2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

教頭ブログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

研修合宿 08'(中学校)

諫早青少年自然の家での研修合宿がありました。

P1020905

今年のテーマは「頭を遣う,気を遣う」です。

班長を中心とした縦割りの班の中で,

班を動かすために自分はどうすべきかに頭を遣い

仲間・関係者・自然に対して気を遣い

先輩・後輩と助け合いながら,すべてのことに一生懸命取り組むことを目標としました。

簡単なようで,難しいこのテーマ。

叱咤激励されながら,気を張ってがんばったようで,2日目の朝は

起床できない者が続出しました。

これも経験です。

さあ,2泊3日で学んだことを,これからの生活につなげましょう。

長崎市小学校体育大会

今年度は陸上と長縄跳びに出場しました。市内の6年生が一同に集まり、それぞれの種目で力を競い合うこの大会は、非常に良い経験となります。6年生は、高鳴る鼓動を必死に押さえながら練習の成果を最大限に発揮して見事な成績を残しました。これは個々のがんばりとクラス全員のチームワークの賜物でした。みんな、おめでとう!

○結果○

男子走り高跳び  :第1位

男子50mハードル:第2位

男子400mリレー:第3位

Syotaikai_2

熱くて美味しい蒲鉾(小3社会科見学)

Kamaboko小学校3年生がまるなか蒲鉾三重工場を見学しました。数種類の機械を用いて、速く正確につくりだされる一連の流れ作業に全員の目が釘付けになりました。作りたての蒲鉾は、とても熱く、またクルクルと回転しながら焼かれていく竹輪に子供達は驚きの声を上げていました。工場で働く人々の工夫や思いを直に知ることができて貴重な体験となりました。

小6 地層観察実習

貫けるような青い空と涼しい秋風に中、伊王島の海岸で地層観察実習が行われました。大きく傾き、うねった状態で横たわる沖ノ島層の互層は、長年の波の侵食により、鬼の洗濯板のようなケスタ状になった海岸です。硬い泥岩の上を歩き回ると、次から次に生物の化石が4000万年の時を越えて地層から現れました。大小様々な大きさのダイオウフミガイ、巻貝、くっきりと年輪を残している珪化木、大昔の海を漂う流木に住み着いた無数のフナクイムシ、ツノガイ、キリガイ、シジミなどの化石が、26期生の手によって姿を現しました。帰りの船を待つ桟橋で、一日の収穫を確かめながら、もう一度ここに来たいねと言い合いながら、長崎行きの汽船に乗り込みました。Chisokansatsu

野外教室(小4・5)

小学4・5年生は諫早少年自然の家で野外教室を行いました。モットーは自立、規律、協力、責任。ウォークラリー、ナイトハイク、野外炊飯など活動はすべて4・5年生の縦割り編成の班で行います。昼間は地図を片手に険しい坂も歩きました。夜間は懐中電灯を手に、時折出没する珍獣(?)に悲鳴をあげながら歩きました。野外料理ではカレー作りに挑戦!美味しい味に舌鼓をうちました。Yagai02_3Yagai01_2Yagai04

親子球技大会(小1~3)

今年も1,2,3年生のたくさんの保護者の方々にご参加いただき、親子で楽しく汗を流すことができました。この行事は、スポーツを通して、親子の交流、そして、保護者間の交流を深めてもらおうと毎年開催しているものです。どの試合も、熱戦が繰り広げられ、ナイスプレーの連続にギャラリーからも惜しみない拍手が送られました。また親子対決も行いました。真剣な顔付きの子どもと笑顔いっぱいの大人とのコントラストが、微笑ましい情景として輝いていました。Oyakokyugi001Oyakokyugi02_2

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »