« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

ハロウィン、そして、11月

本日、10月31日はハロウィンということで、日本でも浸透してきましたね。
学校ではなーんにもしていませんが……


でも、なんだか、元々のHalloweenとは趣旨がかなり違ってきたようです。



ハロウィンとは、簡単に言うと、

「カトリックの祝日「万聖節」の前夜のお祭りで、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられているお祭りのこと」

です。

その昔、ケルト人の1年の終わりは10月31日でした。
この日は秋の収穫を祝う収穫祭が行われていましたが、この1年の終わりの日の夜には、死者の霊がこの世に戻ってきて、魔女や悪霊が悪さをするとも信じられ、秋の収穫を祝うとともに、悪い霊を追い払う宗教的な意味合いのお祭りとして行われていたようです。


現在では、カトリック教会で11月1日に祝われる「諸聖人の日(万聖節 All Saint's Day)」の前夜に行われるお祭りとして知られています。

「諸聖人の日(万聖節)」とは、カトリック教会の祝日の一つで、すべての聖人と殉教者を記念する日とされています。
死者の魂がこの世に戻ってくると考えられているので、その期間にお墓参りをしたり、亡くなった人に祈りを捧げたりします。
11月を「死者の月」と言ったり、「灰の式」を行ったりしますよね。


では、なぜ仮装をするのでしょう?

死者の魂がこの世に戻ってくるなかに、悪霊や魔物も一緒にこの世にやってきて、あの世へ連れて行こうとするので、お化けの格好をして悪霊や魔物の仲間だと思わせる。
そうすれば仲間だと思った悪霊や魔物達は襲ってこないし、魂をとられることもない。

という説があります。
また、

この世にきた魔物たちが、この世の人間の怖い姿を見て驚き、怖がって逃げていってしまう。

という説もあるようです。
まぁ、いずれにしても魔除けの意味ですね。



では、「trick or treat」と言って近所の家を回る習慣は?

元々は、「souling(ソウリング)」というヨーロッパの習慣だったと言われています。

仮面をかぶって仮装した子供たちは、歌いながら、煉獄をさまよっている霊魂たちのために「ソウルケーキ(Soul Cake)《干しぶどう入りの四角いパン》」を乞いながら、 戸口から戸口へとたずね歩く。そして、何も差し出されないと、いたずらをする。

というものです。

1952年のディズニーアニメ「Trick or Treat(ドナルドの魔法使い)」の中のセリフで使われたことで、世界中で認知され、ハロウィンの決まり文句として定着したと言われています。

ちなみに、「Trick or Treat!」と言われた時には、「Happy Halloween!」と答えてお菓子をあげてくださいね。



諸説ある中の1つを紹介しましたが、
ともかく、
「仮装して騒ぐ日」
だけではないことは確かですね。

皆さまもHalloweenで盛り上がりながらも、
亡くなった人たちに想いを馳せてみてはいかがでしょうか。




さて、11月は「霜月」。

11月を迎えるにあたって、冷え込みが激しくなって来ました。
文字通り、
「霜降る月」らしくなってきました。

しかし、長崎に来てから、めっきり霜柱を踏むことがなくなったなぁと考えてました。
ジャリジャリ踏む感触が楽しくて。

よく霜を踏んだ記憶があるのですが、
それは私が過ごした奈良や京都は盆地だからなのか、
年月とともに温暖化が進んで霜が降りなくなったのか。

奈良・京都の方々、どうですか?
最近霜を踏んでいますか?

自分で撮った画像じゃなくて申し訳ありませんが……




霜月は「そうげつ」と読むこともあるようです。
京都の和菓子屋さんとか……

いや、お店じゃなくて……

「霜の降りた夜の、冷たく澄んだ月」

を言うようです。

11月は連休中の4日が満月。
まだまだ霜が降りる気温じゃないですね。
12月は3日、
年明けて1月は2日、
2月は1日
が満月。

まぁ、満月じゃなくても、「霜月」とは言うでしょうが、せっかくなら満月の霜月を見たいですよねー。



11月、学校では今年初めての
『中高文化活動発表会』
や、春から11月に移動してきた
『かもめ祭り』
など、大きな行事が控えています。

皆さまのご協力とご支援を仰ぐことになりますが、どうぞよろしくお願い致します。


あっ、演劇部の県大会もお忘れなく……


そうそう、生徒たちは月末の期末テストもお忘れなく!

2017年10月29日 (日)

高校オープンスクール

朝からというか、昨夜から激しい風雨でしたが、なんとかオープンスクールを開催することができました。

準備を整えて来校を待つ生徒たち。



協力ありがとう!

参加者に書いてもらったアンケートの感想で、
「在校生の人たちの対応が素晴らしかった」
とのご意見も頂戴しました。

素晴らしい!
『知的で、さわやかで、カッコイイ』精道生の本領発揮ですね。
お疲れ様でした!


グラウンドとコートコンディションは悪かったので、雨天バージョンで。
部活動体験の時間を半分にしてバスケとソフトテニスが交替で体育館での体験。
その残りの半分の時間は入試対策講座。

英語と数学について、本校入試の特徴などを伝え、問題の解説を行いました。



参加者に書いてもらった感想の中に
「数学の数当てマジックが高校で学習する範囲と知って、早く高校で学びたいと思いました。」
というのがありました。

数当てマジック⁉︎
何が行われたのでしょう?
私も参加したかったなぁ。


さて、
説明会会場は準備も万端。


それぞれの体験を終えた中学生たちの顔がにこやかだったので、よい部活動体験になったのかなぁと嬉しく思います。

説明会の司会を私がしていたので、写真は撮れませんでした。
司会席からの会場の様子の写真はかなり興味深い写真ですが……
心臓に毛が生えていると言われる私でも、さすがに司会中に写真撮影はねー。

ということで、画像はありません。
ご了承ください。


学校の様子をきちんと伝えられた説明会だったのではないでしょうか。
良いところだけを見せたわけでもなく、
飾ったわけでもなく、
ありのままの精道三川台を伝えられたと思います。
十分に納得した上で、本校に入学していただけたらと思います。

なにせ、3年間過ごすわけですから。
ミスマッチはお互い辛いですもんね。

「きっちりと納得した」多くの人たちに入学してもらえることを祈りながら、今日のところは締めたいと思います。


本当に多くの皆さまのご参加、
ありがとうございました。



ところで、昨日今日と、高1から高3が模擬試験にチャレンジしています。
ベネッセの模試ですね。

本当に様々な出来事がある週末。

明日から良い天気が続くかなぁ😊👍


2017年10月28日 (土)

中3 大学調べ発表会プラスα

27日、中学3年生が大学や学部学科について調べた結果を発表する機会がありました。

4月から継続して調べたものに加えて、8月に福岡にある福岡大学
(「福岡にある」と言及しなくてもわかりますね……)
のオープンキャンパスに行って調べたりインタビューした内容を盛り込んでいました。



中高一貫だからこそ、できること。

多くの中学生は「高校調べ」で終わりますよね。
でも、本校では中学、それこそ1年生から大学進学を視野に入れてキャリア教育を行なっています。


発表もなかなかのできだと思いました。
というのも、プレゼンソフトを用いても、
「その画面に多く盛り込みすぎて、発表はそれを順に読んでいく」
ということが起こりがちです。
しかし、彼らは画面はスッキリ、そして、発表で詳細を補足しながら進められていました。

なかなか良かったです。

と、写真が1枚しかありません。
本当はもっと見ていたかったのですが、
電話がかかってきて、対応しないといけなかったので退席しました。
残念!


この中からよかった2班が11月11日の文化活動発表会で発表することになっています。

よろしかったらみなさま、文化活動発表会にも足をお運びください。


あっ、『かもめ祭』のチラシでした……



そして、プラスアルファの部分ですが、
本日、実は
『第31回長崎国語教育実践研究大会』
という研究会が本校を会場として実施されました。



県下全域から40名ほどの国語の先生方が参加し、国語教育について研修を積んだようです。
講師の方は福岡から招聘したようで、実りある研究大会になったと聞いています。

そのような会が本校を会場に執り行われたことは素晴らしいです。






みなさま、お疲れ様でした!

2017年10月26日 (木)

10月29日は高校オープンスクール

季節外れに猛威を振るい、日本中で被害をもたらした台風21号が過ぎ去ってから一気に冷えてきました。
長崎も天気の良い日が続く一方、朝晩の冷え込みが強くなってきましたね。
みなさん、体調にはお気を付けください。





本校敷地内にある木々も色づき始めました。
キンモクセイ(?)もきれいに咲き誇っていますが、毎年紅葉が鮮やかな向かい側の山はまだまだこれからのようです。

この山は雑木林で、紅葉がきれいなんですよねー。楽しみです。



さて、今週末日曜日は高校のオープンスクール。学校説明会はもちろん、部活動体験、本校入試対策講座、軽食を摂りながらの歓談など、楽しいひとときを計画しています。


この天気が続くといいなぁと思っていたら、なんと!


【気象庁HPより】

はい、台風22号が接近の予報。
うぬぬぬ……
このブログでも度々台風には言及していますが、またしても!


でも、まぁ、みててください。
我々の祈りと念(怨念⁉︎)で90°くらい進路変更してみせますから……。
(えーっと〜、この時期の台風は例年、東にグイグイ曲がるのです。
太平洋高気圧が勢力を弱めて南東に下がるので、台風はその縁を通るからと言われてます。
……ので、私の怨念で曲がるわけではないです……)

当日は爽やかとまでは言いませんが、風雨はひどくない、曇りの天気の中でオープンスクールができるのではないでしょうか。
……と、気象庁の週間天気予報が述べています……。



ところで、今回の台風22号の名前は
「サオラー」
ベトナムの言葉でベトナムレイヨウという動物の名前です。


台風の名前は、アジア各国に由来する名前が140あり、順番についていきます。
ちなみにひとつ前の台風は米国に由来する「ラン」。(アジアちゃうやん!)
そして、実はこの「サオラー」がリストの記念すべき140番目なのです。
(なんの記念もないですが……)

次に発生する台風はリストの1番に戻り、
象を意味するカンボジアの「ダムレイ」になります。
全く意味はないですが、リストが一周するってなんか感慨深いですね。
……そう、全く意味ないです……


ともかく、現在のところ、
予定どおりオープンスクールを実施いたします。多くの方のご参加をお待ちしています。

2017年10月22日 (日)

もう1つ朗報

佐世保で新人戦に参加しているソフトテニスから報告が入りました。


本日は団体戦。
風雨が強い中行われたそうですが、

3回戦 長崎北③ー0勝ち
4回戦 壱岐②ー0勝ち

決勝リーグ
①西陵2ー1負け
②長崎工業②ー1勝ち
③大村工業②ー1勝ち


①西陵 3勝
②精道 2勝1敗
③長崎工業 1勝2敗
④大村工業 3敗


団体戦2位。
12月10日11日に熊本で行われる九州大会に進出いたしました!


明日は個人戦。
個人戦でも力発揮を祈っています。



いやー、今日は良い日です!

発表当日

我々は本日2番目の発表。
本日は朝から純心さんの発表を観ることなく自分たちのリハーサル。

こう言うと申し訳ないですが、去年までは気楽に観られました。
今年は当事者。
いやー、もう。生徒たちの前では落ち着いた様子をできる限り作っていましたが、内心はドキドキ。
開演ギリギリまでコーチから演技指導を受け、いざ本番へ。

まずは設営。設営と撤去の両方を計15分内に終えなければいけません。
会館のスタッフの方々のお世話をいただきながら、私も作業。

これはほぼ出来上がり、開演前の最終確認中の写真。


そして、いよいよ開幕。
うーん、かたさが前面に表れています。
しかし、しばらくしたら力が抜けて来ました。


力が抜けると、とても自然な高校生の会話を演じられます。

クライマックス。
練習ではできなかった迫真の演技。
うん!よかった!

終演し、審査員の方々からの講評。



おっ!なかなか好評な講評……
……すみません。ついつい挟みたくなっちゃいました。
「こう表現すればもっと良くなる」とのアドバイスもいただきました。
……またまたすみません……



そして、演劇の結果が出ました。
最優秀賞は……

純心さん。

観られてないので、分からないですが、順当です。

続いて、優秀賞2校。
まずは瓊浦さん。
うん、予想通り。さすがの瓊浦さん。
素人目ながら、台詞の出方が他校さんと違いました。


そして、


やりました!やりました!
精道三川台高校、優秀賞!



ありがとうございます。
ありがとうございます。
精道三川台高校です。

ついつい選挙カー風に書いてしまいましたが、やりました!
優秀賞。県大会進出です。
昨年までは当たり前のような感じだった県大会進出ですが、今年は感激ひとしお。

ありがとうございます。
ありがとうございます。
保護者の方々も温かいご声援ありがとうございます。
校長先生もご声援ありがとうございます。






またまた選挙運動風になってしまいましたが、ともかく嬉しい!

11月11日の本校での文化活動発表会を経てから、19日、諫早文化会館で発表します。




みなさま、なお一層のご声援よろしくお願いします。


2017年10月21日 (土)

ドキドキの週末

高校新人戦のシーズン。

先週はバスケ部が佐世保で新人戦に挑みました。
結果は敗退でしたが、特に前半善戦したようです。

また次に繋げてください。


今週はソフトテニスが同じく佐世保で新人戦。今日、明日は団体戦。
今日は一戦のみで、明日に結果が出るようです。まだ報告がないので本日の結果は分からないのですが、ドキドキ。

本当なら佐世保に応援に行きたかったところですが、長崎にいないといけない理由が。
そう、それがドキドキの最大の理由。


それは、演劇部の長崎地区大会。
全国大会出場、2年連続九州大会出場など、華々しい結果を残された昨年までいた演劇の顧問が本校を卒業していき、はからずも私が顧問をすることに。
コーチに来ていただき、指導をしていただいているので、私は文字通り名ばかりの顧問ですが……


昨日のリハーサルでは、音響・照明スタッフの生徒たちは初めて機器を扱いました。
私も初めて楽屋や舞台袖に入りました。


さて、本日、朝から集まり、
「声を出さない」通し練習をしました。


すると、観客が……


特等席でジーッと役者を見ています。
驚きました。






本日は3校の発表。
本校は明日の11:45からの発表。
よろしかったら是非ご覧になってください。


私も朝一、投票してから、市民会館に向かいます。

2017年10月18日 (水)

中学校研修合宿

中学生は本日から二泊三日で研修合宿です。

自然の家で、学年枠を取っ払って活動する研修。中学3年生にとっては中学生としての総括となる合宿です。


班編成は出発当日の発表。


出発式の校長先生からの挨拶の後、班が発表となりました。
誰と一緒になるか、少しばかりソワソワする生徒たち。

発表後、各班に分かれて「ビーイング」という共通理解を深める活動をした後バスに乗り込みます。



バスに乗り込む様子と出発の様子は校長との打ち合わせ中で写真撮れず。

でも、元気よく出発していったようです。


さてさて、私は高校生の授業をして、いくばくかの『雑用』をこなして
(教頭の仕事はほとんど『雑用』です……)
午後に自然の家に向かいました。

着いたのは飯盒炊さんの真っ最中。
いや、毎年毎年ですが、「カレーを食べるために」行っているわけではないですからね。
都合のつく時間に行くと、いつもたまたま飯盒炊さんのタイミングなだけですよ。



あいにくの雨模様ですが、子供たちは楽しそうに作っていますが……

同じ時間に始めているはずですが、各班で進行状況が様々。
さらに、手順も様々。
ご飯炊きに集中している班、


先に野菜をキレイに切って取っておいている班


ご飯とカレーが同時進行の班


ご飯が炊けてからようやくカレーに取り掛かる班


「水!水!」と、水の量にこだわりのある班


「ご飯炊けてるかなぁ」と、飯盒を開けてチェックしている班…



楽しそうに取り組んでいます。

この後、出来上がりはどうかなぁ?




さて、いただきました。




なぜその表情?
美味しいのか、そうではないのかはかりかねます……

別の班は、
「先生、これ撮ってください!」と……

「おこげを通り越して焦げ焦げ!」

んっ?焦げ焦げ自慢?なんで?

美味しそうにいただいてます。


先生たちもいただきました。



美味しくいただいた後はお片付け。
他の班に先駆けて洗う人たち。


炭の掃除。


そして、大混雑。




食事の後は
「一致を深めるレクリエーション」









これがひと段落したら私はおいとまいたします。私は明日は学校への出勤ですので。
(「自然の家に泊まって、そこから出勤したらいいやん!」という心温かい声が聞こえてきそうですが……)

続きは学校ブログの方にあがるはずですので、そちらをご覧ください!


あっ、昨年の記憶が蘇ってきました。
昨年はここから県の教頭会に向かい、次の日の発表の準備をしたなぁ……
緊張の一晩でした。

2017年10月10日 (火)

誠実

今日は少し遅れて10月朝礼がありました。
というのも、先週まで二学期中間考査でしたので、遅らせています。

いつもの通り、月初め朝礼の話は校長から。
いつものように今月のモットー『誠実』で話をするものと思いきや……

「みなさん、空を見上げてください。素晴らしい青空、秋晴れの天気です。」


「続いてみなさん、右後ろを見てください。ヤギのユキちゃんが草をはんでいます。」


素直に見上げたり振り返ったりする生徒たち。かわいらしい。


そして、おもむろにポケットから紙を取り出します。
「私の今日の話はこれです。」


アップにしてみましょう。



校長には珍しく朝から変化球。

要点は3つ。
●「羊は長年の人間との関係で完全に飼い慣らされた。でも、ヤギはそこまで飼い慣らされていない。だから……」
●「羊もヤギも高温高湿に弱いが、毛がある分羊の方が弱い。ヤギは世界中に分布する。だから…」
●「ヤギも羊もウシ科の動物で『反すう』する。だから……」

『だから……』のあとはみなさまそれぞれで思案してみてください。



最近、校長は学校説明会の連続で繰り返し繰り返し同じような話をしているので、変化球を投げてみたくなったのでしょうね。

ダルビッシュ選手並みのキレのあるスライダー
角盈男選手並みの鋭いシュート……
山田久志選手ばりのサブマリン投法 !?

古くてスミマセン……



なんの話でしたっけ?

……あっ、朝礼の話でした。

結局雑談のようになってしまいました。
そろそろ終わりましょう。




繰り返し繰り返し、こつこつと努力でき、
小さな枠に収まることなく、
世界に羽ばたき、グローバルに活躍する、

そのような人材を私も目指します。


あっ、こつこつは先日達成しました!
大好きな餃子屋さん、こつこつと
スタンプ50個集めました!


でも、餃子皿が品切れでした。残念!

……ちっちゃい話で、すみません……


しかし、タイトル、
何にも関連なかったですね……

2017年10月 7日 (土)

10月、神無月

またまた久々の投稿になり申し訳ありません。
生徒がこんなのんびりと「登校」したら叱るのに……
あっ、駄洒落です。たまにはねー……

毎回毎回申し訳ありません……


さてさて、10月になりました。
先日の中秋の名月は曇りであまり見られませんでしたが、今夜の長崎は雲がなく、美しい月が見られました。というか、今見えます。

10月と言えば、『神無月』。
日本古来の神々
(申し訳ありません。カトリックの言う『神』と、神道・仏教でいう『神』とを分けて考えてください)
が出雲に集まるということで全国的に『神無月』と言われています。
その一方で、神々が集まる出雲は『神在月』と言うそうですね。
因みに、出雲の神は「大国主大神」。大地を象徴する神です。大黒さんとも呼ばれています。
子供たちを全国各地に配置して治めさせてますが、年に一回集まって話し合いをするということで全国的には『神無月』、
出雲は『神在月』となるようですね。

でも、すべての神が集まるわけにはいかないので、各地には「留守神様」というのがいるようですよ。

代表的なのは恵比寿神。
イザナギ、イザナミの息子の蛭子命の子供という説(生まれた後足腰立たなくて海に流され、漂流して着いた先が西宮。そこで漁業・商売の神になった)
大国主大神と一緒に国を回って開拓して回った少彦名神という説(一寸法師の原型とされる小人神、各地で温泉を発見。エビス・ダイコクセットで祀られているところではこの説が由来)
大国主大神の息子であるとの説も。
この説で、出雲に呼ばれないで留守番は恵比寿さんとしては辛い……

『えべっさん』として親しまれているのは蛭子命ですね。
私も恵比寿は大好きです!

えっ!?……はい、神のことではなくて……
……すみません……

金毘羅神、道祖神も留守神のようです。
金毘羅さんは長崎の人には馴染みが深いですかね。
金毘羅神は仏教の神が元になっているようです。インドのガンジス川にいるワニを神格化した神。


さて、ようやく本題に入ります。
本日、一旦学校に赴いてから外出しました。
その先は……活水大学です。
さぁ、何のために行ったのでしょう?

カッチカッチカッチカッチ……

って、予想もつかないですよね。


こちらです。




本校生徒が2名、この英語弁論大会に参加しました。

私も教頭になってから毎年拝見していますが、年々レベルが上がっているように感じます。特に今年は本当にハイレベル。
「中学生でそこまで」と思いますが、数年前に本校生徒が全国大会に進出した時に全国大会を見させていただきましたが、全国のレベルはこんなもんではなかったです。
しかし、それでも今年の長崎大会、ハイレベルでした。

ところで、私も拝見しながら採点してみました。
私の採点で6位入賞までの予想をしてみたのですが、結果発表を聞くと、なんと4/6的中!していました!

ワーオ!

……スミマセン、自慢してしまいました。
しかも英語風に……
当たったら自慢したくなりますよね💦


本校生徒たちはよく頑張りましたが残念ながら入賞ならず。
でも、20名の参加者の中で健闘していましたよ。


このレベルになると、『間』が大事になってくるのではないかと思います。
関西人の方々は『間』と言えばわかりますよね。この『間』が作れるかどうかが英語弁論大会では肝になるのではないかと感じました。


2人ともお疲れさま!



さて、本日はもう1つ。

長崎精道、そう、本学園の女子校ですが、今年40周年を迎えます。
正確に言えば、精道学園としての40周年です。
本学園は4期生の時に三川台校の校舎が完成して男女別学がスタートしました。
それまでは『なんと!』共学だったのです!

ということで、精道学園として40周年が今年。精道三川台としては36年にあたります。

本日、長崎精道の40周年記念ミサ・感謝の会が催されましたが、そこに参加してまいりました。


初代校長の中島紀子先生も芦屋から駆けつけておられ、盛大にお祝いされていました。
現在の女子校の常任理事。
私も個人的にお会いしたかった方ですが、初めてお会いすることが叶い、嬉しい限りです。


改めて、
精道学園としての40周年、様々な方々のご支援により迎えることができました。
この先50年、60年、そして、100年と、お祝いできたらと思います。

……100周年は後進に任せないといけませんね。私も100歳オーバー、もはや生きてはいないでしょうから。

……しぶとく生きていたりして💦


まぁ、ともかく、私の意識は精道三川台の40周年、どのように催そうかで支配されていました。

周年記念行事、親交ある他の学校さんもご参列いただきますからねー。
今から悩ましいです。
良い知恵がありましたらご教授ください!

40周年飛ばして50周年で盛大に行う?
いやいや………。


ではでは、
また『近いうちに』投稿します。
毎日「登校」はしていますが……

……働き方改革、しなきゃですね〜……

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »