« オーストラリア研修4日目① | トップページ | オーストラリア研修5日目① »

2016年8月11日 (木)

オーストラリア研修4日目②

ところで、生徒たちは少なからずカルチャーショックを受けているようです。

昨日の気づきのシェアでもそうでしたが、
朝に集合する時に色々と教えてくれます。

ほとんどは他愛もないことですが。

◯毎食終わりにデザートが出るんですよ!
(だから、カロリー過多になるって‥‥)
◯結構お米食べるんですよ!
(今や何でも手に入ります。スーパーに行くと、パックのお寿司が普通に並んでますから。昨日行ったスーパーには冷凍ですが、鰻の蒲焼きが!インスタント味噌汁も高いですが売ってます。私のホストマザーは『煮詰め』の正体と作り方を熱心に聞いてきました。)


◯夜ご飯はあんなにみんな集まって食べるのに、朝はバラバラなんですよ。
◯朝ごはんコーンフレークだけなんです。信じられますか?


‥‥‥なんか、食のことばかりですね。
彼らの関心は食だけ?


しかし、その中でも、生徒たちが1番ショックを受けたのがこれです。
これは家庭のことではなく、公共の施設のことです。

あっ、食事中の方は食後に戻ってきてください。


お上品を自負してらっしゃる方も控えた方がよろしいかも‥‥‥







はい、出します。






これは学校のトイレですが、街の公共トイレも同じ作りです。
「ムリーっ!」(いやいやいや‥‥)
「隣から丸見えじゃないですか!」
(そうですね。逆に相手のも丸々見えますよ)
「ここではできません!我慢します!」
(家に帰り着くまで?公共はほぼ全てこれですよ)

世界に出たらもっとすごいのがわんさかありますよ。
先進国であるイギリスでも公共のトイレで座ってするタイプの便器にドアが付いてないことがしばしば。
以前、映画マイフェアレイディで主演のオードリー・ヘップバーンが野菜を売っていたコヴェントガーデンという広場の公共トイレで便座に座ったら、向かいの便座に人が座っており、『目が合ってこんにちは』になりました。

昨日学校でも1度入った生徒たちがすぐに出てきましたが、観念したのか、再び入って行きました。


カルチャーショック、全然悪くないです。
1つ1つ経験することで視野が広がっていくのですから。
どんどんショック受けましょう!

« オーストラリア研修4日目① | トップページ | オーストラリア研修5日目① »

① 中高共通」カテゴリの記事