« サウスリッジ校との交流行事① | トップページ | サウスリッジ校最終日① »

2017年4月19日 (水)

サウスリッジ校との交流行事②

さて、よもぎ餅作成のため、家庭科室に入りました。

ここまで書いていませんが、実は朝からテレビ局の取材が入っていました。





本日はNCC様。
朝の歓迎集会から来ていただきました。
朝早くからありがとうございます。

もちろん、よもぎ餅作成も入っていただきました。さらに、長崎新聞社様にも取材していただき、嬉しい限りです。

スーパーJチャンネルで放送されていましたか?地震のニュースで飛んだかなぁ?
みなさま、どうでしたか?

長崎新聞社様は日曜日の「メクル」という、子ども用の紙面で紹介していただくようです。またご覧ください。


さて、話を戻して、よもぎ餅です。
そう、忘れていませんよ。
よもぎ餅作成、通訳するとなるとなかなか大変でした。
よもぎ、米粉、小麦粉あたりはいいんですが、強力粉、中力粉、薄力粉を英語でどういうのだろう?
「含有するグルテンの割合が違う」

「30gを取り分け、手で回転させるような感じでこねて形成します。その後、平らにした後中にこしあんを入れ、引っ張るようにしてこしあんが見えなくなるように塞いでから、最後に片栗粉をつけて完成です。」

って、通訳する人はすごいなぁと実感する瞬間です。

「Do like this!」

で片付けたくなる衝動を抑えながら頑張りました。






さて、中1より一足早く家庭科室を出たサウスリッジの一行、高2の授業に向かいました。
この時間は本校高2のプレゼンテーションに付き合ってもらうことに。

長崎の食べ物、
精道生の生活、
桜、
そして、最近のニュース



で発表を行いました。

プレゼンテーション、

きっちり伝える、
納得させる、
そして、笑いを取る

これらをきっちり果たすのはなかなか至難の技ですよね。(笑い、大事ですよー)
本校生徒にとってよい経験になったのではないでしょうか。

続いて、高2生たちと一緒に掃除を体験してもらいました。
サウスリッジ校はフィリピンの中でスーパーリッチの地域にある学校です。

海外の学校の特徴の『学校の掃除は掃除屋さんがする』は当然ながら、家庭でも普通にお手伝いさんがいる家庭ばかり。自分で掃除をしたことがない人もいるようです。
(「ぜひホームステイ来てください。空室が6部屋ありますから」と言う生徒もいました。えっ?12LDK?)






そして、給食へ。






堪能していただいたようです。
と、そこに中学一年生登場。

そうです、先ほどのよもぎ餅を自分たちで完成し、出来上がりをサウスリッジ校一行にプレゼントしました。





ところで、この辺りの時間で地震があったようですね。私は歩いていた途中なのか、パタパタしていたのが、全く気付きませんでした。震度3だったようですが、今後が心配です。


5コマ目は高1の生徒との交流。
グループに分かれ、長崎のPR方法を議論し、考えて発表しようとするプレゼンテーション講座となりました。

ものすごい短時間でやらないといけなかったのですが、どの班もなかなか興味深い発表になり、感心しました。






さて、プログラムされた交流行事も最後になりました。
中2生と一緒にバスケットボールで交流。
そこはさすがに男子。
大盛り上がりで楽しんでいました。








さて、明日は軍艦島クルーズなど体験する予定となっています。

« サウスリッジ校との交流行事① | トップページ | サウスリッジ校最終日① »

① 中高共通」カテゴリの記事