2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

教頭ブログ


  • 教頭が思ったことを気の向くままに綴っています。

« 小学校校長式辞 | トップページ | 小1 交通教室 »

中学・高等学校校長式辞

Sany0085_2

 若葉萌え、若い命が成長、躍動する春がめぐってまいりました。この春の佳き日に、かくも盛大に精道三川台中学校、精道三川台高等学校 平成二十二年度入学式を挙行できますことは、本校関係者一同大きな喜びでございます。

精道三川台中学校二十七期生の皆さん、精道三川台高等学校二期生の皆さん、入学おめでとう。在校生、教職員一同、皆さんを心から歓迎いたします。保護者の皆様、高い所からではごさいますが、ご子息のご入学を心よりお祝い申し上げます。おめでとうございます。

さて、本校は昭和五十六年に小学校を開校、三年後の昭和五十九年に中学を開校しました。そして、昨年、念願の精道三川台高等学校が開校し、県内唯一、全国でも稀有な小中高一貫男子校へと発展してまいりました。この精道学園と世界五大陸にまたがる千校以上の姉妹校はひとつの共通した分母を持つ大きな家族です。共通の分母とは、聖ホセマリアの教えです。

その教えは、本校の校訓の一つ、「POSSUMUS」に、表れています。「POSSUMUS」これはラテン語です。日本語では、「私たちはできます」という意味です。この言葉は、聖書の中のマテオによる福音書に出てきます。『イエス・キリストは、若い二人の弟子に問われます。「あなたたちは私が飲もうとする杯が飲めるか」二人は、即座に大きな声で答えます。「POSSUMUS」「私たちはできます」と。』

イエス・キリストの言う、『私が飲もうとする杯』とは、その後やってくる大きな苦難のことでした。二人の若者は、その苦難がどれほど苦しいことなのか、よくわかっていませんでしたが、即座に大きな声で「できます」と応えました。そして、その後、見事にその苦難を乗り越えることができたのです。どうしてでしょう。師であるイエスキリストへの厚い信頼、さらには、仲間に対する深い友情があったからだと聖ホセマリアは説明しています。一人ではできないが、信頼と友情があれば、できる。だから「POSSUMUS」『私たちは、できます』なのです。  

精道三川台中学高等学校では、この校訓を言葉だけではなく、実践できる人になれるよう、時には諸君に困難な課題を課すこともあるでしょう。それは、諸君が、開花させなければならない高い能力を持っているからであり、果たさなければならない使命があるからです。

成功した人とは失敗しない人ではなく、成功するまで挑戦し続けた人のことです。聖人とは、倒れない人ではなく倒れても起き上がる人のことです。失敗がどうしたというのでしょう。もう一度やってみましょう。ただし、賢く、失敗から学んだことをよく吟味して、相談すべき人に相談し、仲間の助けが必要ならば、謙虚に助けを求め、もう一度挑戦しましょう。何度でも POSSUMUSの精神を持って。 

保護者の皆様、本校の教職員は、並々ならぬ使命感と情熱を傾けて、一人ひとりの生徒を大人へと成長させ、進路希望を実現させることに全力を投入いたします。どうか皆様方におかれましても、本校教職員との緊密な連携を図っていただくとともに、力強いご支援、ご協力をいただけますようお願い申し上げます。

そして、私たち教職員も、ご子息の成長を支えながら、ご家庭とともに、成長していく所存です。

それでは、ご子息のこれからの健やかな成長を祈念しつつ、式辞とさせていただきます。

平成二十二年四月八日 
精道三川台中学校  
精道三川台高等学校 
校長 廣田悠二

« 小学校校長式辞 | トップページ | 小1 交通教室 »

7 お知らせ」カテゴリの記事

6 学校便り」カテゴリの記事