2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

教頭ブログ


  • 教頭が思ったことを気の向くままに綴っています。

« うどんを打つ!そして食す! | トップページ | 放課後の学習会 »

高齢者疑似体験講座 (高校1年生)

 本日午後、高校1年生が家庭科の授業の一環で高齢者疑似体験講座を受けました。

講師の方から高齢者の特徴・接し方を教わり、高齢者疑似体験用の装具をつけ、高齢者の体や聴力・視力に近い状態にして各種プログラムを体験しました。

Dsc_1896

装具の付け方を説明していただき、さっそく

介助役のパートナーと協力しながら装具を装着。
Dsc_1892


Dsc_1901_2

Dsc_1912

手首・足首・ベストにはおもりをつけ、関節にはサポーター、そして手には手袋。

白内障を体験できるメガネと耳栓もつけました。最後に杖を持って…

装着完成。 重い・動きづらい、見えづらい、聞こえづらい状態になりました。

Dsc_1915
電話体験コーナー。指定されたページを開くのに手間がかかり、その上文字が読みづらい・・・
Dsc_1927

シャツを着るコーナー。ボタンがなかなかとめられない・・・
Dsc_1981

高齢者役の生徒が困ったときは、介助役の生徒がサポートしていました。
Dsc_1962
新聞コーナー。文字が読みづらい・・・・
Dsc_1954


食事体験コーナー。お箸の操作が普段よりも大変でした。

Dsc_1984

階段も体験しました。体が重いし、ひざ・足首の関節が曲がらない・・・
Dsc_1958


Dsc_1956

生徒たちが一番苦労していたのは「おはじきコーナー」。

「同じ色のおはじきに分けなさい」という課題でしたが・・・

Dsc_1942
Dsc_1933

色が見分けにくく、みんな大苦戦。

この白内障体験メガネをかけると、普通であればこんな風にみえる

おはじきも・・・

Dsc_1991

こうなります。
Dsc_1992



2時間の授業で全員が高齢者と介助者を体験・経験しました。

生徒たちは、高齢者への理解を深め、高齢者への接し方・支援の仕方をしっかりと学ぶことができたようです。

« うどんを打つ!そして食す! | トップページ | 放課後の学習会 »

2 高等学校」カテゴリの記事