2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

教頭ブログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

修了式

032402

今日は修了式でした。ついこの間までいた小5の隣にいた小6、中2の隣にいた中3がいないということ、4月にはそのいないところに自分たちが繰り上がることの責任の重大さを校長先生がお話をされました。

032403

その後、先日行われた「諫早・雲仙カップ中学校バスケットボール大会」での表彰と「全国児童才能開発コンテスト図画部門」での受賞・の表彰が行われました。それから、川上先生から春休みの生活について、以下のようなことの話がありました。

  1. 小学生は17時、中学生は19時までに帰りましょう。
  2. 通学マナーを守りましょう。公共機関を利用するときも同じです。
  3. 英雄的瞬間を生むような生活をしましょう。

次に、生徒会副会長からの1年間を振り返り、4月からの心構えについての話がありました。

032404

「この春休み中に、自分の1年間を振り返り、よい点はより磨き上げ、反省すべき点は改善をし、新しく迎える後輩たちのよいお手本になるように心がけて欲しい。短い休みですが、目標をもって過ごしてください。」

空も透き通るような蒼色、桜も満開の校庭という春にふさわしい日和の中、無事修了式が終わりました。

精道三川台高等学校開校記念!

031801 031802

本校に4月から開校する高等学校の記念行事として、早稲田大学ラグビー部蹴球部監督の中竹竜二氏をお招きしての記念講演会が開催されました。

演題は

「自分らしさの発揮」

~やる抜くことの大切さとそこから得られる自信~

今、みんながこだわるべきことは、

  1. 成功の数>挑戦の数
  2. 成功より成長
  3. 自分らしさを磨く

ということでした。そして、迷ったときは

  1. 自分のスタイルを思い出す
  2. 過去のものについて正しいか正しくないかの判断
  3. 強いか弱いかの決断

ということを考えて欲しいということでした。

また、中竹氏がキャプテンをやっていた頃、心がけていたことは

謙虚と感謝とモラル

だったそうです。これでチームが劇的に変わったということでした。

生徒たちは、真剣に耳を傾け、ノートにメモを取り、これからの自分たちに生かすことは何か!ということを学んだ講演会だったようです。

卒業式後の・・・

Syaonkai01 Syaonkai02

今年の「謝恩会」は 卒業パーティー という雰囲気ではじまりました。

23期生のお母様が卒業式が近づくにしたがって

コツコツの準備してくださいました。

毎年のことながら、お母様方の準備のすばらしさに感動させて頂いております。

校長先生の卒業生への期待を込めた挨拶の後、卒業生バンドの演奏、歌、そして、教員バンドのステージ、卒業生全員の歌のあと、卒業生から両親への感謝の言葉などをスライドショーで発表し幕を閉じました。

4月からは、それぞれの道へ進む仲間との最後の楽しいひとときでした。

卒業おめでとう!

本校では、小中合同で卒業式が行われました。school厳かな雰囲気に在校生は少々緊張していましたが、卒業生に“感謝の気持ちを伝えよう”と、一所懸命に大きな声で歌をうたったり、きちんとした姿勢で過ごしたりしました。特に最後の学園歌は、とても元気のよい声が体育館に鳴り響きました。卒業生は、無事に卒業できたことを神様に感謝すると共に、精道三川台の校訓である“自由と責任”“英雄的瞬間”“ポスムス”を忘れずに新しい生活に向けて頑張って欲しいと思います。0317_006 0317_011 0317_094

予餞会!

いよいよ23期生の卒業式が来週となりましたhappy02今日の五・六校時に体育館で予餞会が開かれました!

花のアーチcherryblossomで三年生を迎えます。
Cimg7854





プログラムは一年生の「精道三川台クイズ大会」から始まりました。

Cimg7880 Cimg7873






二年一組が激しいダンスで会場を盛り上げます。

Cimg7894 Cimg7891






二年二組は世界情勢を考えさせる知的な劇を準備しました。

Cimg7930 Cimg7918






三年一組は合唱と一人一人のメッセージのサプライズ上映で会場に感動の嵐cryingを巻き起こし。

Cimg7947 Cimg7953






三年二組は楽しいポップスのメドレーと怪しいダンスの組み合わせで会場を爆笑の渦typhoonに巻き込み…と思いきや、最後はやっぱり感動のメッセージできっちり締めて見せました。

Cimg7990 Cimg8028






有志も続々登場し、盛り上がった二時間でした。

Cimg8032 Cimg8038 Cimg8049







Cimg8057 Cimg8080






準備に運営にと走り回った生徒会の皆さんお疲れ様でした。
来週はいよいよ卒業式です!

Cimg8072

障害者・高齢者理解教室(中学校)

今週の木曜日、三月五日の五限目に山口知富美さんを講師にお招きして「障害者・高齢者理解教室」を開催しました。対象は中学一・三年生です。

Cimg7602 Cimg7603






たいへん興味深いお話をうかがうことのできた一時間でした。

中学2年生 修学旅行報告 その9

修学旅行 5日目snow

とうとう最終日となりましたsign03

粉雪が舞う中、帰路についております。

50915 (9時ごろ)

途中からの風景です。浅間山ですね~coldsweats02

51046 (10時46分)

送別集会(小学校)

もうすぐ卒業式。今日、6年生を送る会が行われました。感謝の気持ちを込めながら、各クラスが出し物を披露し、共に楽しいひと時を過ごしました。happy01また、6年生には手作りのメダルが贈られて喜んでいました。これまで本当にありがとう!0306_017 0306_041 0306_050

中学2年生 修学旅行報告 その8

修学旅行 4日目cloudsnow

今日はすごい風ですtyphoon

一応全員滑れるようになりましたhappy02

41134_2 4113400

中学2年生 修学旅行報告 その7

修学旅行 3日目 午後の活動sign03

午後からも、スキーを楽しんでま~すhappy02

31245 31246

中学2年生 修学旅行報告 その6

修学旅行 3日目sunsnow

妙高の朝sun (6時27分)

3日目の朝となりましたhappy02

とても美しいfuji朝日があがっております。

301

午前中の活動snowboard (9時15分)

とってもいい天気ですsun空は蒼く、

バックの山々がとても美しいですhappy01

302

(9時41分)

30941

(10時6分)

31006

(10時30分頃)

31030 31038

中学2年生 修学旅行報告 その5

修学旅行2日目の午後snowboard

午後からクロスカントをやってますski

格好はなかなか様になっているようです。

208 209

中学2年生 修学旅行報告 その4

修学旅行2日snow

6:30起床 gawk   7:30朝食delicious

そして、現在チュービングsign03 みんなとっても楽しんでいますhappy02

01 02 03

snow雪合戦sign03snow

04_2 05_206_2 

snow雪は2メートルほど積もっていますhappy02

207

中学2年生 修学旅行報告 その3

入所後、くつろぎの時間のようすです。バックは降り積もった宿舎の外の様子です。

090303_174101

清掃活動(小学校)

登下校時に利用しているバスやバス停などの掃除を通して、公共心や感謝の心を養おうと、小1から小6までの全員で縦割り活動を行いました。1、2年生は、バスの運転手さんにお礼の手紙を書き、3年生以上は校舎近辺の清掃を行いました。三原団地バス停周辺のゴミ拾いや壁掃除、スクールバス内の清掃など下校経路ごとのグループに分かれて一所懸命に取り組みました。頑張ってくれたみんな、ありがとう!Imgp0385 Imgp0386

中学2年生 修学旅行報告 その2

東京からバスに乗って、信州妙高高原の「国立妙高青少年自然の家」に到着予定時間より早めに到着しました。

090303_162901 

中学2年生 修学旅行報告 その1

本日から4泊5日の日程で新潟県の「信州妙高高原」へ修学旅行に向かった中学2年生一同が、9:00に大村空港を出発し、現在、東京タワーに着いたようです。

090303_112601 090303_115101             

小6卒業論文発表会(小学校)

約1年間がかりで取り組んできた卒業論文が完成し、その発表会が行われました。「長崎くんち」「植物標本」「トランプマジック」「ロボット」など、それぞれが興味関心のあるテーマについて、担当の先生と2人3脚で取り組んできました。その調査結果を100名近くの保護者や下級生の前で発表しました。体験活動がベースとなっているので、そこから生まれるデータや疑問には聴いている側も納得させられます。とても素晴らしい発表会となりました。 最後には校長先生から“豆博士号”の認定を全員受けました。Sany0003
Sany0010

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »