« 冬至 | トップページ | 雪! »

2018年1月 9日 (火)

あけましておめでとうございます

みなさま、あけましておめでとうございます。


2018年も始まって早9日目。
七草粥、みなさん、もう食べられましたか。

無病息災を祈る意味や、、正月で酷使した胃を休ませる意味があるそう。
みなさまは暴飲暴食はなさらなかったですか?
この正月、私は自分一人で勝手に「ローストビーフ祭」を開催して個人的に楽しみました。
そんな情報はどうでもいいですね……。


ところで、最近の子供たちは春の七草を全部言えるのかなあ。
という私も秋の七草はすらすらとは言えませんが……。


春の七草
セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ(蕪)、スズシロ(大根)



秋の七草
ハギ・キキョウ・クズ・フジバカマ・オミナエシ・ オバナ・ナデシコ
萩・桔梗・葛・藤袴・女郎花(おみなえし)・尾花(すすき)・ 撫子


春の七草は食するけど、秋の七草は葛以外は基本的には食さないですね。
春は多くの人が覚えているでしょうけど、秋はなかなか覚えられません。

「覚え方」で検索してみると、
頭文字をとって覚える方法が主流でした。

「おすきなふくは?」
「おおきな袴(はかま)はく」

などがあがってきました。
思わず笑ったのは、

「ハスキーなおふくろ」
「ハスキーなクフ王」

……無理やりですね。



さてさて、話を七草粥に戻すと、
当然ながら、地域によってバリエーションがあるよう。

私が知っている京都や奈良の「おかゆさん」
(関西ではおかゆにも「さん付け」してました)
にはおもちが入っています。



さらに、奈良では横にきな粉を添えて、
おかゆさんから取り出したおもちにきな粉をまぶして食べてました。

さらにさらに、奈良ではおかゆさんだけでなく、
正月のお雑煮にもきな粉を添えて、
お雑煮から取り出したおもちにきな粉をまぶして食べます。




もはや何のためにおもちを雑煮に入れるのか分らないですね。


みなさまの七草粥はどのようなものですか?



さあ、学校はといえば、本日9日は始業式。


校長先生の挨拶も、生徒代表の挨拶も
「あけましておめでとうございます」
から始まりました。

世の中では様々な動きがあることが予定・想定・予想されています。
そのような「激動」と言ってもよいような2018年、生徒たちはどのように過ごしていくのでしょう。

その2018年の中高は、ひとりの欠席者を出すこともなく、
スタートを切りました。

幸先の良いスタート。


続いて、生徒たちはさっそく実力テスト。
実力発揮できていますか?


さらに、正月開けそうそうですが、今週末には早速大学入試センター試験があります。
高3の生徒たちは正月2日から学習会に参加し、1点2点にこだわって学習を重ねています。

このまま体調を維持し、万全の態勢でセンター試験に臨めるよう、みなさまもお祈りください。


« 冬至 | トップページ | 雪! »