« 高2修学旅行2日目② | トップページ | 高2修学旅行3日目② »

2016年1月29日 (金)

高2修学旅行3日目

今日は生徒たちは各班ごとに自主研修の日。

「北海道の風景」や
「北海道の名所」、
「札幌の歴史的建造物」、
「北海道の食」、
「札幌の食」、
「小樽の食」(食ばかりですねー)

というようなテーマを決め、事前に調査したことを実地調査。
かっこよく言いましたが、要は
『食べまくってくる』
ということでしょうか?

長崎に帰った後、お互いに報告会をする予定です。


我々教員は何か不測の事態に備えて二手に別れて待機です。
ということで、私は小樽にやってきました。



小樽に着く直前、JRが海岸沿いを通りました。なんか、長崎に向かうJRとなんとなく雰囲気似てます。


違うのは、雪の量と、この遠い先はロシアだということ。
改めて違う土地に来たんだと認識します。





しかし、寒い!
ただいまの気温マイナス5℃です。
当然雪も溶けていません。





さて、特にすることもないので街並みをプラプラ。
生徒には
「キチッと事前学習しろっ!」
と言ってきましたが、私はこの班別研修の日の自分のプランは全く予習してきませんでした。
あてもなくプラプラ

・・・やっぱり寒いっ!

もはや車の多く通る道も、観光客で溢れる歩道も雪が溶けないままです。





しかし、雪道歩くことにも慣れてきた今日この頃。(これは長崎でたっぷり予習しましたから・・・)
雪国に来るの分かりながら、底がツルツルの革靴で来ました。

生徒にはツルツルやから、革靴ではなくてスニーカーでもいいぞと言ってあったのですが、やはり、大人たる者身だしなみにはねー。大人ですからねー・・・。

でも、おかげさまでサクサク歩けるようになりました。

念の為と持ってきた靴に付けるスリップ防止グッズ、かさばってかさばって邪魔でしょうがない!

とか考えながら歩いていたらツルッといきました。
ヘタなこと考えないことです。


倉庫群に来ました。
番号がふってあるので、1番はなんだろうと思ってきてみたら、


なんと、

小樽ビール!

NO〜〜っ!
どこまでいじわるをするのだーぁ!


気を取り直して歩き出しました。

ものすごい違和感を感じ、思案すると、実は、周り中国人ばかりではないですか!

えっ?小樽に来たはずですが?

8割が中国人と言っても大げさではないかもしれません。
少しコーヒーブレイクと思って六花亭本店に入りました。



混雑する店内、もはや日本人は私だけではないだろうかというくらい中国人に囲まれてます。
ここはシュークリームなどを購入するとコーヒーがサービスされるそうです。
お会計をするとき、
「ニヒャクジュウエンです」
と指で2と1を作りながら金額を提示されました。
かなりハッキリと
「ありがとうございます」
と答えたのですが、(関西弁で訛ってたかもしれませんが・・・)
そのあとも
「コーヒー、イー、イー」
と、指で1を作りながら指示されました。
「コーヒーは1人一杯ということですよね」
とにこやかに返すとキョトンとされました・・・。
私の方がキョトンとしたいです!
違う意味で違う土地に来た感覚に襲われてます。



生徒たちから何一つ連絡がないので、問題なく順調のようですね。
この後、もうしばらく小樽で待機して札幌に戻ります。

« 高2修学旅行2日目② | トップページ | 高2修学旅行3日目② »