2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

教頭ブログ


  • 教頭が思ったことを気の向くままに綴っています。

« Morning English DVD(中2) | トップページ | 真実とは・・・(中高朝礼) »

「灰の式」がありました。(中学生)

『灰の式』とは・・・

教会で、回心のしるしとして、司祭(神父様)が

参列者の頭か額に灰をかける式です。

中学生は全員、

額にごく少量の灰つけていただきました。

Hainoshiki3  Hainoshiki4

Hainoshiki5  Hainoshiki7

-------------------------------------------------------------

灰の水曜日(Ash Wednesday)は、四旬節の始まる日です。

四旬節とは『「40日」の期間』という意味で

イエス・キリストが荒野で「40日間断食」をしたことに由来しており

それにならいこの習慣が生まれました。

このことから

イエス・キリストの復活を祝う『復活祭』前の準備期間は四旬節と呼ばれ、

古くから復活祭に洗礼を受ける志願者の直前の準備をする期間である

と考えられており

すでに洗礼を受けた信者も

この期間を通して節制と回心につとめ

自分の生活を振り返ります。

-------------------------------------------------------------

聖書で『灰・塵』は「悲しみや悔い改めの印」として用いられており

謙遜、謙虚な気持ちに立ち返らせるものとして使われます。

断食についても

現在では完全に食事を断つというよりも

十分な食事をひかえること

と考えられています。

-------------------------------------------------------------

生徒達は神父様から

現在の飽食の時代だからこそ

食のありがたさを考えたり

これまでの自分の行いを振り返ったりする機会としてほしい。

というお話をしていただきました。

3学期また平成24年度もあと1ヵ月半となりました。

ぜひ、残りの日々をしっかりと過ごしてほしいと思います。

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

End SEIDO BOYS 2013.02.14

« Morning English DVD(中2) | トップページ | 真実とは・・・(中高朝礼) »

1 中学校」カテゴリの記事