« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月25日 (日)

高校ソフトテニス 島原大会②

5回戦、

立野・岩屋ペアは鹿町工業ペアとの対戦。

しぶとさを発揮!見事勝利し、ベスト16。

6回戦に挑みます。


清水・鶴田ペアは島原高校ペアとの対戦。

こちらはリードしますが、相手の粘りが。

粘る相手を力で抑えたい気持ちが生まれるでしょうが、粘る相手に粘りで返す本校ペア。

何本デュースになったか分かりません。粘りに粘って、突き放し、勝利!ベスト16!



立野・岩屋ペア6回戦の相手は長崎工業ペア。

第1ゲーム順調に取りました。

第2ゲームは相手の流れ。取られました。

第3ゲーム、粘る相手を振り切り奪取。


と、隣のコートで清水・鶴田ペアの試合が始まりそう。身体が2つ欲しい……

鹿町工業ペアとの対戦。


立野・岩屋ペアに戻ります。

第4ゲーム、流れをつかみ、取ります。

第5ゲーム、せっかく流れが来たと思いきや、ミスが…しかし、相手もミス。デュースまでもつれ込みますが、なんとか突き放し、勝利!

ベスト8!


清水・鶴田ペア

相手強い!

続けて2ゲーム取られてしまいました。

しかし、清水・鶴田もそう易々とは相手にペースを握らせません。第3ゲームは粘り、奪取!ゲームカウント1-2。

第4ゲーム、なおも相手の勢いが強い。取られます。1-3

あとがなくなった第5ゲーム、相手のミスと本校ペアの気持ちのこもったプレーで3つ取りますが、逆に相手に粘られデュース。そのまま押し切られてしまいました。残念!


その間に立野・岩屋ペアの準々決勝が始まりました。対島原高校ペア

共に1ゲームずつ取り、1-1からの観戦。

ここまでくるともうどこも強い。どちらが勝ってもおかしくない拮抗した試合。

相手に押されて第3ゲームは取られますが、

第4ゲームは粘りで奪取。2-2とイーブンに。

第5ゲーム、相手が連続ポイントしますが、本校ペアも途中から勢いが出始め、奪取!3-2

第6ゲーム、もう流れは行ったり来たり。このゲームは相手の勢いが増し、取られ、3-3。

さぁ、ラスト第7ゲーム。ここでは7ポイント先取で勝利となります。

まず、相手ボールがネットにかかり、1ポイント先取。

次は相手のボレーが決まり、1-1。

相手のストレートに返した球に追いつけず1-2

相手のボレーが、チップとなり、2-2

相手のボレーが決まり、2-3

相手のボレーを押し切る力強い球、3-3

味方の球がネットにかかり3-4

こちらの球に相手追いつけず4-4

相手の球が素晴らしいコースに飛び、4-5

もうひとつ相手の素晴らしいコース、4-6

そして、こちらの渾身のショット。相手はラケットにかろうじて当て、弱々しい球が返ってきました。懸命に前に出て取ろうとしますが、追いつけず、4-7。敗退してしまいました。

うーん、残念!ベスト4ならず。悔しい!

………

おつかれさまでした!


と、帰ろうとしたところ、本校生徒たちが会場周辺をビニール袋を持って歩いている姿を目撃。ゴミ拾いをしているではないですか。

素晴らしい!

敗退後、立つ鳥跡を濁さずどころか、より綺麗にして帰る。素晴らしいの一言に尽きます。

本当におつかれさまでした!

高校ソフトテニス 島原大会

来年の高総体まで続くポイントを取得するために大事な大会、島原大会が行われてますので、応援に来ました。

昨日3回戦までする予定が、雨天で2回戦はまでで、本日3回戦から行われてます。

島原市営総合グラウンドと、百花台競技場に分かれて試合が行われるので、監督も保護者も大変です。


私は市営の方に。

2ペア3回戦突破に喜んだのも束の間、

1ペア3回戦敗退になりました。残念!

でも、相手は高総体優勝チームのペア、健闘しました!


そして、もう1ペア、

ペアの片方は2週間オーストラリア研修に行っており、練習のブランクがあったので心配しておりましたが、勝っているのでホッとしています。

1ゲーム取られてから2ゲーム取り返し、よし、いい流れ!このまま行くぞ!

というタイミングで強い降雨……

しばらく待機となってしまいました。

56ad1d3688b94b15a10c58372aa0b7f72cb4c6251a8d4eab9c0bd74db3b53926

気持ちを切らさず、身体を冷やさず、ガンバレ!


そして、小降りになったところで手分けして水抜き。ソフトテニスにとって雨は厄介ですね。

46b57cb13edc4a5bb6928232fcbc1625

そして、再開。

ゲームカウント2-1からの再開。

やはり、身体が冷えたのか、動きが固い。

しかし、それは相手も同じでした。ミスが重なり、共に1ゲームずつ取り、3-2。

ここで抜けたのは本校ペアでした。

最後はストレートで取り、勝利。

3回戦突破。

しばらくしてから4回戦が始まります。

4回戦突破したらベスト32です。

2019年8月18日 (日)

オーストラリア研修 15日目最終日

チャンギ空港01:20発。さすがに疲れが出てきました。

07188cd803ce4a45aecc9e22d5098cf6

搭乗後すぐにみんな眠りに落ちました。

朝ごはんです。写真の鶏肉の酢煮とチキンオムレツのチョイス。隣の先生も酢煮を選んだのですが、私も酢煮が食べたくて、オムレツの写真はありません。すみません。

日本時間朝6時の朝食。あえて頼まない生徒もいました。まぁ、自分の主張・自己管理ができるのは良いことです。

Ff6119aed56a4d45b2f7f4896a1e5c2f


福岡空港到着。今日のBoeing787-10。

各地曇りなのでしょうか。台湾上空など陸地の上空を通過する時、揺れました。

7f1226094081472989fc29b3f46ca74d91add10b96e34944b3d646f2c1afbf85F5ce46d6b9b44faf97e5f0d4ef5b8153


入国審査もすんなり通り、税関も特に申告するものはありません。申告しないといけないようなものは極力買わないようにと伝えました。


このあと、予定通りのバスに乗車し、長崎に帰ります。

と、児童の1人が、「なんか、日本語や漢字の表示が違和感ありますね」と言うではないですか!へーぇ!すごいねー!

2019年8月17日 (土)

オーストラリア研修 14日目①

いいよいよ帰るときがやってまいりました。

と言いながら、実はもうシンガポールでトランジット中です。


帰りも波乱万丈。

行きの出国では、パスポートを出国のカメラのところに置き忘れる子がいたのですが(しかも1人ではないです……)、帰りの出国では財布をX線検査のところに忘れる子が……

行きのことがあったので、「パスポート持ってる?大丈夫?」と声をかけたら、「大丈夫でーす!」との声。そしたら、財布を忘れていたようです。しかも、2つ、$100……

ギリギリ登場前に判明し、なんとか受け取ることができました。…よかったぁ…


シドニー空港ーチャンギ空港間は2食でます。まずはビーフ・ライスとチキン・パスタのチョイス。チョコアイスも出ました。

1bc801d5b937488893d56525f3c8fcaaE6947ebb86264e849310626678f00c847e11e626fde2472a81cd092c8943d847

2食目は到着間近。チキンパイとベジタブルパイのチョイス。見た目変わらないので、1つしか写真撮りませんでした。

23aee9b6dda240cb9b860de47a567270

お世話になったairbus380。行きは最新鋭でしたが、帰りは少し古いA380。でも、快適です。

6f9204c5d5ef4facacc944c9d1f7c0c33fd4970eac274a19b5af46b7cec79d2d


チャンギ空港の室内滝、空港職員が行きに話しした時に、ぜひ夜の滝も見たほうがいいと言っていたので、行ってみました。あの巨大な滝が、ライトアップ。

1241e89ba2ab479fba289a8baa0da51aCc50fdcc936541b08a4d7ef19f779bef

9e403dc1d47e4aedac79560f1a423012

美しかったです。

あと少し時間を費やし、乗り込みます!


2019年8月16日 (金)

オーストラリア研修 13日目②

発表後は終了証書とプレゼントをいただきました。2週間とはいえ、現地の授業にも参加し、経験を積みました

校長先生と記念撮影。

なぜそっち向く⁉️

1b2a86ce325e476cb88f3117efabac3e

今度はバッチリと思いきや、せんせー‼️

5a302597ab1440fda1d59bffee0a51c4

今度こそ!

924091c3219246eda65484f2343a9b07

この子は目をつむり率激高です。今回も…

118fdcaf24ae4af9b66d0c4bbeea76ed

後ろの先生は諦めることに……

Afa19344f7fc4379998d43be840221d7Bdf6f8681e8b4b2abb6c7dd1b02e17c5

校長先生疲れてきた?

F23efc3353da442da2f11a57b4a8585b

5週間コースの子は終了証書は後日、帰る前に。プレゼントのみいただきました。

49b3325abffa499580bd317d27f46295439bad7b2f3c4c1d847a1fdf77f7ce57

われわれ教員も。

7d0e5e7315624f1ebfe0f4ce62b6c28c

トリを飾る本校教員…なぜそっち向く〜っ‼️

992a0774b8974d5c84121af739698b83

実際のトリは私でしたが、私の写真を私が撮るわけにいかず……

パーマンのコピーロボット欲しいなぁ……


終了後はホストブラザーと一緒にバーベキュー。待ちの間、けん玉で盛り上がるRedfield校の生徒たちと、本校生徒たち。

8d98e35917c14520b0281c135374eb1eA526c86e70d14637b3af587b753369f4


さて、明日はいよいよ帰国へと向かいます。

またまたAirbus380、Boeing787に乗ります!


オーストラリア研修 13日目①

pRedfield校での最終日。終日学校ですが、お昼ご飯前にプレゼンテーションです。


Redfieldの中学3年生と、ウルグアイからの生徒も集まってくれました。


まずは小学生が漢字の中の象形文字の紹介。

12d93911e8904675b18714f0ce0769400f6bb7006c7744b1908effd0d19d9e2246ba49df36184d78bd9d4489807d7dd0

クイズ形式で聴衆とやりとりしながらの発表。会場の反応も良く、小学生にとって良い経験となったのではないでしょうか。


続いて中高生が2つのグループに分かれ、日本紹介と長崎の文化紹介をしました。

54882d36606a4410b0537b08a974baee269b7ecb957e4db1805a72f79709365cBd06565e9f7e41c787b6fbd43a6e7cd3931a8d67ed7d45abbbe4e9dc6d98e5fe65d967b38b1041ccaabce33a23d61436278b02d111684b748b93bf2bdf784f1a237819e81ff741c69bec282199b0b817

こちらも同じように双方向式の発表。

「気を付け!礼!、これから僕たちは〜の発表をします。よろしくお願いします!」

というような日本従来の形式ではない発表の仕方を経験。グローバルスタンダードに一歩近づいたでしょうか。

2019年8月15日 (木)

オーストラリア研修 12日目②

本当に素晴らしいお天気。

60bee2fdabdb40578d0047298c164a8e

ビーチ側から撮ってみました。これを「抜けるような青空」というのでしょう。

お昼ご飯はそれぞれ好きなところで食べました。と言っても、ほとんどの子は「Hungry Jacks」に行っていたようですが……

0b23aab0b678426ca95c49bc2990fbd2

これが「Hungry Jacks」の看板。見覚えありませんか?

はい、Burger Kingです。オーストラリアに入り、名前が変わりました。英国と強い繋がりがあるのオーストラリア、Kingという表現を避けたかったという説があります。


私はこの青空のもと、ベランダで食べられるお店を選択。写真では区別できませんが、カンガルーバーガーをいただきました、脂身が少なく、濃厚な味のお肉です。

096ba0a3c44647aebd3eb0f6f26e4888

さて、子供たちは海を見ながらソワソワ。

「海まで行ったらダメですか?」と、律儀に聞いてくる子供たち。

「Why not?」と答えると、最初は恐る恐る波際に近寄っていきます。

A70e3f529bcb482788097f3a6aaf5d2cCf82a4442a2c401ab28c030673522b30

そして、だんだんと弾けていきました。

D738e7f4db414d7482bd8992ade207b9B0310e6baca949a79e3d56d52b4f3f89

見てください、この青空と透明な海。また、波が引いた後の鏡のような砂浜。明後日ここを発つのが信じられません、と言うか、信じたくありません……

36f730c879be4989882f67bd160371f0

そう、明後日発つので、ここで存分にお土産などの買い物もしました。閉店間近セールのお店があったらしく、たくさん買っていました。

この子はコアラの人形を2体。これだけ買ったんだよーと教えてくれて、愛おしそうにコアラ2体を眺めていました。

6216b7204633416181424ec38d7833f1


ところで、学校に戻った後、こちらの「スタディセンター」ナイラナに連れて行ってもらいました。長崎の文教スタディセンターと同じコンセプトの施設です。ただ、その施設は本当に嫉妬もの。素敵な施設でした。

羨ましい!

はい、宝くじを当てるしかないですね!そういえば、今日はジャンボの発表の日でしたね……

A91d436a6d2c4e6aa7bbc3bbfd390d26Af23b3b3a4c644198f3ce281c61eaf13463f9ac713e9498984d6c1fd1863249a1e6b7b00fc684de39ceb5ad98790508dC64a7e5595c4436c985fb92867cea0caB4f7993396964e3cb812fe466cc65fc21700fbc26241449d8ee0da2656bf059f85704bbf275842dda894355832892efd7f791722911247cfa0c7fedb5ec25abb

明日は終日学校。

日本・長崎の発表と、別れを惜しむバーベキューがあります。


もう1つ。

今夜は満月のようですが、夜空を見上げて見ました。日本では見られない南十字星。

7277aea3b7a742d3a401ccbddfae865e79829b907cfc401f9f3d7fd7d565f580


オーストラリア研修 12日目①

今日は終戦の日、そして、お盆。

京都では五山の送り火で送ります。送り火自体は16日ですが。長年見てないなぁ。長崎の精霊流しは15日ですね。京都はなんで16日なんでしょう?

さらに、聖母マリアの被昇天の日。

両国にとってそれぞれとても大切な日です。

学校では盛大なミサが行われます。

Redfield校では今週、新しいお御堂が完成し、お披露目が行われたようです。なんとか今日に間に合わせるように工事を急いだ模様。

6e9a3c2d69c84e87977b2cc0015e14e934840925abc642e0b7bc4b9a9a0a21ab


そんな最中、我々はマンリービーチへ。

ここはボンダイビーチに次いで有名なビーチ。観光地ではありますが、ボンダイビーチに比べ、ゆったりとした高級リゾート地という感じです。


マンリーへはフェリーで行くのが定番ですが、この間フェリーを経験したので、バスでそのままマンリーへ。でも、その代わりと言ってはなんですが、マンリービーチの近くのノースヘッドという岬に行きました。

B646e208b292445cae250b078a204f42

C1cd001c2c414a439412dcf513b78507Bb5f152ec7c941b698191e8614c8f719

ここはシドニー湾に入る1番狭くなるところ。湾に入る船の監視場として使われていたようです。

8月9月はクジラのジャンプが見られる時期ですが、見回してみたけど、クジラは見当たらなかったです。


ノースヘッドから降り、マンリービーチの隣にあるシェリービーチへ。このビーチはものすごく透明度の高いビーチです。

冬の現在でも泳いでいる人が複数。気持ち良さそうです。

黄昏れる子供たち。はい、黄昏ますよ。気持ちものすごく分かります…

Aa61dd44a190478ea141b73188171403


シェリービーチから10分ほど歩いてマンリービーチ。ここで昼ごはんも含めてフリータイム。ビーチに美味しいご飯、そして、ショッピングを堪能です。

2019年8月14日 (水)

オーストラリア研修 11日目①

本日は終日学校。


生徒たちももう本当に慣れたもので、私が乗るスクールバスが到着する前にもうそれぞれの教室の方に行っています。

中休み、今日は小学生たちの方をのぞいてみました。

すぐに見つけ出せないくらい溶け込んでいます。

Bc4cd621d2b94aceaedd01d4866fb77a1fd8a69a92ea46b7a45d31e8c7e4f0b649e84aac661d402f9022a8f6af192411


授業について聞いても、だいたい返答は1つ。

「いや、普通に……」

みな、示し合わせたかのように同じような回答。「普通に」こちらの授業が受けられるってすごいなぁ‼️


昼ごはん、例によって様々。

A5896e46655a4a3fa6ff4b1988aa77d85dccae218c4c40799264976310aa348aBdb18057049a495fa4af019ad0655e993fbf73dad0a4460ebd098181308ef8df

おにぎりの子も。

Ac752b4c05ca41ba845ea5353e69d00c

21adb3930fa3434f8ecbd735c3af3996

数人で固まって食べる子たちもいれば、Redfield校の子と一緒にいて、全然こちらに来ない子、そして、ふと黄昏れる子も……

Df135ede283b4727ae483d496b1c40ce

この陽差し、この芝生、気持ちは分かります。

この子は芝生に座っていませんが……


そして、例によって「ゴロゴロ」する子……

「よし‼️ゴロゴロしよっ‼️」と言って、ゴロゴロ始めました……

7a1f734b5e3b4de2b9c1fe92db51af3a



ふと木の上を見てみると、オーストラリア特有のインコ、Rainbow Lorikeets、和名はゴシキセイガイインコ(五色青海鸚哥)がいました。例年つがいでいましたが、今年は今日ようやくみることが……。

91d07d3d99434d23b0f6e2be026629ae1d903b9b507742bcba0065022e203164

と思いきや、実はもうひとつがい。

色鮮やか!


発表の時間が決定しました。

金曜日の昼食直前の時間。9年生に加えてウルグアイからの生徒も参観するようです。

準備、しっかりとね‼️

Cd576fbbd46e47c286753237904317943062fe19a0324008b8cdef00a749dbde

2019年8月13日 (火)

オーストラリア研修 10日目②

さて、スリーシスターズの伝説です。

スリー・シスターズはマイナー(Meehni)、ウィムラー(Wimlah)、ガナドゥ(Gunnedoo)という美しい3姉妹です。


バリエーションその①

3姉妹は種族の違う3兄弟に恋をしていましたが、種族の掟でその他の種族との結婚は禁じられていました。3兄弟は3姉妹を村から無理やり連れ出そうとし、争いが起きた為、長老は3姉妹を守ろうとして岩に変えてしまったのです。長老は争いが終われば、3姉妹を元の人間の姿に戻そうと思っていましたが、みずから命を絶ってしまいました。3姉妹は元の美しい人の姿に戻ることなく、争いの名ごりとして岩のまま残されました。

切ないです……いつの世も、どこの世界でも、争いごとが絶えません……


バリエーションその②

昔このブルーマウンテンにはアボリジニーの美しい3姉妹と祈祷師のお父さんが平和に暮らしていました。ある日、食べ物を探しに山に出かけた3姉妹とお父さんは、穴ぐらで寝ていた魔王を起してしまったのです。起されことに腹を立てた魔王は3姉妹に襲いかかってきました。

お父さんは娘たちを守るために魔法の杖を使って3姉妹を岩に変え、自分はコトドリに変身しその場から逃げました。

しかーし、コトドリに変身したお父さんは、魔法の杖を谷底に落としてしまったのです・・・。

なので、3姉妹とお父さんは人間の姿に戻る事ができなかったと言われ、コトドリのお父さんは未だに魔法の杖を探し続けているそうです。


……切ない、切なすぎます……

そして、その3姉妹とお父さんのブロンズ像が次に訪問したシーニックワールドにあります。なぜだか、その像では全員裸なので、自粛モードで、お父さんだけ載せましょう。3姉妹の像を見たい人は自分で訪問してみてください……

B193ee9f010f4e40baaf5bc6162864a0

お父さ〜ん‼️

……なんか、杖を落として見つからないという鈍臭さがものすごく表現されていると感じるのは私だけでしょうか……

……実は、3姉妹の像も秀逸です……切なさよりも滑稽さが表現されていると感じます……


さて、シーニックワールドです。

ここには3種類の乗り物があります。

トロッコ列車のようなもので、計画の下まで登り降りできるRailway。

C16da1e7e3194b719f23710110245b8c3cae456fcc8e4b4997000e08f616896b

断崖絶壁のあちらとこちらを繋ぐロープウェイSkyway。

154701b5cb244f48a3e2641be5066914

渓谷の下と上を繋ぐゴンドラCableway。

C97055df600a4933afedd86748087cf6

どこでも、3というのは1つの基準のようですね。

バビル2世のロプロス、ポセイドン、ロデム…

3体の合体方法で特徴が変わるゲッターロボ…

……すみません、古すぎますね……


まずはSKYWAYで渓谷を横切ります。下に行ってからでは寒すぎると思ったので、太陽の下、ここで昼食。

Ec81e69d69fc4e6fa0b35c9046749bc1

そして、Railwayで下に。

実を言うと、もう1つ、主人公バビル2世が

その名もWalkway。そのままです。

Abf6c260c0cf49b6b03730597dd24b84

生えている木をなるべく切らないように通路が作られています。

そして、当初食事するはずだったログ。

8d50e2fb4e0348e6b484a251c25961e8

……寒すぎます。よかった、上で食べてて…


すっかり観光施設と化していますが、半日訪問には最適な場所だと思います。入場料は高いですが……


帰りに少し横道に逸れて景色が綺麗なところでパシャり。

0c419501a55e44fb9870d0f5fb9e47b0

いやー、今日は本当に綺麗です。数日前に雨と雪が降ったらしく、それが空気中の埃を取ってくれたのでしょうか。そして、ブルーマウンテンの名前の通り、青みがかって見えています。

この5年での最高のコンディションではないでしょうか。


明日は終日学校です。

発表準備もしなきゃですね‼️

オーストラリア研修 10日目①

今日はブルーマウンテンズです。

国立公園にして、世界遺産。来ない手はないでしょう。

1f9cd1ea6b3146ad9fe6e7516c00348b

お昼の天気のスクショ。なかなか寒いですが、十分着込むように伝えてあったので大丈夫です。さらに、幸い風が止んだので、逆に絶好のブッシュウォーク日和となりました。


ブルー・マウンテンズの名前の由来は、ユーカリの森が発する油が気化して広がり、その油分を含んだ空気の層に光が当たって光の屈折により青く見えることから来ています。

D54bcd211bc74528a9628e1413e0e0f5

この写真の左奥の方に奇抜な3つの岩が確認できるでしょうか。これはスリーシスターズと名前が付いています。

「スリー・シスターズは1日を通して、また訪れる季節によって姿を変え、太陽が岩に反射して素晴らしい色を映しだします。夜には照明が当てられ、夜空に岩が美しく浮かび上がります。」

と、とあるサイトに書いてありました……すみません、拝借しました。

もちろん、夜は訪問できませんが……

A8350247a676451290b835dda0d11292

写真でお分かりになるでしょうか。断崖絶壁があり、その下にはユーカリの森が。どのようにしてこの断崖絶壁ができたかはよく分かりませんが、絶景なのは確か。

スリーシスターズの岩までブッシュウォークします。

778fcb57fabc4557b0d6a42d2d6644c3728758b1dbcc462d8b534e4e7611870336667aa9bd6944f9a8e2182d726eab29C153702bc85249fe92febf874507ef46

そして、スリーシスターズの長女のところへ。

9001937e9b1e4601bbfe669ab19e37afB9e0896c2b034bebbdd8ae44c1b32ea1Ef7bea5dcee74cdcb208f9908ca8c0fe

断崖絶壁が見ものですが、そこに階段があったり、通路があったりで歩くことができます。さらには、1番下の渓谷まで階段が続いていますが、流石にそれはパス。体験したい人は将来自分で来て、体験してください。

アボリジニーにスリーシスターズに関する伝説がいろいろなバリエーションで残っていますが、それは次のブログで。


2019年8月12日 (月)

オーストラリア研修 9日目②

子供たちもすっかり慣れてきているようです。


昼休み、お弁当談義に華咲きます。

私が持っているドレッシングに「???」が舞う子供たち。今更?みたいな感じですが、「先生のお弁当何ですか、それ?」との質問。

私が自分でサラダを詰めて、サラダランチを持ってきている、野菜やドレッシングをスーパーで自分で買って持ってきている、と答えると、「ホストファミリー作ってくれないのですか?冷たくされているのですか?」との心配の声。

いやいや、「大人だから、自分で詰めて持ってきている、ファミリーは優しいよ」と答えると、へーぇ、そうなんですね……と、少し納得のいかない表情で頷きます。心配してくれているようで、……ありがとう。

何の心配も要らないです。私はむしろみんなのホームシックがそろそろかなぁっと思って、「寂しさとかきてない?」と聞きますが、

多くの子は「いや、全然です……‼️」と回答。

「日本食が食べたくなりました!これってホームシックですか?」と、元気よく大声で回答する子も……。

いえ、おそらくホームシックではないです……

508e12bc63514cf4906848ffd438336fA906053612a242c8a09289f7a17f6e50E4042e0fc66840b88a41eed670e988e8

その直後、芝生を堪能する子供たち。

9a6390bf6d9c4de49dcc279137c3c29e52bdada08db34a1cb5b3aa7ec3a1f6db

芝生の上でゴロゴロ転がっています。

「楽し〜い‼️芝生楽しい〜っ‼️」との声。ホームシックは無さそうです……


理事長、校長、芝生楽しいらしいですよ!天然芝とはいかないまでも、是非人工芝を‼️


私の心の叫びを文字にしたところで、「瞑想」という名前の日向ぼっこをしに池のほとりに。

35adc22431664ca5a56de67406265db1

と、ここで何者かにケラケラ笑われます。

181bb3b434c64638aa00483b21c281b6

はい、ワライカワセミ。しかも、3羽も!

