2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

教頭ブログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

中学ソフトテニステニス部 中総体新人戦

9月26日(土) かきどまりで長崎市中総体新人戦ソフトテニス競技(3ペアによる団体戦)が行なわれました。

本校ソフトテニス部は、長崎南山中を2-1で破りベスト8入りを果たし、続く準々決勝で第2シードの東長崎中に1-2で敗れました。しかしながら、東長崎中戦では中盤まで精道三川台の方が優位に試合をすすめていて、接戦による敗退でした。

Dsc06359


Dsc06348


Dsc06333


Dsc06341

部員たちは「やればできる!」という自信を持ったようです。

今後のソフトテニステニス部のがんばりに期待しましょう。

高校ソフトテニス部 高総体新人戦 第1シード獲得!

1442800370306

9月19日(土) 高校ソフトテニス部が高総体地区新人戦(個人戦長崎地区予選)に臨みました。

ベスト32は高総体新人戦個人戦の出場権が獲得でき、上位3ペアの合計ポイント(8月の県大会を含む合計)で県高総体新人戦団体のシードが決まる大事な大会です。

開会式では本校の代表が見事な


選手宣誓。

試合の結果は、牧島・原田ペア 準優勝、永橋・田中ペア ベスト8、藤山・松本ペアがベスト16。主力3ペアが県高総体新人戦個人戦の出場権を獲得しました。

また、今大会の結果で県高総体新人戦の団体・個人戦ともに本校の第1シードが確定。

10月24日(土)から行なわれる高総体新人戦では、団体・個人ともに上位進出が期待できます。

がんばれ高校ソフトテニス部!!

体育祭!!

9月13日(日) 第34回 体育祭が開催されました!

天気にも恵まれ、見ごたえのある体育祭となりました!!

今年のテーマは「勝(ショウ)time 」 

 ・・・勝ったのは・・・

競技の部・応援の部ともに赤組の優勝で幕を閉じました。

開会式

Dscf4292_2

実行委員長・副委員長による挨拶。

Dscf4302

選手宣誓!

競技がはじまりました!

Dscf4440


Dscf5007

Dscf4396

組体操(中学生)

Img_6722

騎馬戦(中学生)

Dscf4561
俵(たわら)かつぎ!!先生も参加しました。

先生も走りました!

Dscf4542

Dscf4405

レディース玉入れ。お母さんたちもわが子のためにがんばりました。

Img_6826


綱引き。お父さんたちも力強い姿を見せてくれました!

各チームのテントでは熱のこもった応援が行なわれました。

Dscf4466


Dscf4318


Dscf4319

Dscf4398

卒業生が販売テントのお手伝いをしてくれました。今年もたくさんの卒業生が体育祭に足を運んでくれました。

最終プログラムの代表リレー。赤組は逆転優勝の最後のチャンス・・・

アンカー勝負!

Dscf5035

Dscf4459


Dscf5041

赤組1位でゴール!!!

Dscf5078

閉会式。全員、力を出し尽くしました。すばらしい体育祭でした!

テント等の片付け終了後、中学生・高校生は恒例の解団式・任命式が行なわれました。

Dscf5154

来年度の体育祭実行委員任命。

団長たちの挨拶

Dscf5167

Dscf5173

来年度の団長と副団長発表!
Dscf5162

体育祭、本当にお疲れ様でした。

来年の体育祭が楽しみです♪



まもなく体育祭!!

本日、体育祭の予行練習が実施されました。

競技・応援・それぞれの係・役割など、本番を想定した総練習となりました。

Dsc_1966

Dsc_2004


Dsc_2001

Dsc_1996


Dsc_2014


Dsc_2011


体育祭まであとわずか。

朝の始業前の時間や休み時間も使いながら、各チームの応援(合戦)の練習も力が入っていました。

Dsc_1988


Dsc_1972

Dsc_1989




Dsc_1993

本番が楽しみです!!

精道三川台 体育祭 (本校グラウンドにて)

9月13日(日)     ※雨天順延予備日 14日(月)

開会式  9:00~ ※開門7:30

午後の部12:30~(予定)

終了   14:20  (予定)

罪を受け入れ、社会を明るく!

9月7日(月)

本日の中2の宗教の時間では長崎地区保護司会の副会長を務める末吉さんをお招きし、お話をしていただきました。
Cimg3942

「保護司」とは、罪を犯した青少年の更生保護を行うボランティアです。

はじめて聞くことも多く、生徒たちは耳を傾けていました。


授業の中では交通事故で祖父を亡くした中学生の女の子が書いた作文を読みました。

命日に必ず家を訪ねて何年も謝り続けた加害者。
その加害者を「一生恨んでやる」と思っていた母親。
「私が許さなくても、あなたは罪を償ったのだから」と加害者へ言う祖母。
その話を母親から聞いた女の子。

生徒たちはそれぞれの様々な思いを作文から感じたようです。


その後、グループで感じたことをシェアして発表を行いました。

Cimg3946




最後に末吉さんは、ある言葉を生徒たちに伝えてくださいました。

Cimg3955

「過ちを犯し、罪と認め後悔している人を受け入れる人になろう!!」


キリスト教には「ゆるしの秘跡」というものがあります。

本日の話は生徒たちの心にもきっと届いたことでしょう。

カイル先生(ALT)初授業

新しいALT、カイル先生(アメリカ人)の始めての授業がありました。

生徒と一緒に給食も食べ、カイル先生へ積極的にコミュニケーションをとっている生徒もいました。

これからの授業が楽しみです。

みなさん、カイル先生をどうぞよろしくお願いします。

Dsc_1958


Dsc_1948

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »