« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月20日 (土)

行事目白押し

センター試験を終えた高校3年生たちが受験校を決定する1月第3、第4週、
他学年でも行事が目白押しです。

お魚捌き方教室は既報のとおりですが、
同じく高1が金曜日の7時間目にインターンシップ前のマナー講座を行いました。


長崎情報ビジネス専門学校から講師をお招きしてのマナー講座。
この講師の方は現在多くの高校、大学、そして企業の新人研修などで講演をされていらっしゃいます。また、企業の人事も担当されたことがあり、ご経験に裏打ちされたご講演は生徒たちに刻み込まれました。


これで来週のインターンシップはひとつレベルアップして臨めそうですね!


同じく金曜日の7時間目、
英検を受験する生徒たち対象に英検対策講座を実施しました。


学年枠を取っ払い、中1から高3まで、受験する級別の講座を実施。
本校英語科では、年に3回実施される実用英語技能検定を全員少なくとも1回受験するように励ましています。

様々報道されているように、2024年度を目処に英語は現在のセンター試験に代わる「大学入学共通テスト(仮称)」からなくなり、民間の検定試験が大学入学の判断材料として利用されると言われています。
2020年度から2023年度も、国公立大学は
共通テストの英語のテストと民間の検定試験の両方を課す
と報じられました。

検定試験の必要性がますます高まります。
受験料など、保護者の皆様にはご負担をおかけすることになりますが、どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

さて、その金曜日の放課後、2級、準2級、3級にチャレンジしました。
昨年度から試験内容に筆記の作文が課されるように変わっています。
対策講座でも、そこを念頭に置いて練習しましたが、書けたかな?



さて、本日土曜日。

中学1年生たちは「社長さんインタビュー」を実施しました。




実際に経営をされていらっしゃる方々がどのような想いで会社経営をされていらっしゃるのか

どのような理由でその出身大学と学部学科を決めたのか
などなど、インタビューします。
どの社長さんもとても熱く語っていただき、生徒たちが将来を考える道しるべとなったことでしょう。

中2たちはこれまで活動してきた「大学の学部学科調べ」の発表会を実施しました。

中1の社長さんインタビューから職場インタビュー、職業調べ、職場体験などを経て学部学科調べにたどり着いていますが、その流れも含めて発表していました。

本校の特徴で、中学時代から大学を見据えたキャリア教育に取り組んでいます。
早期から大学を見据えることで自分の進路・将来設計をより強固なものにするだけでなく、モチベーションを高めて学習にも取り組むことができるようにとの狙いがあります。


多くの保護者の方々にも見ていただき、生徒たちもヤル気に溢れていました。

そして、修学旅行を前にした保護者オリエンテーションが実施されました。
中学生は妙高へのスキー研修。
3月に行きますが、妙高ではまだまだ雪があり、とても楽しめるので、生徒たちも期待に胸が膨らんでいます。


さらに、次週ですが、
月曜日から高2生たちが修学旅行に出かけます。高校生たちはフィリピン。
昨年、姉妹校の生徒さんたちが本校を訪問しましたが、今度は本校が訪問します。

昨年、ホームステイを引き受けていただいたみなさま、本当にありがとうございました。
みなさまの受け入れがとても良かったと、フィリピンの生徒たちが帰って報告したようです。
そのお蔭で、今回本校が訪問するとき、我々の要求以上のフィリピンのご家庭がホームステイ受け入れに名乗りを上げていただいたようです。
心が通う交流をしてきてください!


最後に、高1たちが火曜日からインターンシップです。
4日間の日程ですが、基本的には1人1事業所での活動。存分に「社会」を経験してきてほしいと思います。
中には、3泊4日、泊まり込みで農業実習をする生徒、同じく3泊4日泊まり込みで漁業実習をする生徒など、今年度はユニークなものもあります。
帰ってきた時の生徒たちの変容がとても楽しみです。


さて、盛り沢山のこの2週間、
学校も盛り上がります。


あっ、高1のマナー講座やインターンシップにNIBさんが取材に来ていただくようです。
一連の流れの中で少し特集のような感じで放送されるとのことです。
放送日が確定したらまたおしらせしますね。

2018年1月15日 (月)

高1お魚捌き方教室

高3高2が試験に挑んでる一方で、
高1も特別な催しが実施されました。

「お魚捌き方教室」です。
長崎県長崎振興局県央水産業普及指導センター、そして、長崎県漁業士会から計5名の方に来ていただき、
漁業について、
漁具について、
お話をいただいたあと、捌き方を習いました。




立派なカンパチ


食い入るように捌き方に見入る生徒たち。






ひと通り実演を見させていただいたあとは実際に捌きます。
生徒たちが捌くのはマアジ。






今朝の漁であがったマアジですので、とびきり新鮮。刺身でいただきたいですが、そこは調理実習ということで、フライにします。
3枚におろし、塩コショウ、小麦粉とカレー粉をまぶして男の子好みのフライに。





んっ?なんか、ケーキでも作っているかのような手つき。なんで!?





盛り付け方はさすが男の子たち。
……自由です……





あわせて、1番最初のカンパチも各班に切り身を渡し、各班で刺身に。







なぜそこにトマトを!?


大量に出た中骨は骨せんべいに。






出来上がり!





さぁ、実食!!










みんな、満面の笑み。
そりゃ、笑顔も出るでしょう!

私もご相伴に預かりました。


実に美味しい!

えっ?あっ、はい。
お刺身は生徒たちであっという間になくなりました。
そりゃあね、今朝あがったカンパチ、
目の前で捌いたのですから、
そりゃ美味しいでしょう。
美味しいに決まっています。
美味しそうでした…

……羨ましい……


本日は実に多くの報道陣の方々にも来ていただきました。
長崎市水産農林部の方、
魚のまち長崎応援女子会の方、
長崎ケーブルメディア、
KTN
NIB
NBC
長崎新聞社
と、ただでさえ手狭な実習室がてんやわんやの大騒ぎでした。






長崎新聞社さんは明日の新聞、
NIBさんは明日の18:15からのニュースで、
その他は
本日の18:15からのニュースで放送される予定です。

ぜひご覧ください!

大学入試センター試験 翌日

前回の記事にあげているように、
大学入試センター試験の翌日は自己採点です。




採点ミスがあってはならない自己採点。
自分の世界に入り、シーンとした中で採点させます。

悲喜交々ありますが、それさえも顔の表情に表さないように心がけます。

この採点結果を用いて、これから受験校を検討していきます。
希望と
個別学力検査の科目数、難易度、相性など、
様々な条件を参考にしながら、
今年度のデータと過去のデータと照らし合わせつつ、最終的に受験校の提案ができるのが金曜日、面談で相談して決定となります。


高3の授業は特別編成授業となり、いよいよ受験科目に特化した授業の組み合わせとなります。


ところで、高2の人たちは
センターリアルチャレンジという、
今回のセンター試験の問題を実際に解いてみる模試を行います。




来年はこの高2生たちが本番を迎えます。

ゆきちゃんも応援しているようです。

ゆきちゃん、雪に覆われていた「お食事」が現れてよかったね!
数日前




かなり気が早いですが、
高2生たちが来年、力を全て発揮ができるようにお祈りください。

2018年1月14日 (日)

大学入試センター2日目




2日目を迎えました。

ちなみに、1日目は
地歴①
地歴②
国語
外国語筆記
外国語リスニング
が実施されました。
朝8:30頃に集合し、
終わりは18:00を過ぎるという長丁場。

2日目の今日は
理科基礎
数学①
数学②
理科①
理科②
同じく8:30から18:00頃まで。

幸い、本校生徒たちは
体調を崩す者もなく、
試験に臨むことができているようです。


あとは普段どおり、落ち着いて試験を受けられるよう祈るばかりです。


明日は学校で自己採点。
ここも気を遣うところです。
自己採点ミスがあると困りますから。

本来の点数より低くつけてしまうと、
受けられるはずだった大学を回避してしまうということが発生します。

逆に、
本来の点数より高くつけてしまうと、
回避しなければいけないはずの大学をそのまま受験してしまう
ということが発生します。

ということで、試験と同じくらいの緊張感を保ち、私語をすることなく自己採点をするように指導します。

良くても悪くても「ありのまま」が鉄則。


みなさま、生徒たちの幸せを今一度お祈りいただけると幸いです。

2018年1月13日 (土)

大学入試センター試験

今日は大学入試センター試験です。

全国的に寒波に襲われていますが、受験生のみなさんが無事に試験を受け、かつ、実力をいかんなく発揮するようにお祈りしております。

本校の高校3年生たちも全員受験します。
日頃の成果を発揮できますように。


という私は、例年なら大学入試センター試験の受験の激励に訪れるのですが、今年は本校の中学校入試と重なり、学校で入試業務です。
本校を受験する受験生たちは無事全員受験に臨めました。
実力を発揮していることを願っています。


本日の日程終了後。




今日の指示はただ1つ。

「今日のテストのことは一旦頭から出すこと。一切を忘れて明日の教科・科目の準備に充てること。
そのためにも、今日は一切ネットにアクセスしないこと。」

です。
巷にはいろいろと情報が溢れますから。
個人のブログやツイッターもしないように指示しました。
全ては明日の残りの教科・科目で全力を出しきるため。
平常心で臨むため。



ところで、今回の寒波は例年以上です。
昨日の長崎市の最高気温は2度。
今朝の最低気温はマイナス2度。

道路上の雪は溶け、交通に支障をきたさなかったのは本当に幸いです。しかし、道路脇や斜面、家々の屋根の上にはまだまだ雪が残っており、さらに凍結しています。




みなさまも足元、お気をつけください。

今日は長崎市内、5度くらいまで上がるようですね。
明日は9度、週明けは12〜15度と、一気に暖かくなる予報。

寒暖差が大きい!

体調に気をつけてお過ごしください。

2018年1月11日 (木)

雪!

昨夜からの雪で、長崎の平地でも朝から銀世界です。




昨夜のうちにチェーンを巻き、
朝を迎えましたが、学校は少し山の上。
ゴムチェーンのおかげでなんとか通勤できましたが、金属チェーンの公共のバスはスリップしたり、空転したりしていたものも。

スクールバスは、学校前の坂道が雪と凍結で運休しました。
中高は2時間遅れで始業の予定ですが‥‥

学校も銀世界。








ゆきちゃんも雪の中。
小屋に戻ればいいのに‥‥




公共の交通機関は9:30現在も乱れているようです。
早く戻って欲しいですね。

これから登校する生徒もいると思いますが、
安全には最大限配慮してください!


写真追加









2018年1月 9日 (火)

あけましておめでとうございます

みなさま、あけましておめでとうございます。


2018年も始まって早9日目。
七草粥、みなさん、もう食べられましたか。

無病息災を祈る意味や、、正月で酷使した胃を休ませる意味があるそう。
みなさまは暴飲暴食はなさらなかったですか?
この正月、私は自分一人で勝手に「ローストビーフ祭」を開催して個人的に楽しみました。
そんな情報はどうでもいいですね……。


ところで、最近の子供たちは春の七草を全部言えるのかなあ。
という私も秋の七草はすらすらとは言えませんが……。


春の七草
セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ(蕪)、スズシロ(大根)



秋の七草
ハギ・キキョウ・クズ・フジバカマ・オミナエシ・ オバナ・ナデシコ
萩・桔梗・葛・藤袴・女郎花(おみなえし)・尾花(すすき)・ 撫子


春の七草は食するけど、秋の七草は葛以外は基本的には食さないですね。
春は多くの人が覚えているでしょうけど、秋はなかなか覚えられません。

「覚え方」で検索してみると、
頭文字をとって覚える方法が主流でした。

「おすきなふくは?」
「おおきな袴(はかま)はく」

などがあがってきました。
思わず笑ったのは、

「ハスキーなおふくろ」
「ハスキーなクフ王」

……無理やりですね。



さてさて、話を七草粥に戻すと、
当然ながら、地域によってバリエーションがあるよう。

私が知っている京都や奈良の「おかゆさん」
(関西ではおかゆにも「さん付け」してました)
にはおもちが入っています。



さらに、奈良では横にきな粉を添えて、
おかゆさんから取り出したおもちにきな粉をまぶして食べてました。

さらにさらに、奈良ではおかゆさんだけでなく、
正月のお雑煮にもきな粉を添えて、
お雑煮から取り出したおもちにきな粉をまぶして食べます。




もはや何のためにおもちを雑煮に入れるのか分らないですね。


みなさまの七草粥はどのようなものですか?



さあ、学校はといえば、本日9日は始業式。


校長先生の挨拶も、生徒代表の挨拶も
「あけましておめでとうございます」
から始まりました。

世の中では様々な動きがあることが予定・想定・予想されています。
そのような「激動」と言ってもよいような2018年、生徒たちはどのように過ごしていくのでしょう。

その2018年の中高は、ひとりの欠席者を出すこともなく、
スタートを切りました。

幸先の良いスタート。


続いて、生徒たちはさっそく実力テスト。
実力発揮できていますか?


さらに、正月開けそうそうですが、今週末には早速大学入試センター試験があります。
高3の生徒たちは正月2日から学習会に参加し、1点2点にこだわって学習を重ねています。

このまま体調を維持し、万全の態勢でセンター試験に臨めるよう、みなさまもお祈りください。


« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »