« 高校オープンスクール | トップページ | 私学振興大会 »

2017年10月31日 (火)

ハロウィン、そして、11月

本日、10月31日はハロウィンということで、日本でも浸透してきましたね。
学校ではなーんにもしていませんが……


でも、なんだか、元々のHalloweenとは趣旨がかなり違ってきたようです。



ハロウィンとは、簡単に言うと、

「カトリックの祝日「万聖節」の前夜のお祭りで、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられているお祭りのこと」

です。

その昔、ケルト人の1年の終わりは10月31日でした。
この日は秋の収穫を祝う収穫祭が行われていましたが、この1年の終わりの日の夜には、死者の霊がこの世に戻ってきて、魔女や悪霊が悪さをするとも信じられ、秋の収穫を祝うとともに、悪い霊を追い払う宗教的な意味合いのお祭りとして行われていたようです。


現在では、カトリック教会で11月1日に祝われる「諸聖人の日(万聖節 All Saint's Day)」の前夜に行われるお祭りとして知られています。

「諸聖人の日(万聖節)」とは、カトリック教会の祝日の一つで、すべての聖人と殉教者を記念する日とされています。
死者の魂がこの世に戻ってくると考えられているので、その期間にお墓参りをしたり、亡くなった人に祈りを捧げたりします。
11月を「死者の月」と言ったり、「灰の式」を行ったりしますよね。


では、なぜ仮装をするのでしょう?

死者の魂がこの世に戻ってくるなかに、悪霊や魔物も一緒にこの世にやってきて、あの世へ連れて行こうとするので、お化けの格好をして悪霊や魔物の仲間だと思わせる。
そうすれば仲間だと思った悪霊や魔物達は襲ってこないし、魂をとられることもない。

という説があります。
また、

この世にきた魔物たちが、この世の人間の怖い姿を見て驚き、怖がって逃げていってしまう。

という説もあるようです。
まぁ、いずれにしても魔除けの意味ですね。



では、「trick or treat」と言って近所の家を回る習慣は?

元々は、「souling(ソウリング)」というヨーロッパの習慣だったと言われています。

仮面をかぶって仮装した子供たちは、歌いながら、煉獄をさまよっている霊魂たちのために「ソウルケーキ(Soul Cake)《干しぶどう入りの四角いパン》」を乞いながら、 戸口から戸口へとたずね歩く。そして、何も差し出されないと、いたずらをする。

というものです。

1952年のディズニーアニメ「Trick or Treat(ドナルドの魔法使い)」の中のセリフで使われたことで、世界中で認知され、ハロウィンの決まり文句として定着したと言われています。

ちなみに、「Trick or Treat!」と言われた時には、「Happy Halloween!」と答えてお菓子をあげてくださいね。



諸説ある中の1つを紹介しましたが、
ともかく、
「仮装して騒ぐ日」
だけではないことは確かですね。

皆さまもHalloweenで盛り上がりながらも、
亡くなった人たちに想いを馳せてみてはいかがでしょうか。




さて、11月は「霜月」。

11月を迎えるにあたって、冷え込みが激しくなって来ました。
文字通り、
「霜降る月」らしくなってきました。

しかし、長崎に来てから、めっきり霜柱を踏むことがなくなったなぁと考えてました。
ジャリジャリ踏む感触が楽しくて。

よく霜を踏んだ記憶があるのですが、
それは私が過ごした奈良や京都は盆地だからなのか、
年月とともに温暖化が進んで霜が降りなくなったのか。

奈良・京都の方々、どうですか?
最近霜を踏んでいますか?

自分で撮った画像じゃなくて申し訳ありませんが……




霜月は「そうげつ」と読むこともあるようです。
京都の和菓子屋さんとか……

いや、お店じゃなくて……

「霜の降りた夜の、冷たく澄んだ月」

を言うようです。

11月は連休中の4日が満月。
まだまだ霜が降りる気温じゃないですね。
12月は3日、
年明けて1月は2日、
2月は1日
が満月。

まぁ、満月じゃなくても、「霜月」とは言うでしょうが、せっかくなら満月の霜月を見たいですよねー。



11月、学校では今年初めての
『中高文化活動発表会』
や、春から11月に移動してきた
『かもめ祭り』
など、大きな行事が控えています。

皆さまのご協力とご支援を仰ぐことになりますが、どうぞよろしくお願い致します。


あっ、演劇部の県大会もお忘れなく……


そうそう、生徒たちは月末の期末テストもお忘れなく!

« 高校オープンスクール | トップページ | 私学振興大会 »