« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月26日 (日)

Southridge校 長崎訪問

4泊5日で長崎を訪問していたフィリピンの姉妹校、Southridge校の一行が長崎を発ちました。

4泊本校生徒の家庭にホームステイ。

受け入れていただいた皆様、本当にありがとうございました。

本当に温かく迎えていただいたようで、

最後の送別会では泣きそうになるのを必死にこらえながら、

涙ぐんでいるSouthridge校生も。

一生に残る思い出になることでしょう。

 

さて、火曜日の学校での交流以降、

Southridge校一行は長崎観光をしました。

 

木曜日は

まるなか本舗さんのかまぼこ工場見学、

外海の出津地区見学、

三菱重工業の香焼工場見学。

将来家の会社を継いでいく次期社長もおおくあるSouthridgeの子たち。

工場見学でのインタビューでは突っ込んだ質問も。

「会社の理念と目的は?」

「従業員が失敗した時にはどのような対処をなさいますか?」

「従業員の就業意識・モチベーション向上の手立ては?」

「会社がなさっている慈善事業にはどのようなものがありますか?」

などなど。三菱の方も驚くような内容の質問。

でも、快くお答えいただき、良い研修になったようです。

317908b4ea9c4d1aa37f6a24bce035ae

Ea1503197fbd4d68ab60bcf0d83d1080

 

62af513d0e64400fb28f42bb073c0e20

419db143e7cc4b14880c6a7099c3e2e4

Efa251998216496398f99d7997252bba

 

金曜日は軍艦島から原爆資料館。

130ddde0dbeb434f8a4972f5a0bc1b83

原爆資料館は悲しすぎて、長時間居られないと言ってました。

 

 

土曜日は送別会。

Southridge校からは一所懸命練習したのでしょう。

素晴らしい民族音楽など披露してくれました。

 

本校側も負けていません!

Aa8048a4122f429dae804a91c1fbf4dd

B16beb93074c4f47828bcff00f249006

プロ級の腕前のヨーヨーに、

ボリビアのチャランゴという楽器の演奏。

驚きのパフォーマンス!

大いに盛り上げてくれました。

 

 

その後にお別れ。

ホストファミリーからの送別ではありますが、

Southridge一行はこの後学校のお御堂でミサに与りますので、

Southridge一行がホストファミリーを見送るという、少し変わった展開に。

名残惜しそうに帰っていくファミリーの皆さま。

本当にありがとうございました。

 

 

そして、

ミサに与り、長崎駅前に。

向かうは26聖人博物館。

殉教者たちにお祈りを捧げて、もう1人お祈りを捧げました。

実はここにフィリピン人唯一の聖人、聖ロレンソ・ルイスの像があります。

聖ロレンソ・ルイスにお祈りを捧げ、記念写真。

5045d94e2f464b059acc8e9361037b17

 

そして、夜行バスで京都に向かいます。

 

京都では

伏見稲荷大社

東寺

金閣寺

清水寺からニ寧坂・三寧坂

八坂神社から祇園、先斗町

を巡る予定となっています。

 

 

次は我々の修学旅行が1月末にフィリピン・Southridge校を訪問予定。

 

この交流が続いていきますよう、ご協力・ご理解、そして、お祈りいただければ幸いです!

 

私ももうひと頑張りします!!

 

2019年5月22日 (水)

Southridge校(フィリピン)来校

20日前にRedfield校(オーストラリア)帰国の記事を上げ、続く記事はこの
『Southridge校(フィリピン)来校』となりました。



その間には中間考査がありました。
考査に「慣れ親しんだ!?」上級生たちと、入学後はじめての定期考査で緊張する1年生達。
月曜日から各教科でテスト返却がなされていますが、そのやり直しの仕方も大事です。
テストも大事ですが、同様に大事なのはそのやり直し。

「同じミスは繰り返さない」
気持ちで全力で取り組みましょう。


さて、その一方で、恒例となりつつある行事が。

姉妹校の本校訪問。
今回はフィリピン・マニラのSouthridge校です。

オーストラリア・シドニーの姉妹校、Redfield校とは30年、今年の夏の研修で25回目を迎えますが、
Southridge校とも交流の歴史は長いです。始まりは26年前。
それ以来、毎年ではないですが、定期的に交流を続け、
3年前からは本校高校の修学旅行、Southridge校の海外研修
と、毎年の定期交流が始まりました。


今回もホームステイでの受け入れ。
受け入れていただいた保護者の皆様、本当にありがとうございます。

無理を押して引き受けていただいたご家庭もあります。
両校交流の深化にご理解・ご協力をいただき、本当にありがとうございます。
学校同士の交流はもちろんですが、
生徒同士、人間と人間のつながり、
彼ら自身の生涯に渡る「コネクション」の拡充に
お力添えをいただいていることに重ねてお礼申し上げます。



なんか、フィーリングカップル5対5みたいになっています。
(古いですね・・・古すぎます)
Img_1723

こちらが促す前に話しかけ、握手する生徒も・・・
心強い!!
Img_1721

ごめんなさい!目を閉じている写真を撮ってしまいました。
でも、笑顔が素敵でしたので・・・
Img_1722


22日朝から小学生も含めて全校集会を。
Img_1725
Img_1726
Img_1731
Img_1730
Img_1729

Img_1732
Img_1733


本日は終日学校で授業・活動を通して交流を図ります。
中1の授業
中2と家庭科でよもぎ餅実習
高2と体育
高1と文化発表会



滞在中はお天気も良さそうです。
両校にとって濃密で、Fruitfulな交流になるように尽力したいと思います。


2019年5月 2日 (木)

Redfield生たち帰国

4月上旬から本校に訪問、ホームステイしていた3名プラス引率の先生が本日帰国します。

本校がRedfield校に5週間、3ヶ月と、中期長期でお世話になるようになって3年、Redfield校から中期長期で来てもらえるようになりました。

 

今後、この交換留学を継続していくことを両校合意もできたので、とても良かったと思います。

双方にとって視野を広げ、コネクションを広げつつ強固にしていく機会になることを確信しています。

 

 

今回、4週間ホームステイを受けていただいたご家庭の皆さま、本当にありがとうございました。

今回引き受けていただいたことがご家庭にとっても、精道生にとって良い機会になっていれば幸いです。

Redfield生たちも「こんなご飯いただいた」「こんなお話をした」など、熱く語ってくれるのを毎日聞いて嬉しく思ってました。

 

最後に、学校からのお土産と学校間の記念品を渡してしばしのお別れです。

私はまた8月に引率でシドニーRedfield校を訪問します。

5/18にその説明会を実施しますので、興味・関心あられる方は是非ご参加ください。

 

この交流がますます発展していくように尽力していきたいと考えています。

C1b6070363314b078e031bcc4cb7b3ba

6276a59d2eb2429ebc032c4efdd3cc4d

Fa7f1ef30f9b4584a91f637e6f7acaf7

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »