« オーストラリアから ⑥ | トップページ | 大学入試結果速報! »

2017年3月 9日 (木)

オーストラリア中期研修帰国

オーストラリアに行っていた3人が昨日無事に帰って来ました。



長崎空港着いた時にはまだまだ余韻があったのか、元気そうでしたが、一旦帰宅後、卒業式の予行のために登校した時にはさすがに少し疲労感が出ていました。
しかし、そこは元気な中学生男子、にこやかに帰って行きました。


1ヶ月強のオーストラリアで印象に残ったことは?

との問いには

「『自由と自立』です。」との答え。

まるでどこぞの学校の校訓みたいですね。

「授業でも、ものすごく自由な人たちがいる一方、ご飯を自分で作ったり、家事の分担があったり、僕らと比べて自立してます。」

と感じて来たみたいです。
素晴らしい!

いいところは取り入れ、必要のないものは置いて来ましょうね!


「オーストラリア・シドニーはたくさんの人種がいて、様々な文化があるところなのに加えて、ウルグアイの姉妹校の人たちもたまたま同じようにホームステイに来ていて、ウルグアイの文化にも触れることができたので、とても良かったです。」

との答えもありました。

それは本当にラッキーでしたね!
日本では想像がつかないようなダイバーシティさ。
私は、アメリカ合衆国ニューヨーク以上の
『人種のるつぼ』
『メルティングポット』
『サラダボウル』
ではないかと感じました。


クラスメイトたちも質問をしていました。

「日本にもあるお店でシドニーにもあるところってある?」
『うん、マク◯ドナルド、サブ◯ェイ、ケン◯ッキー……』

えっと、違うよね。
そういうことじゃないよね。
◯風堂ラーメン、◯亀うどん、ユニク◯、ダイ◯ー、
とかそういうことじゃないかなぁ?


「昼ごはんとかは何を食べてたの?」
『うん、サンドウィッチ。』
「えっ、それだけ?それだけしか作ってくれないの?」
『いや、自分で作るんだよ。前の晩に自分で作って持って行く。冷蔵庫とか自由に使っていいって言われてるから。』
「作ってくれないんだ……」

えっと、いや、だから、
自分のことは自分でする的な感じで自分の昼ごはんは自分で作って持って行く子も多いんだよ。

文化の違いというのは体験しないとなかなか分からないものなのでしょうね。


生徒たちの問答も横で聞いているとなかなか面白いものがありました。


『経験』
これは何物にも代え難い貴重なものですね。
ぜひ多くの生徒たちに様々な経験をしてほしいものです。

« オーストラリアから ⑥ | トップページ | 大学入試結果速報! »

① 中高共通」カテゴリの記事