« 教員紹介 ① | トップページ | 11月最終週 »

2017年11月18日 (土)

演劇県大会

さぁ、始まりました。
演劇県大会です。



正式には

『平成29年度長崎県高等学校総合文化祭演劇部門
第28回演劇発表会県大会』

といいます。

プログラムはこちら


今年はこの中から1校だけ九州大会に進出。

本校の劇に
「厳しか闘いになるやろね」
というセリフがありますが、
まさに、しのぎを削る厳しか闘いになります。

各校無事に力の限りを発揮してもらえたらなぁと思っています。
出し切れば悔いはなし!

「我が人生に(生涯に)一片の悔いなし」
の境地に達してくれたらなぁ!

人生語るには早いか……





そして、日曜日、当日です。
我らが部員たちは全然緊張しているそぶりなし。実は大物ぞろい?


リハーサルでの最終調整も終えてあとは本番を迎えるのみ。





そして、始まりました。
入り方は調子いい。
声が客席に届いてるかなぁ?
袖にいるとそれがわかりません。




あっという間の57分50秒!。
無事に終わりました。

部員たちはやりきったと思います。
「もっとこうできたのに!」
との反省の弁も今後の成長の糧。
とても良かった!

多くの保護者の方にも応援いただきました。
ありがとうございました。






そして、結果が出ました。




……
残念ながら入賞はなりませんでした。

大変悔しいですが、生徒たちがもっと悔しいはず。
演じた子たちの悔しい顔を見ていると我々大人も涙が出て来そうになりましたが、この経験は間違いなく今後の人生に活きてくることと思います。

応援していただきましたみなさま、再度御礼申し上げます。
ありがとうございました。



ちなみに、九州大会進出の最優秀賞は
創成館高校の『髪を梳かす8月』

優秀賞は
瓊浦高校の『ウドリア』

でした。
おめでとうございます!

« 教員紹介 ① | トップページ | 11月最終週 »