« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月23日 (水)

修了式前日

今日は修了式前日。

北海道から、高校演劇部が航空会社のダイヤ乱れの影響を幸いにも受けることなく無事帰ってきました。

全国から各ブロック代表の計10校が集まり、上演するのですが、かなり好評だったようです。



この寄せ書き、読めるでしょうか?
ズームしても難しいでしょうかね。

読んでみると、
観劇した人たちの感激が伝わってきます!
(はい、どうぞ、ツッコミ入れてください)

褒められて、おだてられて、鼻がキュイーンと伸びてるかと思いきや、

「上には上がいますねー」

と、なんだか謙虚。

いいぞー!
その気持ち忘れずにH28年度も
Do Your Best!!!





なんで木彫りの熊??



さて、高校生は昼から生徒会主催の企画が2つ。

1つは球技大会。
今回はバレーボール。
教員もチームを組んで参加です。



見事生徒チームに勝利!
私は別に面談があったので参加せず。
(負けてればねー。
「ほら、私が出てないからって負けちゃってー。」
などと上から目線で書いていたでしょうが、見事勝利。素直におめでとうございます!
っていうか、生徒たち、先生チームに負けるなんて弱すぎやしないかい?)

しかし、会議やら面談やらでバタバタして球技大会の結果を確認しそびれました。
優勝チームはどこなんだろ?


さて、もう1つは
『先輩の話を聞く会』

なんともフワフワーっとしたタイトルですが、要は卒業生が後輩たちに語る企画。

今回は24期の渡部君と27期(先日卒業した)の出口君に後輩たちに語ってもらいました。





自分たちの経験をふまえて、
各教科ごとの細かい対応策や、心構えや精神論など、
正に心からの声を後輩たちに語ってくれました。

来年受験を迎える高2生たち、
まだまだ先のことだよーとボンヤリしがちな高1たちも
何かしら心に響くところがあったよう。

後悔しないよう、全力を尽くしてほしいものです。


さて、明日は修了式。
良い締めくくりとなりますように。



晴れてたらもっと美しい写真になっただろうになぁ・・・。

2016年3月18日 (金)

今日は高校生対象に『主権者教育』を実施しました。

長崎市選挙管理委員会の係長さんに来校していただき、高校生に選挙への投票の仕方など具体的に教えていただきました。
Img_3291

そうです、今年の夏、参議院選挙が実施された場合、今の高校2年生の中にも18歳を迎え、選挙権を得る者が出てきます。
Img_3289



世界では90%近い国々が18歳で選挙権を得るそうです。

さらに、国によっては投票が義務(罰則規定付きの義務)というところもあるそうです。
例えば、昨年オーストラリアに行った時に聞いたのですが、オーストラリアでは正当な理由なく投票しなかったら20豪ドルの罰金が科せられるそうです。その結果、投票率は95%。
是非はここでは話題にしないとして、すごいですね。

例えば、昨年の大阪都構想の選挙で95%の投票率だったなら、結果はどうなっていたでしょうか?
95%なら、『民意が反映されている』と言えそうですね。

さて、本校生たちは投票する権利を行使してくれるかな?

Img_3288




選挙が公示されたら、学校現場では注意が必要になってきます。
今や気楽にSNSなどで意思主張ができる時代。
でも、SNS
「○○候補を応援しています。」
や、
「△△候補に投票をお願いします。」
などと投稿するとこれは
『選挙運動』
になります。

そして、選挙運動ができるのは有権者、つまり満18歳以上。
同じクラスの中に選挙運動ができる年齢の人とできない人が混在するのが高校3年生ということになるわけです。
そして、選挙違反(公職選挙法違反)は『処罰の対象』。


学校現場としては適切な教育と意識付けが必要となります。

・・・・・がんばります!
保護者の皆様のご協力もよろしくお願いいたします。


『今日は』真面目な記事でした!!

2016年3月16日 (水)

中2 他文化理解

今日は中2学年の家庭科の授業で他文化理解の授業でした。

先週に引き続き、イギリスからの国際交流員の方に来ていただきました。
先週は『衣・住』についてでしたが、
今日は『食』。


ということで、調理実習です。

作るのはこれ。



『アップルとチキンのクリームソース煮』

この時点で生徒たちは?マークが付いているよう。

リンゴのクリームソース煮⁉️
温かいリンゴ煮⁉️

でも、それがまさに他文化理解。

国際交流員の方がおっしゃいます。
「わたしは日本に来た時にはお刺身は全く食べられなかったのですが、今は大好きです。このお料理も皆さんの味覚には合わないかもしれませんが、こういうのもあるんです。」

そうですね。
刺身、つまり生魚。
西洋の方からすれば魚を生で食するってありえないでしょうねー。
さらに、それがタコ(西洋では悪魔の使いだったり怪物だったりします)なら、もう想像を絶するものでしょう。
交流員の方はまさに日本の文化に触れ、その体験を生徒たちに身をもって伝えてくださいます。




さて、使う材料は
リンゴ
鶏肉
玉ねぎ
リンゴジュース(大人ならワインがいいそうです)
ニンニク
パセリ
タイム
レモン汁
砂糖
塩コショウ
生クリーム

とシンプル(?)。

担当の授業があったので1度退室し、授業を終えて再度訪れたらもう出来上がっており、試食中。



生徒たち、思いっきり微妙な表情です。
聞かなくても表情で分かりましたが、聞いてみました。
「味はどう?」

「ダメです!」(はい、その意見は多いようですね)
「だ、大丈夫ですよ」(気を遣ってくれたね。ありがとう)


私も食してみました。

うん、私は好きな味です。
ビールやワインには絶妙に合うだろうなぁというのが正直な感想。

リンゴのスライスにクリームソースを絡めて口に運ぶと、
まずニンニクの芳醇な芳香が鼻をくすぐります。
と、すぐにパセリとタイムのパンチの効いた香りが。
リンゴという先入観を打ち破る柔らかなテクスチャーを噛みしめてみると、リンゴの柔らかな甘みと、リンゴジュースの強い甘い香りにおそわれます。
と思いきや、またニンニクとパセリのコラボレーション。

ということで、生徒たちにはあまりにも新しい味だったでしょう。
私は学生の頃、合計90日ほどイギリスでホームステイをした経験があるのに加え、『大人の味覚』になっているので好きな味でした。

さらに、イギリスの風景、イギリスの農業事情、食生活などなど、様々頭に浮かぶので、味に対する抵抗はありません。

生徒たちはまだ中2。
人生経験も少ないし、イギリスの事情が頭に浮かぶ生徒もいないでしょう。


そう、それがこの他文化理解の趣旨です。

日本で生まれ育った生徒たち。
「常識」と思っているものはあくまでも「『我がの』常識」。
それを基準に判断したり、発言したりするのは単なる
『我がまま』
だということに気付いてほしいなぁ。

一つ二つ視野を広げる機会になったかな?


2016年3月14日 (月)

中学卒業式を明日に控えて

3月14日(月)

中学卒業式の前日となりました。


中高一貫の学校ですが、

(小中高一貫でもありますが・・・
小中高一貫の『男子校』となると、日本で3校しかありません。
書くと長くなるので、今日はやめておきますが。)

中学卒業式は実施しています。


高校の卒業式でも書きましたが、先生たちにとってはこの日が一番大きな日。

普段
『ふいごで吹かれた石炭』のような先生も、(たとえが昭和初期?)
『釘を打てるぐらいに凍ったバナナ』のような先生も(これは昭和中期から後期ですね)
この日ばかりは湿っぽくなってしまいます。
(バナナで思い出しました。昔、
『Mr. Brown, Banana is sticking out of your ears. Mr. Brown?』
と、耳からバナナを突き出している人に注意するという英会話学校のコマーシャルがありましたね。
そんな耳からバナナ突き出している人でも湿っぽくなるのが卒業式です・・・
さすがにそんな先生はいませんね・・・)




卒業式を控え、設営作業や予行などを実施しました。

一方で、準備に1日かけるわけでもないので、授業をしたりと通常の日課の部分もあります。


そのひとつは『中学生徒集会』。
月1回、月曜日の朝に実施しています。




中学校には委員会活動というものがありますが、
その各委員会が今月から来月の目標を生徒たちに周知する場、それが『中学生徒集会』です。
●総務委員会
●生活委員会
●文化委員会
●美化委員会
●保体委員会
●生徒会執行部
これらは他校さんでもおなじみの委員会でしょうが、本校にはもう1つあります。

●宗教委員会

この委員会はミサやお祈りなど宗教的行事から人間形成の一端まで幅広く担っている委員会です。

今月は次年度の年間予定表を作るという目標のようですが、
今年度、ロザリオを作成したり、聖ホセマリア・エスクリバー神父や福者ドン・アルバロ神父についてお知らせするようなポスターや展示物を作ったりなどしていました。

これも私学ならではの本校の特色の一つですね。


さて、卒業に話を戻しますが、先週金曜日には
『精道感謝祭』なるものが行われました。
平たく言うと、『予餞会』。
もっとペチャンコに言うと『卒業生を送る会』。

楽しそうにしていたそうです。
おもしろかったようです。
盛り上がったようです。

・・・・・はい、私は教頭会で外勤でしたので見ていないのですよ。


学校の方のブログがあがるのを待っているのですがー。
是非精道感謝祭の様子を見たいなあー。
皆さんお待ちかねですよー。
私も待ってますよー。
あげてねー。


ブログ越しにプレッシャーを与えつつ、
今日は閉めたいと思います。

2016年3月 9日 (水)

週明け一気に

さて、週も明けて月曜日と言いたいところですが、もう水曜日になっちゃいました。


月曜は朝、3月朝礼がありました。月初め朝礼はいつも校長からのお話です。
3月のモットーは

『感謝』

です。感謝をする心は
『ありがとう』『有難い』『あることが難しい』
という気持ちから生まれる。
では、『ありがとう』の反意語は何かと言うと、それは
『当たり前』
という気持ち。

当たり前という気持ちからは感謝の心は生まれない。

という趣旨のお話をいただきました。

年度末、『ありがとう』という気持ちを周りに存分に伝えてほしいものです。
Img_3263
すみません、ピントがぼけてしまいました。

・・・・いや、校長先生の話のピントがぼけたということではありませんよ。
写真です。写真。

・・・こんなこと書いているといつか叱られます。




校長先生からのお話のあとは表彰がありました。

中学校バスケットボール部 トライアルリーグ2位リーグ 3位、
高校ソフトテニス部 音成杯(団体選抜九州大会) 3位

という成績を収め、表彰です。最近さまざま活躍がめざましい精道生。

嬉しい限りです。



昨日火曜日は国公立大学の合否発表がいくつかありました。

大学入試では当然悲喜交々ではありますが、嬉しいニュースも続いています。
ここでは詳細ご紹介できませんので、気になられる方は是非年度明けたくらいに本校にご来校ください。
入試結果を張り出しているので、ご覧いただけます。



ところで、本日水曜日ですが、

中2では異文化体験を実施。県の国際課と国際交流員の方のご協力により
今年度も『イギリス』について学習させていただきました。
Img_3276

クイズなどを用いてイギリスの地域文化や風習など学習しました。
これは来週も続き、次回は『イギリスの食文化』について学びます。
ちょっとした調理実習もあるようなので、非常に楽しみです。

生徒たちは

「とても楽しかった!」
「わかりやすかった!」
「イギリスへの興味が湧きました!」

と述べていました。(私は自分の授業で観ていないのです。残念!)

「そっかあ、よかったやん!んで、イギリスに行ってみたくなった?」
と聞いてみると、

「いや、それは・・・」
と答えます。

「えーっ!ええーっ!行くのは嫌なんや・・・」
「いえ、嫌じゃなくて、一歩勇気が出ないだけです。」

と答えてました。

・・・・・素直でよろしい・・・



そして、もう一つ。
高校1年生が
『茶道体験』
をさせていただきました。

NIB、NBC、KTNの夕方のニュースで取り上げられているかもしれないので、
ご覧になられた方もいらっしゃると思いますが、

JA長崎せいひ長崎中央支店の女性部員で作る興善塾長崎伝統料理伝習所 様

のご協力で高校生男子が茶道を体験するという非常に貴重な経験をさせていただきました。
礼儀作法の指導経験を持つ興善塾会員の越川宗壽様のご指導により、座礼や月の雅名などの基礎知識について座学を行った後、実際にお茶の立て方や味わい方、配膳の仕方等を学びました。
大変懇切丁寧にご指導いただいたようで、引率した教員も大変感動しておりました。
(はい、私は行けておりません。JA西彼長崎であったものですから。)

和敬清寂についてや、五節句なども生徒たちには大変な学習となったことでしょう。
Dsc01971
熱心にお茶をたてています。

Dsc01923
落雁作り。
職員室(私)もおすそ分けをいただきました。
美味でしたー!

Dsc01993

Dsc01992

ざわついてたりします?
苦かった?



『一期一会』の精神や、
掛け軸の『白珪尚可磨』の精神も説明していただいたそうです。

『白珪尚可磨』
中国最古の詩集・誌経(しきょう)の中の教え。
白珪とは上が丸く、下が四角い完全無欠のきれいな玉のことで、
これ以上磨きようがない玉をさらに磨きなさいという意味。
さらに磨こうと努力をすることが大切という教え。


素晴らしい機会になりましたね。

私も
『白珪尚可磨』
の精神で頑張りたいと思います。

んっ?どなたですか?
「自分自身を『白珪』と呼ぶなどおこがましい!」
とツッコミを入れている方は?


・・・はい、その通りです。おこがましいですね。









2016年3月 6日 (日)

演劇部自主公演

昨日、今日と本校演劇部による自主公演が上演なされました。



本当は昨日にブログで紹介し、日曜日の公演に来ていただけるようご案内したかったのですが、昨日はご存知のように中2修学旅行で、ちょうど東京におりました。


昨日も大盛況だったと聞いていますが、本日も会場内満席の大盛況。





ご来場いただきましたみなさま、本当にありがとうございます。

演題は
『敵は二本足!』

冷蔵庫の下の会議室で行われてる作戦会議をコミカルに表しています。


他校の生徒さんから本校中高生、小学生、保護者にもたくさん来ていただきましたが、本当に笑いの絶えない55分間でした。



演劇部は来る3月17日から、北海道伊達市で行われる
『春季全国高等学校演劇研究大会(演劇フェスティバル2016)』
に出場します。

みなさまのさらなるご支援・ご鞭撻をいただければ幸いです。


いやー、ほんと、楽しい演劇でした!
本校演劇部、やるなぁ!!

2016年3月 5日 (土)

中学校修学旅行 最終日 ②

無事予定より少し早くお台場に到着。
1時間強自由時間を取ることができました。





フジテレビ辺りを散策・見学する者、ダイバーシティのガンダムフロントに行く者、思い思いに過ごしたようです。

私はフジテレビの展望台に上がってきました。有料なので、生徒は来ないかな?と思いましたが、来ている生徒がいたのでびっくりしました。





めざましテレビのスタジオも公開しており、面白かったです。



もう一人の引率はガンダムフロントへ。お土産を手に満面の笑み。



ここでしか販売してないガンダムフロント(GFT)限定プラモデルです。
生徒の中にもプラモデルを購入した者がいました。
なかなか素晴らしいチョイス。


さて、予定通り空港に到着。

搭乗手続きも終え、あとは離陸の時間を待つだけです。



フライトもほぼ時間通りの予定です。




中学校修学旅行 最終日 ①

おはようございます。

修学旅行も最終日を迎えました。

と言っても、今日は長崎に向けて帰るだけですが。

交通状況がよく、順調にいけばお台場に寄れますが、土曜日の東京。
どうでしょうか?



ラストの朝ごはん、だいたい皆モリモリ食べました。



ちなみに、これが私のプレート。



この野菜の量に生徒たちは目を丸くしてましたが、旅行中の体調維持にはこれくらいの野菜を欲します。
朝夕はこれくらい食べました。
(おかわりするときも)
しかし、生徒たちは全然野菜を食べません。
まぁ、自分も中学、高校の時はあまり食べた記憶はありませんが。
大学に入ってジムに通うようになってから野菜を食べるようになりました・・・。


体調維持といえば、この旅行中何が辛かったって・・・、
(ビール飲めないってことではないですよ。過去のブログをお読みの方は『ビールでしょ』とおっしゃると思いますが。)

日頃のルーティーンが崩れてしまうことです。
ラグビーの五郎丸選手で一躍脚光を浴びた言葉ですが、古くは野球選手のバッターボックスに入る前の動作や、サッカー選手が試合前に必ず右足から靴下、靴を履いて、ピッチにも右足から入るなど、人それぞれ決まり動作がありますよね。

私は現在、毎朝、1時間くらいゆっくりとお風呂に入るというのがルーティーンになってます。

ご批判やご心配もよくいただきますが、これが習慣・ルーティーンになってはや10年。身内が癌を患った時、免疫力を上げるにはどうしたらいいかといろいろ調べた結果、これにたどり着きました。心臓に悪いという話も理解した上での実践です。
みなさんは真似しないでください!

ちなみに、朝シャワーの習慣は38年!10年前に朝風呂に替わりました。

さて、話を戻して、
えっ〜と〜、はい、ルーティーンの話でしたね。
そのルーティーンが崩れると風邪をひきやすくなったりしますので、体調維持にはより一層のケアが必要になるのです。
そう!そのケアの一環としての野菜モリモリです。


ようやく戻ってきました!
長かったぁ〜。
(長いというのはみなさんのご感想ですよね)
子供たちはまだまだルーティーンを意識して生活することなど考えないでしょうけどね。

食事の前に手を洗う、
食事の前後にお祈りする、
これらも
『習慣化、ルーティーンの1つになっているべきもの』
と表現してしますと叱られるかもしれませんが、
「意識してするもの」
のちには
「意識しなくてもするもの」
にしないといけませんね。


朝食も終わり、部屋の整頓。
我々引率のチェックの後、職員の方による最終チェックです。

自然の家の方による部屋の最終チェックは順調に完了。

最後に記念撮影をして、退所式。



すこーしもたつきましたが、その前までが順調に行ったので、予定3分前に出発。
最初のトイレ休憩まで後30分くらいでしょうか。




お台場、寄れるかなぁ?

2016年3月 4日 (金)

中学校修学旅行 4日目 ①

朝から素晴らしい快晴です。
今日1日晴れの予報。



ゴーグルが手放せない1日になりそうです。
私はサングラス衝動買い。
(暗くなるし、視野が狭くなるし、ゴーグル苦手なんです・・・。
教員たるもの、やはり視野は広くないといけないですよね!)



さて、記事内容や写真は昨日とあまり変わらなくなっちゃいますので、生徒の声をいくつか。

◯クロスカントリーの時はもうやめようと思ったけど、アルペンは楽しいです!(私もです)

◯どんどん上達していくのが自分で分かるので面白いですね。(カッコイイ!)

◯もっと滑りたーい!(私もです・・・)

◯早く滑りたい。もう待てない・・・。(切実ですねー)

◯インストラクターの人はフリータイムがあるって言ってたのになんで今日はないのですか?💢
先生、嘘つかないでください!💢
(いや、1日目にフリータイムがあるとは私は一言も言ってないですよぉ・・・必死ですね。よほど楽しいのですね。)


一方、生徒もいろいろ個性があるわけで、

◯面白いですけど、もうそろそろいいかな。(まだ1日ですが。達観してます?私よりも大人?)

という生徒も。

それぞれ、楽しんでくれたらいいなぁ。


中3の時、任意のスキー合宿に参加して以来ハマり、その後毎冬、スキーツアーに参加してた私の若かりし頃を思いました。

『夕方、京都駅から信州への夜行バスに乗り、朝方スキー場到着。その後、わき目も振らず、ナイタースキーまで滑って3泊、また夜行バスに乗って京都駅に朝方着く』

という弾丸ツアー。

私もよほど好きだったようですね・・・。

そこまでハマってくれる生徒はいるかなぁ。


2016年3月 3日 (木)

中学校修学旅行 3日目 ②

午後からは全ての班がリフトへ。

段々と気温が上がり、雪質が重くなってきました。
パラレルで滑走してると、
(言い過ぎました。『パラレルの練習をしながら滑走してると』です。
いや、『パラレルができたらいいなぁって思いながら滑走してると』かな?)
思わぬところでガクンとスピードが落ち、つんのめりそうになります。
1本1000円のワックスを買おうかと思いました。

しかし、そんな雪も、初心者の生徒たちにとっては逆に最高の雪質に。

少し『ハの字』が甘くてもスピードを抑えてくれるのでコース外に飛び出さずに済みます。

また、エッジに力が加わりやすいので、楽に曲がってくれます。

みるみるうちに13度くらいの斜面なら転ばずにクリアする生徒が増えていきました。

明日の午後にはかなり自由に滑走できていることでしょう。











本日のスクールも終わり、今日は早めに戻って明日に備えます。

普段使わない筋肉を使いますからねー。
明日もあるので、今日は無理せず、休養を。

生徒たちはかなり不満そうでしたが、初日からインストラクターが帰った後もフリーにリフト乗って滑走するのはやはり危険。
疲労も蓄積されてますし。

順調に進歩すれば、明日は時間目一杯滑る予定にしてます。

帰りは自然の家まで、ツアーコースを滑って帰りました。





しかし、地元の小学生はこのコースをクロスカントリースキーで『登って』きて、また降りていきました。
す、すごい!!

中学校修学旅行 2日目 ①

修学旅行2日目

本格的に雪中活動。
まずはそりとチュービング。
初めは恐る恐るでしたが、次第に大胆に。ワーワーキャーキャー楽しみました。


あっ、これは引率教員です。
先陣切ってます!





ただ、あまりの雪景色に、溢れるパッションが抑えられないのか、指示やマナーを守れなかったり、勝手な行動したりでカミナリを落とされる始末に。

あっ、引率教員がじゃないですよ・・・

しかし、シュンとしたのも束の間、またキャーキャーギャハギャハ楽しんでました。



続いて雪像作成。
事前の計画と、実際の雪像作成の難しさに四苦八苦。





ようやく出来上がりました。わずか45分では妥当なライン?


中学校修学旅行 3日目 ①

修学旅行3日目

今日はメインのアルペンスキー。

朝から天気に恵まれ、素晴らしい天気。
逆に日焼けと『雪目』が心配なくらいです。





昨日のクロスカントリースキーと比べ、断然上達が早い。
エッジが効くのと板が短いので扱いやすそう。

早くも午前中に方向転換も会得してリフトに乗るグループが。





この妙高スキーパークという初心者コース1本しかないスキー場ですが、管理棟はものすごく立派。
レストランも大きく、修学旅行にはもってこい。




さらにはお客さんが少ない!
たまたまかもしれませんが、今日は本校グレープと地元?のスノーボーダー1人という貸切状態。



それに、ソフトバンクでも4Gがしっかりと入る。
国立妙高青少年自然の家では3Gがやっと2本という状況。ほぼ圏外で、電波を追いかけて投稿してます。

15分ほどで今日の昼食、牛丼を食べ終えた生徒たち。



昼のレッスン再開まで40分も50分もあるのに、待ちきれず雪の中へ。

満喫してます。

インストラクター方も気を利かせていただいて早めに出てきてくれました。午後の部再開です。


さて、私も行ってきます。
先ほどは写真を撮ろうとしてレッスンの邪魔をしてしまったので、邪魔をしないように気をつけないと!

2016年3月 2日 (水)

中学校修学旅行 2日目 ②

出来上がったのがこちら。

作品名『池田邸』



作品名『オラフ』



作品名『ラビットたかしの家』



作品名『タワー』



作品名『洞穴の雪だるま』



作品名『トトロ』



作品名『ストーンヘンジ』



作品名『三角屋根の家』




投票の結果、最優秀賞は『タワー』となりました!

昼食のあとはクロスカントリースキー。
初めてのスキーに四苦八苦16苦。
かく言う私も四苦八苦。



アルペンスキーとは全く違いますねー。
しかし、雪の上を滑走する楽しさは十分体感できた様子。
明日のアルペンスキーが楽しみです。

夕食を終え、入浴も済ませてまたレクリエーション。
昼間のカミナリの時、レクリエーションの『没収』も考えたのですが、様々鑑みてレクリエーションさせた方がベターと判断。
今に至ります。
ソフトベースボールを満喫中。

さて、この後はスキーの滑り方のDVDを少し観てから1日の反省。

今夜は早く寝てくれるかな?

『カミナリ級』が続けば2日目のスキー、なくなるぞー!

2016年3月 1日 (火)

中学校修学旅行 1日目 ③

レクが終わり、妙高に着く直前に
「うわっ!雪!」
と驚いてました。




予定より早く着き、入所式のあと18時から早速夕食。ここはバイキングなので皆お腹いっぱい食べてました。
職員の方にも『腹八分』って言われてたんですけどねー。



食事の後は早めのお風呂。

風呂時間は1時間用意していましたが、半分で切り上げ、後日行われる中3を送る精道感謝祭の出し物の練習に当ててました。
時間を工面して練習に当てるのは素晴らしい!





そのあとはプレイホールでレクリエーション。
「バハバンデーラ」という競技。
9~10人1チームで対戦。
ドッジボールのようなコートで自分の陣地から相手の陣地の後ろに相手にタッチされることなくたどり着き、フープを持ってまた相手にタッチされることなく陣地に戻るとポイントになるというものです。





汗だくになってやってます。
お風呂入った後なんですが・・・。

そのあとは講話。
今日はスキー用具の扱い方など。
(意外と?)真剣な面持ちで聞いてます。眠くなるかなぁって思ったのですが・・・





消灯後1時間。
まだ数名コソコソ喋っています。
ドアの前に椅子を置いて座ってようかなぁ・・・。


中学校修学旅行 1日目 ②

空港からピッタリ予定通り浅草に到着。
事前に予約しておいた観光センターの多目的ホールで急いで昼食。





しかし、予約しておいてよかった!
ここまで気温が低いのは予想外ですが、万が一雨天の場合を想定して予約してました。

それでも、各班15分ほどで食べ終わり、早々に散策に向かいました。





中2男子、歴史的建造物よりも食への関心が強いようです。
社会の先生にはこのようなプリントも作っていただき、事前学習をして臨んでいるのですが・・・





浅草で何をしたかと聞くと、食べた話かお土産の話ばかり。
中にはもう既にお土産を袋一杯に買った強者も。

さて、浅草散策を終え、バスで妙高へ向かいます。

約4時間の行程。
途中で各班分担のバスレク(レクリエーション)をします。





1つはなぞなぞ大会。
もう1つはサビ曲当てクイズ。
商品があったり、青汁を飲むバツゲームがあったりで工夫を凝らしてます。
思った以上に盛り上がってました。

窓の外の風景に目をやることをなく、盛り上がってます。



中学校修学旅行 1日目 ①

朝7時50分、
無事に集合完了。


修学旅行のスタートにはいきなりの関所が2つ。
そう、
預ける荷物の検査と保安検査。

ここで入れてはいけないものを入れてたり、ピーピー鳴ったりして手間を取るのですが、今回は『ほぼ』つつがなく通ることができました。

カイロや蒸気が出るアイマスクなどもピーピー鳴るので注意が必要です。
(はい、経験済みです。前に、生徒に散々注意を与えて通した後、私が通ったらビーッビーッビーッと、普段聞かない、警戒度の高そうな警告音が・・・警告音、何段階かあるんですかね?
リラックスのためのアイマスクのはずが、逆に緊張をもたらしました・・・)




出発式を終え、保護者の皆さまと旅行者のご担当様に見送られて保安検査場へ。

保安検査場を抜けると、もう搭乗の時間。

スムーズに搭乗できるよう、2列に整列。
座席がA~Eが向かって右側に、
F~Kが向かって左側に、数字の大きい者順に並びます。
こうすると機内での渋滞を緩和することができますよね。
生徒たちは意図・意味を分かって並んだのかなぁ?


本日の機材はこれ。777-200

飛行機に初めて搭乗する生徒はあまりいないのでしょうか。
離陸の際もそれほど大きな歓声が上がることがなかったです。



ワーワーと騒ぐこともなく、他のお客様の迷惑になることもなかったのでGOOD!





でも、日本一の富士山には興奮。




予定通り羽田に到着。
東京は快晴!
いい浅草研修になりそうです。

ただ、新潟は吹雪いているようなので、時間通り着けるかどうか。
無駄を省いた動きが必要ですね。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »