風呂入った後なんですが・・・。

そのあとは講話。
今日はスキー用具の扱い方など。
(意外と?)真剣な面持ちで聞いてます。眠くなるかなぁって思ったのですが・・・





消灯後1時間。
まだ数名コソコソ喋っています。
ドアの前に椅子を置いて座ってようかなぁ・・・。


2016年3月 2日 (水)

中学校修学旅行 2日目 ②

出来上がったのがこちら。

作品名『池田邸』



作品名『オラフ』



作品名『ラビットたかしの家』



作品名『タワー』



作品名『洞穴の雪だるま』



作品名『トトロ』



作品名『ストーンヘンジ』



作品名『三角屋根の家』




投票の結果、最優秀賞は『タワー』となりました!

昼食のあとはクロスカントリースキー。
初めてのスキーに四苦八苦16苦。
かく言う私も四苦八苦。



アルペンスキーとは全く違いますねー。
しかし、雪の上を滑走する楽しさは十分体感できた様子。
明日のアルペンスキーが楽しみです。

夕食を終え、入浴も済ませてまたレクリエーション。
昼間のカミナリの時、レクリエーションの『没収』も考えたのですが、様々鑑みてレクリエーションさせた方がベターと判断。
今に至ります。
ソフトベースボールを満喫中。

さて、この後はスキーの滑り方のDVDを少し観てから1日の反省。

今夜は早く寝てくれるかな?

『カミナリ級』が続けば2日目のスキー、なくなるぞー!

2016年3月 3日 (木)

中学校修学旅行 3日目 ①

修学旅行3日目

今日はメインのアルペンスキー。

朝から天気に恵まれ、素晴らしい天気。
逆に日焼けと『雪目』が心配なくらいです。





昨日のクロスカントリースキーと比べ、断然上達が早い。
エッジが効くのと板が短いので扱いやすそう。

早くも午前中に方向転換も会得してリフトに乗るグループが。





この妙高スキーパークという初心者コース1本しかないスキー場ですが、管理棟はものすごく立派。
レストランも大きく、修学旅行にはもってこい。




さらにはお客さんが少ない!
たまたまかもしれませんが、今日は本校グレープと地元?のスノーボーダー1人という貸切状態。



それに、ソフトバンクでも4Gがしっかりと入る。
国立妙高青少年自然の家では3Gがやっと2本という状況。ほぼ圏外で、電波を追いかけて投稿してます。

15分ほどで今日の昼食、牛丼を食べ終えた生徒たち。



昼のレッスン再開まで40分も50分もあるのに、待ちきれず雪の中へ。

満喫してます。

インストラクター方も気を利かせていただいて早めに出てきてくれました。午後の部再開です。


さて、私も行ってきます。
先ほどは写真を撮ろうとしてレッスンの邪魔をしてしまったので、邪魔をしないように気をつけないと!

中学校修学旅行 2日目 ①

修学旅行2日目

本格的に雪中活動。
まずはそりとチュービング。
初めは恐る恐るでしたが、次第に大胆に。ワーワーキャーキャー楽しみました。


あっ、これは引率教員です。
先陣切ってます!





ただ、あまりの雪景色に、溢れるパッションが抑えられないのか、指示やマナーを守れなかったり、勝手な行動したりでカミナリを落とされる始末に。

あっ、引率教員がじゃないですよ・・・

しかし、シュンとしたのも束の間、またキャーキャーギャハギャハ楽しんでました。



続いて雪像作成。
事前の計画と、実際の雪像作成の難しさに四苦八苦。





ようやく出来上がりました。わずか45分では妥当なライン?