この前ブログに書いた、滞在中に1羽でも…というのが嘘のように、今年はワライカワセミに対面できます。


いよいよ時が来ましたか⁉️満を持して、私が宝くじを当てる時が!

って言いながら、毎日ワライカワセミの鳴き声で朝起きるんですがね……


本日午後は、私が「瞑想」している間、他の先生が子供たちの発表練習をしています。まだ調整してもらっている途中ですが、おそらく最終金曜日にウルグアイの生徒たちも含んで、準備した日本や長崎のプレゼンをすることになるでしょう。その準備・練習。


きちんと発表できれば、大きな自信になることでしょう。


さて、最後にRedfield校の「青空個人指導」。本校の姉妹校は世界中全て同じ「個人指導」というものがあります。担任ではない「人」(教員ではないケースもあります)が担当し、その児童・生徒と様々な会話を通してその子の状態を把握するというもの。

学校によって、学年担当制や、縦割り均等配分制、無作為抽出制、などなど、形態・運用は様々ですが、担任ではない人が話をするというのは共通しています。

Redfield校では授業中に抜き出し、芝生の上や池のほとりで話すのが伝統となっています。

しばふ、芝生、Grass、Lawn……

17140e3a0b1944a0a5c3af7c36ec65236fa168ea9813475d92c7706c028e8185

いいなぁ……、芝生……。

オーストラリア研修 9日目①

寒気が居座り、少し肌寒いですが、またまた雲ひとつない天気となりました。

Ee5760480a8a4a4fa78fbde80a0b5195

子供たちも元気に登校しております。

C77c2aa2d5754b88b852c0f4053ee322

週末のことを聞いてみました。

●学校でのRedfield校のラグビー見た。勝ったのでよかった!

(そう!卒業生たちの試合もあり、私のホストファミリーも出場していました。勝って良かったです!)


●スポーツクラブでオーストラリア対ニュージーランド戦を見た。勝ったのでよかった!

(そうそう!私もテレビで観ましたが、興奮しましたねー。オールブラックスが46失点で負ける試合、みんな初めて観たと言っていましたが、オーストラリアの勝利に皆大興奮していました。Redfieldの先生の中にはパースまで飛行機で5時間ほどかけて観戦に行った人がいるました。)


●ビーチに行った。寒かったけど、きれいだった。(木曜日にマンリービーチに行くと言ったら、急遽別のビーチに変更してくれたようです。ありがとうございます。)


●他の日本人の家庭に遊びに行った!

(そうですねー。家族同士が仲がいいところがあるようで、一緒に過ごすというのをよく聞きます。)


●体育館でバスケをして、プロのラグビーの試合を見た。

(おっ!自分でしたのですね!素晴らしい!身体動かさないと、鈍ってきますよ。毎日かなり食べてるし……)


●公園で遊んで、特に何もしていないですが、のんびりしました。

(それは素晴らしい経験!そのような機会、日本ではほとんど取れないのではないですか?

私も大学生時代、何もすることがないという時間を求めて、鹿児島県の与論島に行ったことを思い出します。何にもすることがない1週間、今からすると、宝物のようなひとときでしたねー。)


●Redfieldのサッカー見て、コアラパーク行きました!コアラ触った!

(抱っこもできるので、したかどうか聞いたら、「いや、それは……」との回答。少し怖かったのかな?)


●オリンピックパークでのんびりした。

(おっ!ここにものんびり組が!素晴らしい!!オリンピックパークはひろーい敷地でサイクリングや各種スポーツなどができるのですが、敢えてそこでのんびりするという……何という高いQOL!)


●丸太割大会を見に行った。

薪をもらって帰り、枝にマシュマロをつけて、焼いて食べた。

(丸太割り大会!?すごい大会があるんですねー……そして、焼きマシュマロをカッコ枝で」!良い経験ですねー!)


●ルナパーク(老舗の遊園地)に行った。

(入口がこんな感じの小さな遊園地ですね!浅草の花やしきを彷彿させるようなところ。これはこれでかなり楽しめたでしょう!)

6de39055e93c48f29bfd573bb8796e51


●海洋博物館、潜水艦・軽巡洋艦に乗った!

(おおーっ!

「すごい!私もグループを連れて行くかどうか迷った博物館です。いいですねー!」

と、返答しようとした瞬間、間髪入れずに、見た巡洋艦の特徴や潜水艦の特徴を100枚をゆうに超える写真とともに教えてくれます……話が止まりません。よほど楽しかったのでしょう。

幸い……もとい、残念ながらバスが到着したので話が終わりましたが……

いやー、でも、本当に楽しめているみたいでよかった!)



今日は終日学校で授業。

今日からはウルグアイの生徒とも同じ授業を受ける子もいると思います。

「インターナショナル」を堪能しましょう!

2019年8月11日 (日)

オーストラリア研修 7日目 特別編

7日目と言いながら、子供たちはそれぞれホストファミリーと過ごしているので、情報はありません。月曜日に、どんな事したか、書きたいと思います。


さて、私ごとになりますが、実は今朝まで同じホームステイ先にパプアニューギニアのbishop、つまり、司教が滞在していました。パプアニューギニアでは結構上の方の位にあるBishopのようです。

そのような方と寝食をともにし、お話できたのはとても貴重な体験です。今年初めてお会いしました。因みに、私は5年連続この家族にお世話になっていますが、そのBishopは6年目だそうです。

ま、負けた😵……

……勝敗じゃないですね!


今日は今後のために街中を少し歩いてみました。

まずは電車で街中へ。この数年でかなり工事が進み、路線も所々リニューアルされています。去年ならこの路線でいけたのに、今年は路線が変更になっているなど、かなり大きな変更があっています。

さらに、今週末はいくつかの場所で線路のメンテナンス工事がおこなわれています。でも、すごいですね。完全にストップさせ、代替バスを出し、工事するのですから。理由を聞いたら、電力を落とすのに3時間ほどかかり、電力回復させるのに3時間ほどかかるので、そうするしかないとのことです。実は、この家族の長男はSydneymétro社に勤めているので、先日食事にやってきた時聞いてみたのです。ちなみに、次男はキャンベラで政府関係の仕事に就いています。……すごい家族です……

行ってみようと思ったベトナム人街のあるカブラマタという駅もこの週末、その対象となっており、行くのを断念しました。

そして、行ったのが、フィッシュマーケット。

3f9c9bd615e54f97b71a41804ef9309e

実に様々な魚が並びます。見慣れない魚も。

113bf87e3cfa47dd9234f485a073165850424f7d4a784761a9fd85b35c2af51dD7d22ef1ab7d4c2c80cb6a6868b956837069b62757c7457896a625928c2f122bDb662090118645eaaa7c19efab2a5570

逆に、日本では珍しく、長崎ではポピュラーなうちわエビも!

