« 2学期始業式 | トップページ | 台風一過 »

2016年9月 1日 (木)

防災の日

本日 9 月 1 日は防災の日。

総務省によると、

『台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、それらの災害に対処する心構えを準備するためとして、昭和 35 年( 1960 年)に内閣の閣議了解により制定されました。また、昭和 57 年( 1982 年)からは、 9 月 1 日の「防災の日」を含む 1 週間( 8 月 30 日から 9 月 5 日まで)が「防災週間」と定められています。
  9 月 1 日という日付は、大正 12 年( 1923 年) 9 月 1 日に発生し、 10 万人以上の死者・行方不明者を出した『関東大震災』に由来しています。
 また、気象庁の「気象統計情報」(以下グラフ)によると、台風の接近・上陸は 8 月から 9 月にかけて多く、制定の前年である昭和 34 年( 1959 年) 9 月には、 5,000 人を超える死者・行方不明者を出した『伊勢湾台風(昭和 34 年台風 15 号)』が襲来しました。このことからも、この時期は防災について考えるいい機会と言えるでしょう。』

とのことです。


昨日、長崎でも揺れを体感する熊本を震源とする地震が発生しました。久々震度 5 レベルの地震でしたが、この地震で 4 月の発生以来 2050 回目の余震となりました。今朝また揺れたようなので、これで 2051 回目。

オーストラリアに滞在中にホストファミリーと地震についての話になったのですが、オーストラリアはほとんど地震がないようです。体感できる地震は年間 2 ~ 3 回程度だけと言っていました。

日本では 4 月に長崎の近くの熊本で大きな地震があり、その関連ですでに 2000 回ほど地震が発生していると伝えると、文字通り「絶句」していました。


先日の台風 10 号では大きな被害が出ているとの報道がなされています。初めて東北太平洋側への上陸。しかも勢力を保ったまま上陸ということで地域の方々もどう対応したらよいか戸惑ったということもあるでしょう。経験があったり、備えが十分だと被害を縮小できる可能性が増えます。

先程、台風 12 号が発生したようです。スピードの速い台風のようで、現在の予報では土曜日から日曜日にかけて九州に上陸する可能性があります。米軍の台風予報でも同様の予報でした。
みなさま、備えをしましょう!


ところで、私は小学校 3 年生の時東京・横浜に 1 年半ほど住んでいましたが、そのとき、それぞれ個人で『防災頭巾座布団』なるものを持っていました。小学校の椅子につけた座布団が有事の際には防災頭巾になるという代物です。当時は手作りのものが主流だったと記憶しています。



お気に入りの柄で作ってほしいと駄々をこねて叱られたり、
休み時間に椅子から外して手でクルクル回していたらゴムが伸び伸びになって叱られたり、
スターウォーズに出てくるジェダイごっこと称して必要もなくかぶって叱られたり。
・・・・・・(思い出、叱られてばっかりですねー・・・)

今は耐火性能をあげた銀色の防災頭巾を座布団カバーの中に入れるようなものが登場しているようですね。



長崎でも使用しているのでしょうか。熊本の地震で九州でも地震は発生するんだとの意識は高まってきていると思います。



これは防災ずきん・ヘルメットの備蓄についてのアンケートです。
日本経済新聞の記事参照。(データは文部科学省調査より)


今一度、そして、防災の日の今日、改めて『備える』ということを考える機会になるといいですね。


・・・クシャミが数回でました。
マジメな事を書くとむず痒くなるのでしょうかね。

・・・誰かが噂してるのかなぁ?

・・・風邪!?

« 2学期始業式 | トップページ | 台風一過 »

① 中高共通」カテゴリの記事