« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月29日 (土)

大学入試センター試験100日前集会

本日、本校の2学期中間試験最終日です。

それぞれの生徒が力を出し切れたでしょうか。

例によって、私は自分の担当クラスの答案を本日返却。
中学一年生は答案を待ち切れないのか、
昨日から
「今日返るんですよね!」
と大請求。

試験は昨日実施だったのですが……

確かに、昨日の下校時間には採点は終了していましたが、さすがの私も試験期間中には返却しません💦

そして、本日返却。


喜んでいた生徒が多かったのは良かったです。



さて、表題のテーマ。

本日、高校生を対象に
「大学入試センター試験100日前集会」
を行いました。

正確には、
「高校3年生の」
100日前集会ですが…。


さらに正確には111日前ですが…



ともかく、
受験生にとって避けて通れない
とても大事な試験です。


進路主任の話


に続いて、下級生からの応援の言葉


に引き続き、校長からの激励の言葉



そして、3年生の決意の言葉



特に、3年生の決意の言葉では
穏やかな話ぶりでしたが、
会場の空気をピンと張り詰めさせるような
そんな強さが言葉に表れていました。


3年生全員が後悔することがないよう、
少しの時間も無駄にせず、
全力を尽くしてほしいと思います。


教職員一同に下級生たちも含め、
『精道三川台』一丸となって高校3年生をサポートしていきたいと思います。

2018年9月25日 (火)

お彼岸

秋分も過ぎ、お彼岸です。

みなさま、お墓参りはなさいましたか?

と、カトリックを教育理念に持つ学校に似つかわしくない文頭となりましたが……





今年の「仲秋の名月」つまり、陰暦の8月15日は昨晩でした。
しかし、今年は今夜が満月。

このように、「名月」と満月がずれることもままあるようです。


今年の中秋の名月は曇ってあまり見えなかったですが、今夜の満月は美しく輝いてます。


そして、お彼岸と言えば、




鮮やかに咲いています。
またの名を曼珠沙華。
実に仏教っぽいですね。

さすがのユキちゃんも彼岸花は食べないようです……



もう一つ、本校に咲いているとは思いもしていなかったのですが、


黄色い彼岸花。
またの名を「ショウキズイセン」
端午の節句にまつる鍾馗神に由来しているようですね。

花言葉は
「追憶、元気な心、陽気、深い思いやり」
色が黄色になるだけで彼岸花の印象もガラリと変わるようです。


秋ですが、その他に本校の敷地で咲いている花を撮ってみました。


お花ではないですが…







やたらと蝶々が飛来してくる花がありました。





爽やかな秋晴れの中、
ブログの為と言い訳をしながら、
敷地内をのんびりと散歩でき、気持ちの良いひとときを過ごさせていただきました。

ありがとうございます。


ポカポカ陽気、
小学校前の亀も全身全霊で日向ぼっこ。

2018年9月16日 (日)

ソフトテニス新人戦 長崎地区大会

爽やかな秋晴れの今日、
ここに赴きました。


ソフトテニス新人戦の長崎地区大会。
地区戦といいながら、とても大事な大会のようです。

というのも、ここでベスト32に入ると県大会に出場出来るようなのですが、逆にそれを逃すと、春まで個人戦がないらしい。

県大会に向けても、ポイント的にも、
ここで上位に入ることが必須。

本校からは2年生3ペア、1年生3ペアが出場。
1年生ペアたちは残念ながらベスト32に入れませんでしたが、2年生3ペアは揃ってベスト16に。
そのうちの1ペアはあと1ポイントでベスト8というところで逆転敗退!

うーん、残念!!


そして、話がグーンと飛んで

決勝戦。

ユニホームは違いますが、
どちらも本校ペア!


そうです!
地区大会とはいえ、
本校史上初の公式戦決勝戦同校対決!!

いやー!興奮します!


試合前に顧問の前に全員集合。


同校決勝ということで、顧問はベンチに入りません。
勝った方が『一番手』の称号を手に入れます。

部員たちは二手に分かれて応援に。


そして、私はここから。



田中・田川そペア、古賀・田川たペア

どちらも全力を出しきり、ぶつかります。


練習試合ではない、ガチンコ勝負。
彼らにとってもこのような貴重な機会はあまりないことでしょう。

教頭という立場としてはとても安心な観戦。
でも、一方で、
息を飲むような、手に汗を握る観戦。


いやー、素晴らしい試合を見ることができました!


勝ったのはこのペア。



ここでは名前は控えます。


負けた方は当然、悔し涙。
勝った方は一瞬喜んだあと、

「いやいや、気を緩めたらダメだ。次に向けて気を引き締めよう!」

と、ペア同士で言っていました。

背中越しにそれを聞いたとき、私は本当に嬉しく思いました。
恥ずかしながら、目頭が熱くなったのはここだけの秘密です。

この一戦で、
どちらのペアも大きく成長したことを目の当たりにして、
教師冥利につきると言っても過言ではありません。



選手の皆さん、
保護者の皆様、

本当にお疲れ様でした!
素敵なひとときをありがとうございます!

2018年9月 7日 (金)

オーストラリア研修 5週間コース 帰途

本日、5週間コースの生徒たちが全日程を終え、帰途につきます。

5週間という期間は高校生にとって、どのような変化をもたらすでしょうか。

会話ができるようになった。
リスニング力が増えた。
自立心が成長した。
交渉力がついた。

などなど、返事をしてくれたら嬉しいですね。
会うのが楽しみです。


今しがた、Redfield校のJohn先生に空港まで送ってもらい、チェックインを済ませたようです。

無事に出国審査、出国ゲートをぬけられたかな?


John先生より届きました。


羽田の乗り継ぎはものすごく楽ですが、
1つだけ手間がかかるので、
そこを上手く乗り継いでくれたらと思います。

では、
Have a safe and nice trip‼️🛫

2018年9月 5日 (水)

オーストラリア研修 5週間コース 報告 ②

5週間コースの生徒から報告がきました。
今週末には帰国する5週間コースの生徒たち。
シドニー満喫のようです。





今週は他の2人がキャンプに参加したことにより水曜日から金曜日の3日間は1人で学校の授業を受けていました。

授業は特に変わったことはありませんでしたが、昼休みなどの休み時間は1人でいることが多かったので、周りの人から話しかけられて、仲良く話したり、一緒にスポーツしたりと1人ならではの体験ができました。


特に休み時間中に折り紙を折ってみんなに教えてあげたことが一番印象に残ってます。

折り鶴はやはり有名で、作ったら歓声がわくほどでした。
こういう事でみんなとの距離は近くなったと感じました。



そしてシドニー最後の週末はかなり楽しみました。


土曜日
もう1人の精道生とそのホストブラザーの3人でタロンガズーに行きました。

ちようど僕ら5週間組はタロンガズーに行けなくて残念だと思っていたので、行くことができて嬉しかったです。

広すぎて、11時から17時までタロンガズーを歩き回りましたが、ギリギリ全部まわれるくらいのかなり広い動物園でした。


日曜日
カンガルーの肉で、バーベキュー。
少し生臭い感じはありましたが牛肉に似た味で美味しかったです。


その夜、シドニーに夜間観光に行きました。






昼間と違い、また違う綺麗な景色を見ることができてよかった!
一度オペラハウスを夜に見たいなと思っていたのでとても嬉しかったです。









もうすぐ帰国。
精道からでた宿題・課題もほぼ終え、
荷物のパッキングも順調です。

交流を深め、帰国したいと思います。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »