« オーストラリア研修11日目② | トップページ | オーストラリア研修12日目② »

2016年8月18日 (木)

オーストラリア研修12日目①

非常に私事なのですが、
今朝、金縛りにあいました。

ふと『圧力』を感じ、『目が覚めた』感じがしたのですが、身体が動きません。
すると、頭上で何かが『パラパラパラ』と鳴りながら光が点滅しています。
と、オーストラリア人(?)が横に立ち、何やらかなり早口で言っています。entranceがどうたらこうたらとまくし立てて部屋から出て行き、金縛りが解けました。

外国に来たら10日前後で英語の夢を見ることは定番でしたが、金縛りを伴ったのは初めて。

とても貴重な体験でした。



さてさて、今日はTobruk羊牧場。

いつも通りの集合のあと、少しゆっくりしてから出発。
学校から西の方に約40分。

広大な敷地の家が並ぶ辺りを通り過ぎ、何にもないところを走り始め、本当にこの先にあるのだろうかと少し心配になり始めた頃に突如看板が登場。到着しました。

バスを降りるなり何人かが
『臭い、臭い、糞の匂い、家畜の匂いがする!』と騒ぎ立てます。
牧場なんですから、当たり前なんですが‥‥

耐性が低いですよ〜!


今回は団体が重なり、130人ほどの大きな人数。韓国人の団体、中国人の団体、そして我々と、オーストラリアの羊牧場がアジアンワールドになりました。


まず初めはダンパーと呼ばれるパンとビリーティーと呼ばれる紅茶をいただきます。
ダンパーとは現在はキャンプなどで作られるパンですが、材料は小麦粉、塩、水、以上!
牧場などで男料理として受け継がれてきているようです。







続いて、sheepdogがどのように訓練を受けるのかの実演。
狭い檻の中にアヒルがおり、それを追うことで訓練します。



犬たちは子どもの犬も含めて完璧に英語を(指示を)理解しているようです。
すごい!

そのあとは本物の羊追いの実演。数十頭もの羊があっという間に囲いの中に誘導されました。







なかなか迫力があります。

そして、エサやり体験。
バケツに入ったエサをそれぞれ掌にもらい、そのまま羊にやります。
生徒の中には羊に舐められるのが怖くてエサを撒いている子もいました。
鯉にエサをやるんじゃないんだから‥‥




さてさて、続いて羊毛刈り。

体験したい人?と聞かれて、真っ先に返事をしたのが本校生徒。
指名され、壇上に。



この続きは②の方に書きます。

« オーストラリア研修11日目② | トップページ | オーストラリア研修12日目② »

① 中高共通」カテゴリの記事