« 2018年1月 | トップページ

2018年2月

2018年2月19日 (月)

オーストラリア研修3週間目(本人よりの報告)

オーストラリアに行っている生徒から報告がありましたのでみなさまにもお知らせします。




オーストラリア研修が始まりあっという間に2週間は経ちました。

学校では9thの英語の授業を受け、その他の授業はホストブラザーと一緒の授業を受けています。
他にも空手や音楽のクラブアクティビティにも参加しています。












授業の内容はとても難しいのですが、RedFieldの生徒たちが取り組んでいる課題にも取り組みながら、英語の能力が伸びるように努力をしています。

少しずつではありますが、聞き取りができるようになってきました。

学校外ではホストブラザーとテニス、サイクリング、楽器演奏をしたりして楽しんでいます。その他にも週末はホストファミリーと一緒に教会に行ったりします。







その他にもホストファミリーにショッピングモールや海にも連れて行ってもらいました。








ホストファミリーがマレーシア系の方達なのでご飯はマレーシアのものがメインです。
どれも美味しいものばかり!
先日はタイ料理のお店に連れて行ってもらいましたがとても辛くてビックリしました。








滞在期間が残り少なってきましたが、精一杯楽しみたい思います。

2018年2月18日 (日)

門出の日

久しぶりのアップになりました。



きれいに晴れ上がったこの日、
今日は素敵な事が。


本校の職員が結婚式を挙げました。




緻密な仕事をする、素晴らしい同僚。
生徒たちに慕われる立派な教員。
そして、物腰の柔らかい好青年。

素敵なパートナーとめぐり逢いました。



担任をしている生徒たちも駆けつけ、
本当に素晴らしい式でした。




精道に御縁がある方もない方も、
2人の門出を祝福いただければ幸いです。


2018年2月 5日 (月)

中期オーストラリア研修(4日目)

4日目はホストファミリーのPaulさんのご家族が一斉に集まるファミリーDAY。
Paulさんの12人のお子さんのうち8人がいらっしゃっていました。

総勢20人をもてなすための準備に追われる午前でしたが無事に楽しい時間を過ごせました。










その後18年前に僕自身がお世話になったホストファミリーと再会。


お家に到着すると、手作りのケーキでおもてなし。
美味しかった!


ホストファーザーもマザーも以前と全く変わりがなく、とても幸せそうな家族でした。
ホストブラザーのうち1名は現在NewYorkのドイツ銀行で働いているため、
お会いできなかったのは残念でした。



当時お世話になった同級生のChrisは結婚をして、1歳の娘さんが誕生していました。
なんと、その子は僕の娘と4日違いで産まれていました。
また連絡を取り合う中になりそうです。

2018年2月 4日 (日)

中期オーストラリア研修(3日目)

オーストラリア3日目は新年度オリエンテーションへの参加で始まりました。




このオリエンテーションへの参加は私にとっても、良い学びの機会となりました。
Redfield校は「Parents for Education (両親こそが最高の教育者である)」という考えのもとに、教育活動を行っています。




Redfield校と精道三川台の共通点は同じカトリックの教育理念のもとに教育活動を行っていることと同時に、保護者と学校の距離感の近さだと強く感じさせられました。

オリエンテーションが終わり、
午後はシドニー市内を探索することに…

ガイドはもちろんホストファーザーのJohnさんです。
まず初めに驚くのはJohnさんの歩くスピードの速さ。
…今年で72歳になる彼の歩くスピードは、
32歳の僕が早歩きをしなければいけないほど…



午後のスタートはこの背中を追うことに精一杯でした…
彼のスピードに慣れて来た頃にはシドニー中心部に到着



まずは始めにオペラハウスから。
とても良い天気の中で見るオペラハウスは抜群に綺麗でした。
ここでホストファーザーのJohnさんが
「10回以上もオペラハウスで実際に演奏をしたことがある!」
という驚きの情報を告白!

次に向かったのは、僕がリクエストをしたArt Gallery of NSW(AGN)。
オーストラリアが誇るアーティストたちの絵を見学。



中でも印象的だったのは先住民であるアボリジニーのアートでした。



その後AGNの中で昼食を済ませ、シドニー内を探索しながら帰路に着きました。


そのあと、本校生徒のホストファミリーとの対面。
いったいどのようなおうちに滞在しているのでしょうか…。



お家に伺うと、とても気さくなお父様がお出迎え。

僕自身は本校生徒の状況が気になっていたのですが、
彼のリラックスした顔を見た瞬間、このホームステイは成功すると確信しました。

ホストファミリーのご両親はとても教育熱心な方々で、単に本校生徒を受け入れるだけでなく、彼にとってどのようなことをしてあげられるか…どのような事をすれば彼の英語の能力を効率的に伸ばすことができるかを真剣に考えてくださる素敵なファミリーでした。




その後ホストブラザーと本校生徒による音楽セッションを見学。
本校生徒は本当に楽しそうに演奏をしていました。

まさに、言語を介さなくても、コミュニーケーションツールである楽器を通して、
彼は海外での生活を有意義なものにしているなぁと、強く感じました。
もちろん、会話も楽しんでいましたよ!




家族紹介後にマレーシアレストランに連れて行っていただきました。
ホストファザーはマレーシアのご出身だそう。
マレーシア料理、とても美味しくいただきました。



明日は18年前に僕が精道三川台15期生としてオーストラリアを訪問した際にお世話になったホストファミリーと会う予定です。

その様子もブログにあげる予定ですので楽しみにしていて下さい。

それでは、おやすみなさい。

2018年2月 2日 (金)

中期オーストラリア研修(2日目)

無事にオーストラリアのシドニーに到着。
空港までRedfieldの先生に来てもらい
その足でRedfield校を訪れました。





私自身18年前に精道三川台の15期生としてRedfield校を訪れましたが、その頃よりも校舎が増えているようです。







Redfield校の国際交流担当の先生。



学校に着くと早速host brotherと合流。



一緒にお昼ご飯を食べて、授業を受けました。
本校生徒は2年前に1度、2週間コースで訪問しており、
host brotherはその時と同じ。
そうです、同じファミリーが再度受け入れてくれたのです。
素敵ですね!


科目は英語(国語)と現代史(ロシアの近代歴史)。




放課後、一緒に空手のレッスンを受けました。
指導するJohn先生のキレの良さにビックリです。




このあとはホストファミリーのお家に帰り、再会を喜びます。

中期オーストラリア研修1日目(出発)

無事に長崎を出発し、羽田空港に到着。国際ターミナル内で夕食を食べることに。しばらく日本食から離れる彼が選んだのは…

つるとんたん国際ターミナル店のうどんでした。



実は彼、今朝もお諏訪さんにある月見茶屋でうどんを食べて来たらしいです。それでもうどんを食べるという「うどん好き」のようです。

頼んだメニューは
貝柱クリームのおうどん。うどん好きなだけに新しいものに興味を持ったのでしょう。
写真はこちら






美味しく頂きました。

さぁ、それではまもなくオーストラリアに向けて出発です。





1時間後には出発です。

行ってきます!

中期オーストラリア研修1日目(出発式)

本日から中学3年の生徒が中期オーストラリア研修を開始します。今日から約40日間、一人でオーストラリア生活を過ごすことになります。
彼は1年半前も、短期オーストラリア研修を経験しています。今回の研修も無事に終えられるでしょうか。
とても楽しみです。

今回彼が決めた目標は3つ
・ホストファミリーとの交流を深める事
・英語力の向上
・ホストファミリー以外の友達と学校の外で交流を持つです。

目標達成を意識して、1日1日を有意義なものにしてもらいたいと思います。皆様も楽しみにしていて下さい。



まずは出発式の写真から…福田教頭からの激励を受けている様子。顔がかなり緊張しています。笑




次は生徒の誓いの言葉です。彼の力強い言葉と表情から今回の研修に向けての意気込みを感じました。素晴らしい経験が君を待ってるよ!ファイト!!



これから彼と引率を行う瀬戸口の日記でした。
本日よりよろしくお願いします。

オーストラリア5週間中期研修

2月、如月に入りましたが、
このところ少し忙しくして、ブログをあげられませんでした。

「如月」をチーマにでも書きたかったところですが、今日のところは延期、表題の件だけあげます。




本日、中3生が1人、オーストラリアに向けて出発しました。
内部進学を決めた人たちの中から、希望者のうちの若干名が5週間の研修に行くことができます。

行き先は、
オーストラリア、シドニー
にある姉妹校、Redfield Schoolです。
夏に2週間研修に行っているところですが、
そこにガッツリ5週間。
ホームステイしながら毎日学校に通います。

始めに教員が引率し、環境を整えたのち帰国します。ほぼ5週間中3生が1人で母国語ではないところで過ごすのはすごいですよね!


参加生徒と引率教員。
少し緊張気味?

はい、この2人を見送りに長崎空港に赴きました。


生徒の家族と、この先生の家族と、総勢5人で2人を見送り。
そう、出発する側より、見送る側が寂しそう。そういうものですね!



これから少しずつこのブログの方に様子があがっていきますので、またご覧ください!

« 2018年1月 | トップページ