« オーストラリア研修 2日目① | トップページ | オーストラリア研修 3日目① »

2019年8月 6日 (火)

オーストラリア研修 2日目②

ハーバーブリッジから降りてすぐのところのレストランへ。

A7337ffdb1f8475c8d77d930e62efd9b

この数年の間にいろいろ歩き回って見つけたところ。

このあたりはThe Rocks というところで、いわゆる旧市街地。オフィスや銀行が多くあった場所ですが、今はほとんど新オフィス街に移転、ここはショップやレストランが並ぶ観光地となっています。

シドニーは物価が高いですが、その中でもこのあたりは観光中心地。

ランチが$25〜30、日本円で2000円以上。

年々少しずつリニューアルされてますが、まだランチスペシャルはあるようです。

①サラダ   ②ハンバーガー  ③フィッシュ&チップス  ④リブステーキ  ⑤フィッシュタコス   ⑥チキンカツ

からのチョイス。

0115ea8bc7be48e899254e818bdc24d8274bdbe3dac845648014d4bea7d1cc36B5fb8b7898254119af7ef17ae6c734caA9808ec1fc2e4f61a732104a85e4988d

思い思いにシドニーファーストミールを堪能しました。

しかし、ステーキが5年前の「パンチ力」がなくなってきましたねー。ここにも物価上昇の影響が出てきたのでしょうか。

今年、新たなところを開拓すべく、また歩き回ろうかなぁ……


昼食を終え、そのまま歩いて下ると海沿いに小さな公園があります。

47afe6f670b549ed9157d0440ba26ab1

そこでチャーターバスと待ち合わせ。

その間に集合写真。

ここは朝到着したMrs.Maquarry's Pointからオペラハウスを挟んでちょうど反対のところ。


そして、バスに乗ってワンの反対側へ。

昼の2時くらい。太陽も後ろから差し、そらも美しく、きれいな写真が撮れました!


同僚の引率の先生に伝えたのですが、本日の行程はほぼ完璧な行程。

というのも、シドニーのアイコンであるオペラハウスを360度の角度、プラスハーバーブリッジの上から望む。

さらに、それを逆行にならない角度で集合写真が撮れるような時間に合わせて巡る。

……はい、自画自賛です。すみません💦……

誰も気付いてくれないので、それもこの5年間ずっと…自ら公表しちゃいました……

D29e171d91d14d48a9ff1d40e46a9796F046aeee1d464575b5158b3048700323


30分程度爆睡のバスの時間を過ごしたあと、学校到着です。

それぞれホストファミリーとご対面。

緊張しながらも和やかにそれぞれの家庭に帰って行きました。

39f1f74c2cb3405ba0cacf8895a1fbebB90664382f45452da72ad02e7f9bfa82F589a1ea138347aeadc4d1428a9da5837e982c39c1c84aecb77342522d317adbC82a4b2d677e43caaf571c410fb3b955D8d2f6d5c29442629b201fbc9431b8925008f0382ecd48a4b7b7b35870f60f5f6df44bf8d30b4f92aacfa6e5c182ad3a179ebe5cf1304a39994e41225e1ffeceA0bc2eb47f8e4dc6a427aba737ad02c1E50bdb0250e54ca2be2f66a49e9cf10c25ffb3e508f444eb81bc4cc7acac4733


私もホームステイ先へ。

この5年連続同じご家庭が引き受けてくれています。まさに、「シドニーの我が家」とも呼べそうな感じになってきました。

一方で、だんだん難しくなってきたことが……

それは、お土産です。だんだんネタがなくなってきました。

今年は熟考の末、和風手縫いコースターに加えて、これに。

2deabe61051340aca2916b283919c872

はい、ラップです。

もちろん当たり前ながら、オーストラリアにもラップはあります。何が違うかといえば、「切り取りやすさ」。

こっちのラップは切り口がほとんど水平の昔ながらのもの。しかし、このメーカーのはご存知の通り、カッターが山型になっており、クルッと手首を返すだけで切れます。

やり方を伝えると、家族みんなで大盛り上がりでした。


明日は1日学校での交流・授業参加の日です。

« オーストラリア研修 2日目① | トップページ | オーストラリア研修 3日目① »