« オーストラリア研修 9日目 ② | トップページ | オーストラリア研修 10日目 ② »

2018年8月15日 (水)

オーストラリア研修 10日目 ①

残すところ今日と明日、そして、移動日の金曜となりました。

今日と明日は学校で終日過ごします。

と、私は1人別行動。

というのも、3ヶ月コースに申し込んだ生徒が、諸般の事情で本日到着です。

台風を心配しましたが、なんとか台風が九州に影響与える前に出発。
無事シドニーに到着しました。


プログラム担当のJohn先生に迎えにきてもらい、そのまま学校に到着。

到着早々ですが、中3に合流しました。


なんと、Redfield校の生徒たちからも大歓迎。大勢に取り囲まれて歓迎を受けていました。


ところで、今日空港から学校に送ってもらうときに、ハイウェイではなく、裏道を通りました。
すると、色鮮やかな花をつけた木が。
紫木蓮です。
確か木蓮の季節は4月〜5月。
ということは‥‥

桜も咲いているのではと思い、聞いてみるとポツポツと咲いているとのこと。
日本のように固まってはないけど、庭木や街路樹で植えているところがあるとのこと。
見ていくと、ありました!






8月に見る木蓮、桜はなかなか乙です。



今日は8月15日。
日本人にとって大事な記念日。
73年前のこの日に思いを馳せつつ、平和を願って黙祷とお祈りを捧げます。


また、お盆の送り出す日。
精霊流しや五山の送り火など、仏教徒に限らず、日本人にとって大事な日。


そして、カトリックの人にとっても大事な日です。

聖母マリアは地上の生活を終え、霊魂も肉体もともに天に上げられた。この被昇天にあずかった日とされているのが8月15日です。

英語では
キリストの昇天にはAscensionが用いられ、
聖母マリアの昇天にはAssumptionが充てられています。
日本語ではキリストには昇天、
聖母マリアには被昇天の語を充てて区別しているようですね。


ちなみに、
フランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸したのも、1549年の8月15日とのことです。


他方で、
この日、朝鮮・台湾は日本の統治から解放されました。そのため、大韓民国や朝鮮民主主義人民共和国、台湾では、『光復節』が祝われます。


様々な文化、歴史、背景の人たちが、
それぞれの思いを込めて祈る日。


多文化社会のSydneyに来たからこそ、
新たな認識で恒久的平和を祈りたいと思います。

« オーストラリア研修 9日目 ② | トップページ | オーストラリア研修 10日目 ② »