« 高1お魚捌き方教室 | トップページ | オーストラリア5週間中期研修 »

2018年1月20日 (土)

行事目白押し

センター試験を終えた高校3年生たちが受験校を決定する1月第3、第4週、
他学年でも行事が目白押しです。

お魚捌き方教室は既報のとおりですが、
同じく高1が金曜日の7時間目にインターンシップ前のマナー講座を行いました。


長崎情報ビジネス専門学校から講師をお招きしてのマナー講座。
この講師の方は現在多くの高校、大学、そして企業の新人研修などで講演をされていらっしゃいます。また、企業の人事も担当されたことがあり、ご経験に裏打ちされたご講演は生徒たちに刻み込まれました。


これで来週のインターンシップはひとつレベルアップして臨めそうですね!


同じく金曜日の7時間目、
英検を受験する生徒たち対象に英検対策講座を実施しました。


学年枠を取っ払い、中1から高3まで、受験する級別の講座を実施。
本校英語科では、年に3回実施される実用英語技能検定を全員少なくとも1回受験するように励ましています。

様々報道されているように、2024年度を目処に英語は現在のセンター試験に代わる「大学入学共通テスト(仮称)」からなくなり、民間の検定試験が大学入学の判断材料として利用されると言われています。
2020年度から2023年度も、国公立大学は
共通テストの英語のテストと民間の検定試験の両方を課す
と報じられました。

検定試験の必要性がますます高まります。
受験料など、保護者の皆様にはご負担をおかけすることになりますが、どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

さて、その金曜日の放課後、2級、準2級、3級にチャレンジしました。
昨年度から試験内容に筆記の作文が課されるように変わっています。
対策講座でも、そこを念頭に置いて練習しましたが、書けたかな?



さて、本日土曜日。

中学1年生たちは「社長さんインタビュー」を実施しました。




実際に経営をされていらっしゃる方々がどのような想いで会社経営をされていらっしゃるのか

どのような理由でその出身大学と学部学科を決めたのか
などなど、インタビューします。
どの社長さんもとても熱く語っていただき、生徒たちが将来を考える道しるべとなったことでしょう。

中2たちはこれまで活動してきた「大学の学部学科調べ」の発表会を実施しました。

中1の社長さんインタビューから職場インタビュー、職業調べ、職場体験などを経て学部学科調べにたどり着いていますが、その流れも含めて発表していました。

本校の特徴で、中学時代から大学を見据えたキャリア教育に取り組んでいます。
早期から大学を見据えることで自分の進路・将来設計をより強固なものにするだけでなく、モチベーションを高めて学習にも取り組むことができるようにとの狙いがあります。


多くの保護者の方々にも見ていただき、生徒たちもヤル気に溢れていました。

そして、修学旅行を前にした保護者オリエンテーションが実施されました。
中学生は妙高へのスキー研修。
3月に行きますが、妙高ではまだまだ雪があり、とても楽しめるので、生徒たちも期待に胸が膨らんでいます。


さらに、次週ですが、
月曜日から高2生たちが修学旅行に出かけます。高校生たちはフィリピン。
昨年、姉妹校の生徒さんたちが本校を訪問しましたが、今度は本校が訪問します。

昨年、ホームステイを引き受けていただいたみなさま、本当にありがとうございました。
みなさまの受け入れがとても良かったと、フィリピンの生徒たちが帰って報告したようです。
そのお蔭で、今回本校が訪問するとき、我々の要求以上のフィリピンのご家庭がホームステイ受け入れに名乗りを上げていただいたようです。
心が通う交流をしてきてください!


最後に、高1たちが火曜日からインターンシップです。
4日間の日程ですが、基本的には1人1事業所での活動。存分に「社会」を経験してきてほしいと思います。
中には、3泊4日、泊まり込みで農業実習をする生徒、同じく3泊4日泊まり込みで漁業実習をする生徒など、今年度はユニークなものもあります。
帰ってきた時の生徒たちの変容がとても楽しみです。


さて、盛り沢山のこの2週間、
学校も盛り上がります。


あっ、高1のマナー講座やインターンシップにNIBさんが取材に来ていただくようです。
一連の流れの中で少し特集のような感じで放送されるとのことです。
放送日が確定したらまたおしらせしますね。

« 高1お魚捌き方教室 | トップページ | オーストラリア5週間中期研修 »