95767e67663548629676b78ba627fdef

漁港というより、すっかり観光地化してしまっているここ。値段もびっくり。

473f6bd929cd4d1c90b3bdc7b2f39d3d

日本円で1800円程。この値段出して、サーモンを食べるほど、私はサーモンを愛していません……

17b742d6891343cd97a0d46950d79bc2

マグロを見つけました。刺身用、キロ当たり3500円ほど。そこまでマグロを愛しているわけではないので、ここもパス。お気付きでしょうか。Yellow fin、つまりキハダマグロと、Blue fin、クロマグロが同じ値段です……

そして、奥の方にあるのが脂たっぷりの腹身。半額以下であります。写真には撮りませんでしたが、赤身とトロの部分も同じ値段で並んでいます。こちらの人にとってはTunaはTunaなんでしょうねー。


当然ながら、カモメが大量にいます。

5ffa26c5219b4482822836345b1ccdee

そして、当然ながら、狙っています。10秒おきくらいに次から次へとテーブルに。ある一羽がやりました!見事刺身をゲットしていきました。油断禁物です。

……やはり、生徒を連れて行くのはやめましょうかね……

E6f7877109c24b60964a7a7f3c67c7585aa0883c8bcc443b9bc4c80dc1c318398f597aedba8544b787ffdd4e9e9c20bc


日曜日は他の先生方を連れ、街中を歩き、今後のために地図を頭に入れてもらいます。


2019年8月 9日 (金)

オーストラリア研修 6日目②

さて、12:00からはバードショーです。

鳥たちが目の前を飛ぶような演出をしてくれるもの。ぜひ見たかったので途中の集合・点呼をこの会場に設定したのですが、

なんと!強風のため中止!

いやー、とても残念です。これも一見の価値があったのですが。でも、仕方がありません。突然の予定変更も旅行の一部。このブログを読んでいただいている方々だけに一昨年に撮影したものを載せておきます。生徒たちは残念ですが、「また来よう!」と思う理由の1つにしてもらえれば……

2866efc2d3a74430b561fdac2de76712Ab14c942db8645fdacc67efb8a6571f8


気を取り直して、昼食。

2895f99880fa4aa280100ecb87836fa6

と、気を許したら鳥たちが食べ物を狙ってやって来ます。

F8e9306c636c47eba122fef48b414fd2

認識番号15番が付いていたので、あだ名が「15番」に。15番はなかなかしぶとかったです。危うくオーストラリアのチョコレート・ティムタムを奪われるところでした。


12:02分、つまり日本時間の11:02分、

みんなで黙祷を捧げました。今日は長崎に原子爆弾が投下された日。

1945年、今から74年前の今日、プルトニウム239仕様の原子爆弾「ファットマン」がB29型大型爆撃機「ボックスカー」によって投下されました。

当時の長崎の人口24万人と言われていますが、そのうち74000人がこの時亡くなられたと言われています。実に長崎市人口の3分の1にもなります。そして、これまでにその放射能などの影響も含め、17万6000人余りの被爆者の方が亡くなられたそうです。

広島では35万人のうち9万〜16万の方が4ヶ月のうちに、これまでに30万9000千人あまり、つまり、合計で45万5000人余りの方が2発の原子爆弾の影響で亡くなられているそうです。

亡くなられた方へ心を込めて、そして、平和を祈り、黙祷を捧げました。

1ee030d874134c0091c2efd08a89bf20


昼食後、集合写真を撮り、また1時間半あまり自由時間を取って学校に戻ります。

484f83dff6b0429d94e6e27fa6724755


コモドドラゴン

8c8622fd953e4b399ac7e3e26586912d


爬虫類系続けます。苦手な方はここで閉じてください。


土日の明日、明後日はファミリーと過ごします。

ビーチに行く!

ラグビーの試合観に行く

●バイキング食べます!

●ホットスポットに行くらしいです!

      (それは、フォトスポットじゃないですなぁ?……)

●知りませーん

       (その日その日が楽しくて、明日の分までわからないかな?)



一応オーストラリア固有種を集めてみました。

57fc852d09ea4b3d85efc64168ab40345f614b957ea248158a89fa698a3f5b351e82f5756b034bf0a166e55a2ddd3827A010fa94a0f3417586e87ee4cb67e5fa8dab37ee35474e8284cee359012777010099d2af7bc04bba9b40edb42a95aba1B2a276bbe19a4e369cb2e8738af1bc556a133d816f934cffa478a01c73ff4eb3E7e728aec79642f5b740390a61085635Fb824f4da08641848ca30762bac08a4192997605a92442778f307d6c1ceaaf9fA8fd35dd5ffa42b7b9afc2b2b8246129A1e57fb14f564b70af1aefdf0525dfe8


そして、「ちなみに」という内容。

お食事中の方は見ないでください。

オーストラリアのトイレ事情。









これが、オーストラリアのスタンダードなトイレです。子供たちにトイレどうだった?と、初日に聞いたら、

「かべ!壁!カベ!」との答え。

A91e91182e2c4d3ab798d160edb646ba

私の小さい時の近所の公園とかを思い出します。

レストランやモール、動物園も学校もこのようなトイレです。

世界でも最先端の都市、シドニー。文化の違いに驚きます。

オーストラリア研修 6日目①

今日はタロンガ動物園に向かいます。

フェリーに乗り、動物園前まで。

3b02b739e5ca4998bff9a14ec123da1334a76c969d9f47468873472fe0da5e84

そして、ロープウェイに乗って、上のメインエントランスへ。

8884beecbc8c40b8a3d044fee2fc9bba71019a4062fd4f4583f6f91fa1ae6f2c

バスで直で行けば時短できますが、そこは体験重視で。

フェリー・ロープウェイからの景色は必見。

そして、入場。


まずは、定番のコアラ。……寝てます。

C023d0952a9949ac93936706213d056376d2a0f2eaf44c5390546d82076fe8eb

そして、ラグビーオーストラリア代表の愛称にもなっているワラビー。

91827f48135c483988746eaccf04f4fc

そして、カンガルー。

1f9729121485436b80cf3df8eeb96684

寛いでますねー💦

ちなみに、こちらが昨年か一昨年に撮ったカンガルーです。

82009b90cad346228384556e441432de

ずっと寝たままのかな?


「夜館」のフクロウ

1a18f9b7c476438ebcf47d5633684ded

楽しんでいるようです。

Bba6c5e7cfec4a07916b6a4517d52cb1


今日はものすごい強風の日。

鳥たちもこの風の中、飛べずに困っているよう。と、目の前にいきなりバザハサと鳥が来て、頭上の枝にとまりました。

6c73a151ca1c41d98669b3303bec0e21

よく見るとカワセミじゃないですか。

動物園で飼っているものではなく、野生のワライカワセミ。滞在中に一羽見られるかどうかという貴重な鳥だと思っていたのですが、唐突に目の前に現れました。

なんかラッキー?

宝くじ買おうかなぁ。


2019年8月 8日 (木)

オーストラリア研修 5日目②

昼食後はすぐ、「特等席」にいる高校二年生のグループに本校生徒たちが呼ばれていき、けん玉の披露をしたら、随分と盛り上がっていました。

なるほど!これを狙って練習していたのですね!素晴らしい!

「意図的」なのか、「たまたま」なのかは置いといて、……結果素晴らしい!

Bf497c5df2754fc1b956fc4edfcf974f


昼休み後は全校集会。

ワシントンD.C.のリーダーシッププログラムに参加した15名からの報告と終了証書の授与、そして、そのリーダーシッププログラム最優秀リーダーにRedfield校の生徒が選ばれたので、その表彰も。

米国ワシントンDCのHeights校が主催するこのプログラムには、メキシコからのグループとRedfield校のグループとが一緒にプログラムを受けていたのですが、Redfield校から選ばれました。

また、そのほかのスポーツや学習などの表彰に加えて、我々の紹介をしていただきました。

本校を代表して藤野くんが挨拶。立派な挨拶ができました。

私?私の挨拶はカットしていただきました。

……私は教頭なので……教頭が表に出ない状態が1番いい状態ですよね!

4d651fff7eea4a70969ad25411ad072a9f213c1c1d1b40a88297986ec8416715Cec91bbd06ca4a9cbbf27afc28bf9c739c788850dde44a188f05edb040e13c07

実は、一昨日からウルグアイの姉妹校から7人の生徒たちが5週間のプログラムで参加しています。その紹介もするはずでしたが、彼らは本日タロンガ動物園にexcursionで出ているらしく、不在でした。

我々もまだ、同じホームステイの生徒1人を除き、ウルグアイからの生徒とじっくり話ができていないので、話をするのが楽しみです。


明日は我々がタロンガ動物園の日。

カンガルー、コアラ、タスマニアンデビルなどなど、オーストラリア固有の動物が沢山います。子供たちもきっと喜んでくれるはず!

さぁ、また「完璧な」ガイドをするとしますか!

オーストラリア研修 5日目①

今日は終日学校です。

工芸の授業や哲学などの授業に参加しました。

88439c13da254f548701f8ceeff424577207bf6e5f7d41978b70d3719d2caabf

中休み、日本人数名集まってけん玉の練習に勤しんでいます。Redfield校のみんなの前で披露するために練習しているのかな?

A8ac241efd0349829839257751fc2c7f

ふと見ると、うちの生徒と、この春に本校に1ヶ月きたRedfield校の生徒と話をしているではないですか!

残念ながら、今回はホームステイの受け入れ先ではないのですが、希望してくれていたらしく、とても残念がってました。ありがたい話です!

693ac1909e3a424f88bcaf7b47b26dc8

こういう交流がいいですよね!おそらく、生涯続く関係になるでしょう。


さて、お昼休み。今日も様々なlunch。

22727b2fecc9485f9240b3c3926fb07473d56634d4cd4d8aa6b321b67f14e8490a2113b0fe3d43c0bd921f967a97c57e1f737bc775c44377b02d9946806134d7C4f37069b7364c1d92c8c64051318bf98769f0d02e7e427a9913460d3dd3b595

ピザ、パスタ、スープヌードル、サンドウィッチ、バーベキュー、そして、クッキー。

…クッキー!?

「あっ、いや、中休みに昼ごはんみんな食べちゃって、スナックのクッキーです」

との回答。

……まぁ、いいですけどね。昼からお腹空きませんか?

今日は風が強く、照ると温かいですが、曇ると肌寒い1日でした。

少し寒波がやってきているようです。明日は結構風が強くなる模様。

A194e8df13ee4cfc95cda25cabbb3a94

2019年8月 7日 (水)

オーストラリア研修 4日目②

セントメアリー大聖堂に到着。

ここは南半球で2番に大きい聖堂と言われています。1930年に教皇により、教会堂より上位に当たる「バシリカ」と認定されました。

0406634e1b004aa294d611e5397fea40

中も荘厳。

93588503bb014446b7bc247bae18db834697b174c1f24e8c81cc987174207c1b

続いて訪れたのがオーストラリア博物館。オーストラリア由来の動物の剥製や鉱物などが展示されています。特にオーストラリア固有の上に絶滅種の剥製は一見の価値あり。

64a0c93800664d6993b43eb48935b6882f2ba98c348a432f9b555a823ffb32f494953c0cbcc740a2837d517df88cd641

学校に来る鳥たちの剥製があったので、パシャり。白いのがコッカトゥーで、色とりどりなのがロリキートです。

Dcc7526b6cdc4af7a2c724d6e9aeb36dEf92373cbfb94d9399d6b8907f1309d1

今日は市内の子供に開放する日らしく、学校の社会科見学のような位置付けで、大勢の小学生が来ていました。


続いて、市内を横断する形で移動。

ハイドパークを横切り、市内のメイン通り、ジョージストリートへ。この角はQVB、クイーンビクトリアビルディングという、現在はブランド品店が入る古い伝統のある建物があります。その向かいには公会堂とセントアンドリュー教会、そして、その向かいにはチェーンのスーパーウールワースがあります。

ここで一度ショッピングの経験をしておきます。

6e9d93aca9dc4b83b4dc89dae4b6d658

最近はセルフレジが普及しているので、コミュニケーションが苦手な日本人にとってむしろ好都合。西洋のレジではまず挨拶や少し会話をすることが多いので、日本人は大概戸惑うんです。


お水やらチョコレートなど少し買い物をした子供たち。次にジョージストリートを北上していきます。

徐々に街の雰囲気が変わって来ます。看板にハングル文字や漢字が目立って来ます。

はい、アジアン街。画像を撮り忘れました。すみません。そして、アジアン街の中の中華街。

17d8f125c7094a9899567cb35260c9b3

比較的安く食事できますが、オーストラリアまで来てわざわざ中華料理というのも寂しいので、素通り。目的地はその向こう側にある「Paddy's Market」。

ここは大きな建物の中にテントくらいの大きさのお店が何十と並ぶマーケット。

交渉次第では値切りも可能な場所。

一方で、おんなじ商品がお店によって全然違う値段が付いているので、注意が必要です。慌てて買うと損をすることに。子供たちもじっくりと吟味していました。

F4685e7ac4614707bffb8b648731833d


そのあとは昼食場所に向かいます。

Darling Harborまで続く公園を歩いていきますが、オフィス街から出てきたビジネスパーソンで賑わっています。

オフィスで働き、昼食は公園のベンチや芝生、QOLクォリティーオブライフが高い!羨ましい!!


いくつかのお店のメニューを比べながら入ったのは、結局一昨年に入ったお店と同じ。「超」観光地なので1人$25〜30と高額のお店が並びますが、その中でもランチスペシャル$15くらいがある所を探して入ります。

ピザ、ラムバーガー、チキンラップ、サラダからのチョイス。


Dbb416f5368344c1b786196766ee89395c096e1e3edb419ab76a87fb71db30dd875e0d9e556547fe9a44382d0f0d1de578c9f4cc2d7749b59a178318fb0b8b0bCa4149a73779468b998b42eaaf63f852

堪能しました。


明日は終日学校です。

オーストラリア研修 4日目①

今日は市内観光・視察。

町に向かうバスの中でホストファミリーでの様子について聞いてみました。

箇条書き、走り書きをお許しください。


●庭でアーチェリーした、何が入っているかわからない料理が夕食に出てるです、だけど美味しい。

(……まぁ、美味しいならよかった。中味確認しよう…)


●Wiiでスターウォーズして、トムとジェリーを見た、ホットサンドが朝食、自分のベッドルームにシャワールームがあって、デカすぎる。

(ゲスト部屋をいただきましたね。ラッキーです!)


●弟のサッカーの練習を見た、「寿司むら」でおやつを買うと言っておやつ買った。内容ですか?テリヤキときゅうりです。お寿司じゃないです。おやつです……おやつにテリヤキときゅうりです……

(おやつという感覚の違いですねー。身体を大きくさせようという家庭でしょうかね?)


●帰ったらシャワー浴びるのがルールです、夜ご飯前に軽食を食べるんですが、うどん・フルーツなど、夜ご飯みたいな量です。映画観ましたが。だいたい内容把握できました、夕食はステーキ。そのあと地図で長崎やオーストラリアの場所を確認しました。

(凄い量食べますね。ひとつ前の家庭と同じように、身体を大きくしたいのかな?ラグビー家庭多いですからねー)


●犬たちが遠吠えするんですよー、名前がBuzzで、「Buzz」と注意すると黙るんですが、すぐに近所の犬たちとまた遠吠え始めます。その犬はラグビーができるんです、凄いです。ネコがドア前でアピールしてくる。朝食はトースト、ベジマイトは遠慮中……

(バター多めでベジマイトをぜひ試してみましょう。あくまでもバター多めでですよ。ベジマイト単体で試すと……保証はしませんよ)


●おばあちゃんが迎えにきます。けん玉、ルービックキューブで盛り上がってます。温度調節がわからないんですよー。だから、シャワーが劇寒です!朝ごはんは車でサンドウィッチ・パンが口の中の水分を奪っていくのが辛くて……

(ぜひ、家族に調整方法聞いてくださいね……我慢しないで……

ペットボトルのお水を入手してくださいね……我慢しないで……)


●水やりしたのですが、ホースが破れててビシャビシャになりました!卓球やって、寝ろというので寝て、そのあとの夕食は豆と野菜のバター炒め・魚を焼いたやつと豆。豆を巡って家族の闘いが行われるんですよー。僕の口には合わなかったのですが、家族の中で豆を巡って闘いが……

(相当豆好きな家族なのですね……)


●近くの公園にサッカーしに行きました、夕食は米とチキン・野菜炒め。部屋が11室あって、トイレとお風呂が3つずつ。庭にテレビ、全然顔を合わせない人もいるんですよ。庭で卓球したんですが、ウルグアイからの5週間の訪問生ワン君が昨日来たのですが、胸筋が凄い!卓球が激うま!ホストブラザーに恥ずかしがり屋の弟がいるみたいなんですが、一昨日は僕がきて、昨日はウルグアイのワン君がきて、ずっと引っ込んでます。

(11室⁉︎、それは凄い家庭に入りましたねー。ウルグアイの子も一緒なんですね。スペイン語も覚えられるかもですね!)


●着いてすぐアイス落として汚れたんです。兄弟がピアノ演奏して、夕食は魚と人参、2日目はベーコンと人参、ともかく人参が多いです。シャワー室が密室にならないので寒いんですよ、クソ寒。朝食に知らない子供たちがいてて、弟くんたちのようです。昨日、作ってもらったランチを家に忘れてきたら、クラスメイトに周り囲まれて分けてくれた。でも、色々質問ぜめに会いまして、それで昼のミーティングに行けなかったんです。だから、僕1人今日制服着てるんですね。休み時間より授業受ける方がはるかに楽ですよー。

おやつ食べるかって聞かれて、マフィンかクッキーかチョコレートから選べって…マフィンですよ、おやつに……

それから、…………

(……延々と報告が続いていきます。楽しいんでしょうねー。でも、おやつにマフィンは普通じゃないかなぁ……


ともかく、みんな楽しそうです。よかった!


家庭も、さまざまなバックグラウンドのようです。

オーストラリア系、イギリス系、アイルランド系、イタリア系、中国系、中東系、フィリピン系、などなど。


教員のステイ先も含めて、本当にみんなバラバラの勢いですね。

情報交換をして、「世界」を共有しましょう

2019年8月 6日 (火)

オーストラリア研修 3日目②

さて、昼休みです。

池横のベンチに座っていた私ですが、昼休みに入り、本校生徒たちが近寄ってきたとき、そのベンチから離れることにしました。

というのも、この池横のベンチは構内でも一番いい場所です。

Redfield校の「文化」に、最上級生、つまり、高校三年生は特権を有するというものがあります。制服ではなく、自分たちでデザインしたスウェットを着てよいとか、スマホ・タブレットを使用してよいとか……。

また、生徒間の伝統でスクールバスの一番後方座席は高3の場所であるとか……。その1つにそこのベンチは高3が使用するというのもあるようです。

ということで、私も気を遣い、そのベンチを空けました。


どこで食べたか?

そりゃ、決まっております。

あこがれの、羨ましい、芝生の上ですよ!

芝生の上でご飯をいただく機会なんて日本ではなかなかありませんからねー。芝生を堪能しております。

C1861b9767b94384ac1bf6573a311e58Eec59925212340baab2c74d129569f346359efafb0d54a0ba3f6dbc036b3df98

それぞれさまざまなランチ。昨晩の夕食を詰めるというものが多いです。

かく言う私もサラダに昨晩のポテトキッシュとヌードルを詰めて持ってきました。

そして、Redfield校の生徒たちとずっと一緒にいて、こっちにこない彼。

860e6144e6544cacacc026cfd02e3e11

すごいなぁ!


午後からあと2つ授業に参加して、15時に終了。帰宅です。羨ましい!

あー、うら………

もういいですね……


さて、明日は市内観光・視察。

セントメアリー大聖堂、オーストラリア博物館からセントアンデュリュー教会、そして、地元スーパーからパディースマーケットという所に赴きます。

買い物の仕方を経験するのも1つの発見となるでしょう。



ちなみに、生徒たちが参加した芸術の先生がおもむろに私のところにやってきて、プレゼントだと言って渡してくれたものがあります。

それがこれ。

Ba4b3d2ca27e4d3c8ae9daefce392c0d

美しいキーホルダー。

わざわざこのためにご自身でデザインし、制作していただいたようです。

2校の校章に加えて、下には海の波が、そして上には南十字星が。ほんと、美しいものをいただきました!

オーストラリア研修 3日目①

ホストファミリーでの一泊目。

生徒たちに話を聞いてみると、自己紹介をし、お土産を渡し、ご飯を食べて、だいたい20時頃には就寝した模様。

飛行機での移動は結構疲れますからね。

でも、みんな、和やかに過ごせていたようです。


さて、Redfield校での初日。

素晴らしいお天気になりました。

最低気温は5℃と少し低いですが、最高気温は20℃。シドニーの真冬ではありますが、本当に過ごし易い気候です。

2週間前にはワシントンD.C.で39℃の中一日中歩き回るプログラムに参加していたことが夢のようです。


恒例のRedfield校の校舎全景。

あくまでも校舎です。

ここに、あとラグビーグラウンドが2面、サッカーグラウンドが一面、オールローンであります。……分割払いの借金じゃないですよ。

全面天然芝生という意味です。羨ましいです。

あー、羨ましい!

いいなぁ、羨ましい!

うーん、羨ましい!

えーっと、羨ましい!

おおーっ!羨ましい!

どなたか、精道に天然芝、または人工芝を寄付いただける方、いらっしゃいませんか?……

187d26a5d1914388857b01c7bd04a1ba1128083dd8d640909940486d489a5f0f446c373568cc46c7bbc945e72d44e651537cda27cb3846e7a77d562404f83597Ff5687b2c3d44a4d83259344e7694030A6e1779dd186482da72d35c630811fd3

Redfield校にはRecessという中休みがあります。本校のセイドータイムのようなものですね。思い思いにスナックなど頬張らながら会話や遊びに勤しみます。去年はヨーヨーが大流行していましたが、今年は下火のようです。

郷に入っては郷に従えということで、本校生徒たちも頬張っています。

11665ce2206b4c268b935446b6d00740D2330f58411542aa80e2f2ee1adbfdbc

好きに過ごしていいのですが、やはり初日、集まってくる本校生徒たち。

その中で、1人こっちに寄ってこない生徒が。ホームステイ先の生徒仲間とずっと過ごしている模様。素晴らしい!

D307f02f8f69431bb5c6523b78671701

さて、30分に及ぶ中休みも終わり、再び授業へと別れて行きました。

その生徒たちが「食べ散らかした」ものを狙って鳥たちがやってきます。

どうも今年はカラスが大勢を占めているよう。私が勝手に名付けた「志村けんカラス」たちが複数やってきます。数年前から注視していた「白の連合軍vs黒の帝国の争い」は現在黒の帝国がゆうせいのようです。

画像に収められませんでしたが、カラスたちがいなくなってから、白の連合軍の代表、クッカトゥーたちが群れでやってきました。

機会を見つけて後日写真に収めます。


オーストラリア研修 2日目②

ハーバーブリッジから降りてすぐのところのレストランへ。

A7337ffdb1f8475c8d77d930e62efd9b

この数年の間にいろいろ歩き回って見つけたところ。

このあたりはThe Rocks というところで、いわゆる旧市街地。オフィスや銀行が多くあった場所ですが、今はほとんど新オフィス街に移転、ここはショップやレストランが並ぶ観光地となっています。

シドニーは物価が高いですが、その中でもこのあたりは観光中心地。

ランチが$25〜30、日本円で2000円以上。

年々少しずつリニューアルされてますが、まだランチスペシャルはあるようです。

①サラダ   ②ハンバーガー  ③フィッシュ&チップス  ④リブステーキ  ⑤フィッシュタコス   ⑥チキンカツ

からのチョイス。

0115ea8bc7be48e899254e818bdc24d8274bdbe3dac845648014d4bea7d1cc36B5fb8b7898254119af7ef17ae6c734caA9808ec1fc2e4f61a732104a85e4988d

思い思いにシドニーファーストミールを堪能しました。

しかし、ステーキが5年前の「パンチ力」がなくなってきましたねー。ここにも物価上昇の影響が出てきたのでしょうか。

今年、新たなところを開拓すべく、また歩き回ろうかなぁ……


昼食を終え、そのまま歩いて下ると海沿いに小さな公園があります。

47afe6f670b549ed9157d0440ba26ab1

そこでチャーターバスと待ち合わせ。

その間に集合写真。

ここは朝到着したMrs.Maquarry's Pointからオペラハウスを挟んでちょうど反対のところ。


そして、バスに乗ってワンの反対側へ。

昼の2時くらい。太陽も後ろから差し、そらも美しく、きれいな写真が撮れました!


同僚の引率の先生に伝えたのですが、本日の行程はほぼ完璧な行程。

というのも、シドニーのアイコンであるオペラハウスを360度の角度、プラスハーバーブリッジの上から望む。

さらに、それを逆行にならない角度で集合写真が撮れるような時間に合わせて巡る。

……はい、自画自賛です。すみません💦……

誰も気付いてくれないので、それもこの5年間ずっと…自ら公表しちゃいました……

D29e171d91d14d48a9ff1d40e46a9796F046aeee1d464575b5158b3048700323


30分程度爆睡のバスの時間を過ごしたあと、学校到着です。

それぞれホストファミリーとご対面。

緊張しながらも和やかにそれぞれの家庭に帰って行きました。

39f1f74c2cb3405ba0cacf8895a1fbebB90664382f45452da72ad02e7f9bfa82F589a1ea138347aeadc4d1428a9da5837e982c39c1c84aecb77342522d317adbC82a4b2d677e43caaf571c410fb3b955D8d2f6d5c29442629b201fbc9431b8925008f0382ecd48a4b7b7b35870f60f5f6df44bf8d30b4f92aacfa6e5c182ad3a179ebe5cf1304a39994e41225e1ffeceA0bc2eb47f8e4dc6a427aba737ad02c1E50bdb0250e54ca2be2f66a49e9cf10c25ffb3e508f444eb81bc4cc7acac4733


私もホームステイ先へ。

この5年連続同じご家庭が引き受けてくれています。まさに、「シドニーの我が家」とも呼べそうな感じになってきました。

一方で、だんだん難しくなってきたことが……

それは、お土産です。だんだんネタがなくなってきました。

今年は熟考の末、和風手縫いコースターに加えて、これに。

2deabe61051340aca2916b283919c872

はい、ラップです。

もちろん当たり前ながら、オーストラリアにもラップはあります。何が違うかといえば、「切り取りやすさ」。

こっちのラップは切り口がほとんど水平の昔ながらのもの。しかし、このメーカーのはご存知の通り、カッターが山型になっており、クルッと手首を返すだけで切れます。

やり方を伝えると、家族みんなで大盛り上がりでした。


明日は1日学校での交流・授業参加の日です。

2019年8月 5日 (月)

オーストラリア研修 2日目①

到着しました、シドニー。

エアバス380はさすが大型機ということで、圧巻の安定飛行。

ほとんど揺れることがありませんでした。

ランディングも滑らかで、大変快適でした。

出てきた食事は2回。

21時前に乗り込みましたが、出てきたのは24時前。もっと早くてもよかったですが…

チキン煮込みとビーフストロガノフのチョイス。

眠たさ満タンで食べたので、味の記憶が……

544a894fb93d4133ac211540cd9065113731fac1a4664aa08b996270d9987754

朝方は軽食。

9103463db91a492997c66925f53a0ae2

パンにマフィン、フルーツ。

欧米の人は朝から甘いもの食べるんですよねー。


さて、意外と並ぶことなく、そして、トラブルなく入国を終え、市内視察へ。

まず始めに向かったのは、オペラハウスを展望できるMrs. Maquarry's Point へ。

きれいに晴れてくれて、美しい!

1c554851fd744937b5e3a329d1cba41a

歩いてオペラハウス付近まで。

王立植物園の中を通る見事なお散歩コース。

E0a0f1617e05469fa3c4c2cc4081b1ad

🎵このー木何の木気になる木になる木〜🎶

的な木の前でパシャリ。

Fbaab96e97594662b423fd91a517f1b4

オペラハウスは文字通りオペラなどの芸術鑑賞をする会館ですので、むやみやたらに入ることはしません。

C1810aee8c4a45caa99538e899b08d7e

そして、ハーバーブリッジの上を歩きます。

B1de0e5dcc6d429dabf08b674b3fde97

ここまでみて、このあと昼食。

みんなお腹ペコペコで昼食です。


ところで、空港出てすぐ、滅多にお目にかからない機材に。

米国政府専用機。

大統領専用機ではなさそうですが、それでも滅多にお目にかかれませんよね。

A616131acbe04ddab5e51333e8debcb8

2019年8月 4日 (日)

オーストラリア研修 1日目③

5時間のトランジットですが、シンガポールチャンギ空港はとにかく広い!

植物園やら蝶々ブース、無料の映画など、もうアミューズメントパークです。

F5d57a1c920448daa942ed9640af7f45

電車に乗ってターミナル間の移動。

とりあえずターミナル3つとも足を運びましたが、数キロに渡るショッピングモールが3つあるという感じ。

ハブ空港として、完璧に他を圧倒しているなぁと感じました。

もっとトランジットの時間があれば、無料の市内観光ツアーまであります。

これはまたいつか……

蝶々ブースに行ってみました。

30種類ほどの蝶々が悠然と飛んでいます。

1858a4562c5049a5a2f636d828988b12

7f6e2f34da9943b3bc3a7a6df3fb5153

そして、電車でターミナル2に行く時に電車がJEWELという総合ショッピングモールの中を通ります。ここに行くには残念ながら入国しないといけないので、いけなかったのですが、これがかの有名な建物の中の滝。

E1b128ba738e4bfd92f33b4d1665943c

39ef496fdf2645f9a088365c871c756b

電車もご丁寧に前でスローダウン。

天井から轟々と水が落ちてくるその規模に度肝を抜てれます。

4f15b16a92cf4e339e2e577c1ed16c0c

Fc88eead59ea484f9fd27b5ea2fbe8a2

さぁ、いよいよ憧れのAirbus380に乗り込みます。

総2階建て、翼片方にエンジンが2基。

E6d2664f42df49e1b77a44b76a4e1564

行ってまいります!


オーストラリア研修 1日目②

トランジットの空港、シンガポールのチャンギ空港に到着

福岡からお世話になったのは

ボーイング787  ドリームライナー

E2d626c0a4d94e178440f4119a569a39

金属だけじゃなく、炭素素材を使い、軽量化・省エネ化が図られている最新鋭機です。

画像では分かりにくいのですが、翼が大きく反るのがこの機体の特徴。

0273a29879264f01809b74e81c5929af

子供たちは国際線の充実した設備・サービスに夢中になってます☺️

694535da639843ac815e14e5675a2085323e8a565e4e4e1cba88ae90b2794701

カップホルダーも痒いところに手が届く設備ですが、驚いたのは、トレーを広げると何やらスライドが。

開けてみると、何と鏡があるではないですか!

コンタクトの私にとってはとても助かるサービスです。

A576c83517bc4148bc2745fcf4c1eb14

さすが、シンガポール航空。

だてに長年サービス世界一に輝いているだけあります。

食事はチキングリルデミグラスソースとカレーライスからのチョイス。食後のアイスも嬉しいですね。

873cc274c2d54f2abd31983f6cd4ed8c4216d9f9420c465cb5713e5b4c12f390953dde388b784314a07b858ac67c69dc

私のチョイスはチキングリル。

爽やかにスパイスが効いて濃厚なソースが非常に美味でした。


実は、登場前にこんなチラシが取れるようになってました。

29c392a304af49219cde3cea68b3fa6a

乗る前からご飯を選べるというのも嬉しいサービスですね。

他の航空会社ではあまり見られません。


空港に着き、トランジット。

途中、オブジェに引っかかりながらショッピングモールへ。

はい、まさにモール。

ひ、広い!

613c65a4b3b640b6aef91297a394b755E35b7600b5a245aebb5aedc3be34cd12E0a76366b5eb4683884bd75b8b12ed703337579c0bc94401a280abda8c0fc832


少し待ちますが、まだまだ元気です!


オーストラリア研修 1日目①

さて、今年もこの季節がやってまいりました。


「魅惑のオーストラリア研修15日間

   〜  へーぇ、エッ⁉︎、凄い‼️、

      《世界、そして、自分》  新たな発見を求めて〜  」


本当にこのようなタイトルというわけではないですが……

イメージです……


今年は小学生3名含めて計9名の参加です。

もう1人2ヶ月コースがおりりますが、その生徒は別日程。


朝早くの集合ですが、みんな元気そう。F941ca9557b447bc8779141f9dc8864e

あれっ?

ちょっと表情硬い?

初めて海外に行く人が多いでしょうから、

緊張してるのかな?


出発式を終え、バスで空港へ。

9b759fd6b4a2454b97ddebbca6d62069


この時期の心配は台風ですが、

影響を受けることなく、

きれいに腫れ上がってます。

まるで我々の出発を祝福してくれているよう。

Bb89b5d31fee44f5a7252b0465c53353


安全第一をベースにしながら、

目一杯学んできたいと思います!!





« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »